ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

消費税増税に関する重要なお知らせ

ショップからの発送が10/1以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。 詳細はこちら


IMG

商品番号:PMR-81

ゲンツマー(1909-2007)
トラウトニウムの音楽 [ピヒラー]

GENZMER, H.: Trautonium Music (Pichler)

CD

発売日:2017年03月24日 NMLアルバム番号:PMR0081

Paladino Music

1929年にベルリンで発明された電子楽器「トラウトニウム」。フリードリヒ・トラウトヴァインによって開発されたシンセサイザーの祖先とも言える楽器で、フィルターを調節するつまみと音を出す部分で構成されており、微妙な音程が出せる楽器です。ヒッチコックがこの音色を気に入り、映画「鳥」における効果音(鳥の鳴き声も含む)全てを、この楽器に担わせたことで知られています。

この時に楽器を操作したオスカー・サラが2002年に死去したため、演奏できる人がいなくなってしまったのですが、ドイツの音楽家ピヒラーがこの楽器に注目、衝撃的な音色が蘇りました。



ハラルド・ゲンツマー:トラウトニウムの音楽


2017年3月24日発売
ハラルド・ゲンツマー:トラウトニウムの音楽

商品番号:  PMR-81
価格
390円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
入荷予定なし
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

1-5.トラウトニウム協奏曲 第2番 GeWV168(1952)
  1. 第1楽章:Moderato
  2. 第2楽章:Scherzo: Allegro
  3. 第3楽章:Scherzo: Andante
  4. 第4楽章:Largo
  5. 第5楽章:Finale: Moderato
6-9.電子楽器のための舞踏組曲 GeWV435(1958/1959)
  1. 第1楽章:クーラント
  2. 第2楽章:ヴァリアンテ
  3. 第3楽章:サラバンド
  4. 第4楽章:オスティナート・アチェルランド
10-12.トラウトニウム・ソナタ GeWV433(1949)
  1. 第1楽章:ブルレスケ
  2. 第2楽章:ラルゴ
  3. 第3楽章:スケルツォ
13-16.トラウトニウム・ソナタ GeWV432(1949)
  1. 第1楽章:Adagio
  2. 第2楽章:Allegro molto
  3. 第3楽章:Tranquillo
  4. 第4楽章:Vivace
17.バス・ソロ へ長調(ピヒラー編)(1938)
18.カプリッチョ・トラウトニコ(ピヒラー編)(1935)

アーティスト(演奏・出演)

ペーター・ピヒラー(ミクスチュア・トラウトニウム)
マンフレート・マンハルト(ピアノ)
ヤン・カーレルト(フォルクストラウトニウム)
チュヒンゲ・クレン(ヴォルクストラウトニウム)

【オーケストラのメンバー】
ミリアム・ブリュールマン(ヴァイオリン)
シャルロッテ・ゼスラー(ヴィオラ)
ヘルムート・フィーヘルマン(チェロ)
シュテファン・バウアー(コントラバス)
チュヒンゲ・クレン(コントラバス)
マルクス・バウアー(テノール・ホルン)
ペーター・ピヒラー(トランペット&テューバ)
ヤン・カーレルト(パーカッション)
マンフレート・マンハルト(指揮)

レコーディング

日時不明
Konzertsaal KMS Erding, Bavaria, Germany