ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:ORC100069

LACHRYMAE REVISITED [デュオ・ヴァン・ヴリート]

Viola and Accordion Recital: Duo van Vliet - DOWLAND, J. / BRITTEN, B. / BOYLE, R. / HIGGINS, G. / HOSOKAWA, Toshia (Lachrymae Revisited)

CD

発売日:2017年07月28日 NMLアルバム番号:ORC100069

Orchid Classics

ポーランドのアコーディオン奏者ラハウ・ウーク。10歳からコンサートに出演し、15歳で協奏曲デビュー(ブロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団)、以降各地で多くのリサイタルを行っています。ヴィオラのアンダーソンはグラスゴー出身。作曲家としても才能を示し、数多くの賞を獲得している期待の奏者。この2人によるアンサンブル「デュオ・ファン・ヴリート」は現代作曲家たちにも積極的に新作を委嘱。ヴィオラとアコーディオンという希少な響きを広めるために結成されました。アンサンブルの名前はアメリカの偉大なミュージシャン、キャプテン・ビーフハートの本名“ドン・ヴァン・ヴリート”から取られています。



LACHRYMAEREVISITED


2017年7月28日発売
LACHRYMAE REVISITED

商品番号:  ORC100069
当店通常価格2,080円 (税込)
価格
2,080円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
※楽天カードで決済する場合は、楽天スーパーポイントで5%分還元されます。他社カードで決済する場合は、還元の有無を各カード会社にお問い合わせください。
在庫有り、3営業日以内に発送します。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

1.ダウランド(1563-1626):もしも私の受けた苦しみが、情熱を動かすなら(1597)
2.ブリテン(1913-1976):ラクリメ - ダウランド歌曲の投影 Op.48a(1948)
3.アダム・ポレンブスキ(1990-):リヴァース2(2013)
4.ロリー・ボイル(1951-):そんな甘い悲しみ(2009)
5.ギャヴィン・ヒギンズ(1983-):カテドラル(2013)
6.細川俊夫(1955-):時の深みへ(1996)
7.ダウランド:流れよ、わが涙(1600)

アーティスト(演奏・出演)

デュオ・ファン・ヴリート

[メンバー]
  • イアン・アンダーソン(ヴィオラ)
  • ラファウ・ウーク(アコーディオン)




買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK