ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:NYNG-13

実験工房 [NHK「現代の音楽」アーカイブシリーズ]

Experimental Workshop - TAKEMITSU, Toru / SATO, Keijiro / YUASA, Joji / SUZUKI, Hiroyoshi / FUKUSHIMA, Kazuo (Takahiro Sonoda, Toshi Ichiyanagi)

HQCD ■現代音楽

発売日:2013年01月23日 NMLアルバム番号:NYNG-013

NAXOS

1950年代に花開いた先鋭的、先導的な芸術活動「実験工房」の音楽集

1951年から1957年までのおよそ6年間のみ存在した「実験工房」は、多彩な分野で活躍する最先端の芸術家たちが自発的に集結し、自らも前衛芸術を提唱した詩人、瀧口修造を後見人とした総合芸術グループです。彼らによって生み出された作品は、ダンス、演劇、バレエ、映画など多岐に渡りますが、とりわけ音楽の分野では、最先端の海外作品を紹介しながら、日本ならではの音楽を創り上げるなど活発な動きがありました。彼らによる作品群は当時の人々に大きな驚きをもたらしたことは間違いありません。

このアルバムには、中心的メンバーであったピアニスト園田高弘による1957年の演奏会の録音を中心に、独学で作曲を志しながらも「実験工房」に参加したことで独自の作風を確立した福島和夫の作品などを収録しています。この福島作品は、林リリ子と林光のデュオによる貴重な録音で、これまで聴くことのできた既存音源とは一線を画したものとして評価されることでしょう。

そして、アルバムの核となる、園田の演奏する武満徹、佐藤慶次郎、湯浅譲二、鈴木博義の音楽は、当時彼らが強く影響を受けたであろうオリヴィエ・メシアンの音楽を一瞬彷彿させながらも、新しいものを模索しようともがく「先導者」たちの姿を浮き彫りにします。



実験工房(HQCD)


NHK「現代の音楽」アーカイブシリーズ特別編
実験工房(HQCD)

商品番号:  NYNG-13
価格
1,980円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
お取り寄せ(1〜2か月かかる場合もあります)
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

武満徹(1930-1996)

1.ピアノのための「二つのレント」(1950)
2.ピアノのための「遮られない休息」瀧口修造の詩による(1952)
  • I.ゆっくりと悲しく、語りかけるように

佐藤慶次郎

3-5.ピアノのための「五つの短詩」(1953-55)
  1. I. レント
  2. II. アンダンティーノ
  3. III. メカニックに
6.ピアノのための「悼詩」(1955/56)

湯浅譲二(1929-)

7.ピアノのための「内触覚的宇宙」(1957)
13.ピアノのための「プロジェクション・エセムプラスティク」(1961)

鈴木博義

8.9.二つのピアノ曲(1952)
  1. I. レント・アッサイ
  2. II. オスティナート、アル・リゴレ・ディ・テンポ

福島和夫(1930-)

10-12.アルト・フルートとピアノのための「エカーグラ」(1957)
  1. I. レント・ルバート
  2. II. レント・ソステヌート
  3. III. モデラート

アーティスト(演奏・出演)

1-9

園田高弘(ピアノ)

10-12

林リリ子(フルート)
林光(ピアノ)

13

一柳慧(ピアノ)

レコーディング

1-9. 1957年7月9日
放送:1957年7月21日

10-12. 1959年6月12日
放送:1959年7月

13. 1980年6月3日
イイノホール「第3回 東京音楽芸術祭 日本の音楽家 5 一柳慧・高橋悠治デュオ・コンサート」
放送:1980年11月2日





買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK