ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(月)9:59まで このショップに投票する

IMG

商品番号:NYCX-20002

TAKE TWO - ヴァイオリニストとふたりで
〜ヴァイオリンとさまざまな音の二重奏、中世から現代まで〜
[パトリツィア・コパチンスカヤ、アリス・コパチンスカヤ、レート・ビエーリ、ロランス・ドレイファス、パブロ・マルケス、アントニー・ロマニュク、ホルヘ・サンチェス=チョン、マティアス・ヴュルシュ、 エルネスト・エストレリャ]

Violin Recital: Kopatchinskaja, Patricia - SANCHEZ-CHIONG, J. / SOTELO, M. / FALLA, M. de / CAGE, J. / BACH, J.S. / BIBER, H.I.F. von (Take Two)

CD国内仕様 日本語解説付

発売日:2018年12月19日 NMLアルバム番号:ALPHA211

Alpha

2019年1月から2月にかけ、ソロ・リサイタルをへてテオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナの初来日公演に協奏曲ソリストとしても登場するパトリツィア・コパチンスカヤ。両親はともに旧ソ連モルドヴァきっての民俗音楽奏者で、オイストラフとシェフチークに連なる中東欧の演奏伝統をひく教育を受けたあと、ファジル・サイやギドン・クレーメル、ハインツ・ホリガーといった大物たちと渡りあいながら、主に近現代作品での痛快にきわだった解釈で頭角をあらわしました。

その一方でフィリップ・ヘレヴェッヘとピリオド奏法でのベートーヴェン協奏曲を録音、バロック以前の音楽への思いがけない適性も披露。NAÏVEやECMでの録音も高い評価を受け、めざましい躍進が世界的に知れわたった2015年、満を持してAlphaレーベルに登場した最初のアルバムがこの「TAKE TWO 〜ヴァイオリニストとふたりで」。

娘アリスへのプレゼントとして、自身が共演してきたさまざまな楽器の敏腕奏者たちとの二重奏ばかりを集めた小品集で、ブックレットは多くの一流奏者たちのアーティスト写真で知られるマルコ・ボルググレーヴェが全面協力した書籍風の仕様。収録作品それぞれが「娘アリスへの説明」という体裁できわめて明快かつ的確に解説されており(国内仕様は日本語訳付)、中世写本からバロックをへて現代にいたる数々の作品や作曲家たちの世界へ向かう、未知分野への格好のイントロダクションにもなる1枚に仕上がっています。

しかも個々の作品はその分野をよく知る人にとっても新鮮な解釈で、たとえばチェンバロとトイピアノを併用したマルティヌーや通奏低音即興が添えられたバッハ「シャコンヌ」など、よく知っていたはずの世界がまったく斬新に塗り替えられてゆく驚きも……冒頭数十秒の超・前衛的なイニシエーションを越えた先には、驚くほどなじみやすくもエキサイティングな音の冒険が待ちかまえています。

Alphaレーベル新時代を代表する傑作盤、堂々の国内仕様カタログ復活です。



TAKETWOヴァイオリニストとふたりで[日本語解説付き]


2018年12月19日発売
TAKE TWO ヴァイオリニストとふたりで[日本語解説付き]

商品番号:  NYCX-20002
当店通常価格2,970円 (税込)
価格
2,970円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
在庫有り、3営業日以内に発送します。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

1.サンチェス=チョン:寝坊助たち 5 (2013)
〜ヴァイオリン、エレクトロニクス、およびターンテーブルのための
2.ジャンベルティ:かっこう(曲集『二筋の糸』より) (1657)
〜ヴァイオリンとオカリナによる
3.ホリガー:春のダンス(おちつかなげ) (2000/2011)
〜ヴァイオリンとダルブッカのための
4.ビーバー:描写的ソナタ (1669)
〜ヴァイオリンと通奏低音のための
5.レオ・ディック:バッタと蟻:荒唐無稽な導入曲 (2014)
〜ヴァイオリンとクラリネットのための
6.ウィンチェスター・トロープス集より アレルヤ (11世紀)
〜ヴァイオリンとディスカント・ガンバによる
7.サンチェス=チョン:寝坊助たち 4 (2013)
〜ヴァイオリン、エレクトロニクス、およびターンテーブルのための
8.ケージ:メロディNo.4 (1950)(『ヴァイオリンと鍵盤のための六つのメロディ』より)
〜ヴァイオリンとチェンバロによる
9.ミヨー:遊び(快活に) (1939)
(『ヴァイオリン、クラリネットとピアノのための組曲』Op.157bより)
〜ヴァイオリン、クラリネットのための楽章
10.ファリャ:ホタ (1914)
11.ファリャ:ナナ(子守唄) (1914)
12.ファリャ:ポロ (1914)パヴェウ・コハニスキ(1887-1934)編
『スペイン民謡組曲(七つのスペイン民謡)』より〜ヴァイオリンとギターによる
13.ソテロ:四つの光の断片 (2013)〜無伴奏ヴァイオリンと即興詩人のための
14.サンチェス=チョン:寝坊助たち 1 (2013)
15.サンチェス=チョン:寝坊助たち 2 (2013)
〜ヴァイオリン、エレクトロニクス、およびターンテーブルのための
16.ギボンズ:ファンタジア 第4番 (17世紀)〜ヴァイオリンとディスカント・ガンバによる
17.マショー:バラード4 (14世紀)〜ヴァイオリンとディスカント・ガンバによる
18.ヴィヴィエ:小品 (1975)〜ヴァイオリンとクラリネットのための
19.ホリガー:ちいさなしずくの音楽 〜2挺のヴァイオリンのための
20.ツィカン:声もある何か(2001)〜ヴァイオリンと声のための
21.マルティヌー:休符あり(アレグレット) (1931)(『リズム練習曲』より)
〜ヴァイオリンとチェンバロ、トイピアノによる
22.ホリガー:ちいさな何か(アリスのお話) (2014)〜ヴァイオリンと声のための
23.サンチェス=チョン:寝坊助たち3 (2013)
〜ヴァイオリン、エレクトロニクス、およびターンテーブルのための
24.バッハ:チャコーナ(シャコンヌ) (1720頃)
(『無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調』より)
〜ヴァイオリンとチェンバロによる

国内盤解説日本語訳、補筆 … 白沢達生
輸入盤:ALPHA211

《このアルバムに登場する作曲家たち》

レオ・ディック(1976-)
ホルヘ・サンチェス=チョン(1969-)
マウリシオ・ソテロ(1961-)
クロード・ヴィヴィエ(1948-1983)
ハインツ・ホリガー(1939-)
オットー・マトイス・ツィカン(1935-2006)
ジョン・ケージ(1912-1992)
ダリユス・ミヨー(1892-1974)
ボフスラフ・マルティヌー(1890-1959)
マヌエル・デ・ファリャ(1876-1946)
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)
ハインリヒ・イグナーツ・フランツ・フォン・ビーバー(1644-1704)
ジュゼッペ・ジャンベルティ(1600-1662)
オーランドー・ギボンズ(1583-1625)
ギヨーム・ド・マショー(1300頃-1377)
『ウィンチェスター・トロープス集』(11世紀)

アーティスト(演奏・出演)

パトリツィア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン、バロック・ヴァイオリン、声)
アリス・コパチンスカヤ(声、色塗り、台本、インスピレーション)
レート・ビエーリ(クラリネット、オカリナ、ヴァイオリン)
ロランス・ドレイファス(ディスカント・ガンバ)
パブロ・マルケス(ギター)
アントニー・ロマニュク(チェンバロ、トイピアノ)
ホルヘ・サンチェス=チョン(ターンテーブル、エレクトロニクス)
マティアス・ヴュルシュ(ダルブッカ)
エルネスト・エストレリャ(声)

レコーディング

2014年
シュトゥットガルト、トリトヌス録音スタジオ





買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK