ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:NC0002

Sixties Dialogue [井川明彦(トランペット)/栃本浩規(トランペット)/下田望(ピアノ)]

Trumpet Duo Recital: Tochimoto, Hiroki / Ikawa, Akihiko - BOZZA, E. / HINDEMITH, P. / HOROVITZ, J. / MORALES, E. / PERRY, W. (Sixties Dialogue)

CD国内盤

発売日:2023年10月20日 NMLアルバム番号:NC0002

N-crafts Sound

僕たちは、音楽だけで語り合える。

60歳からの、60歳だからこその、魂を込めたダイアローグ『音楽の対話』

60歳のオジサンが魂を込めて作ったCDです。指もうまくまわってないし、舌も追い付いていないかもしれない。音程もどうか ... 。でも、若い人たちには「お前らも60歳で吹けるかー ?!」って投げかけたいです。(栃本)

同世代には「60歳でCD出したぞ、あいつら」ってね。自分たちには同世代が沢山いて、いつも彼らからいい刺激をもらっていたから、今度はこちらからも刺激を送りたいです。

井川明彦

 

日本の音楽界で、トランペット奏者が何歳まで演奏が出来るのか?

私(東京藝術大学教授)と、井川明彦(国立音楽大学教授)という、同じ年齢で共に還暦を迎えた二人が、この年齢でどこまで出来るかという命題に挑戦するCDにしたいという思いで、セッション録音しました。

エリック・モラレス作曲の「2本のトランペットのための協奏曲」をメインに、ヨゼフ・ホロヴィッツ作曲の「コンチェルティーノ・クラシコ」、このCDのタイトルにもなっているウジェーネ・ボザ作曲「ダイアログ」。ソロ曲として、井川明彦はヒンデミット作曲「トランペットとピアノのためのソナタ」、栃本浩規はウィリアム・ペリー作曲「トランペットとオーケストラのための協奏曲」を演奏しています。

岐阜県高山市飛騨・世界生活文化センター内の芸術堂の素晴らしいホールトーンと現在の2人の音楽性、音色を後世に残したくセッションレコーディングを挙行致しました。

ピアノは、いつも東京藝術大学で演奏をお願いしている下田望さん。録音は、録音界で成長著しい長江和哉氏にお願いしました。

栃本浩規



2023年10月20日発売
Sixties Dialogue/井川明彦、栃本浩規、下田望
商品番号: NC0002
お気に入りに追加
お気に入りに追加

曲目・内容

1-3.E. ボザ(1905-1991):
2本のトランペットのための「DIALOGUE」
  1. I. Allegro maestoso
  2. II. Moderato
  3. III. Tempo di Marcia
4-6.W. ペリー(1930-):
トランペットとオーケストラのための協奏曲
  1. I. Jazz Promenade
  2. II. Ballad
  3. III. Carnival!
7-9.J.ホロヴィッツ(1926-2022):
コンチェルティーノ・クラシコ
  1. I. Con brio
  2. II. Larghetto
  3. III. Allegro rustico
10-12.P. ヒンデミット(1895-1963):
トランペットとピアノのためのソナタ Op.137@ol{I. Mit Kraft
  • II. Wie vorher
  • III. Trauermusik. Sehr Langsam
  • 13-15.E. モラレス(1966-):
    2本のトランペットのための協奏曲
    1. I. Boldly
    2. II. Rubato
    3. III. Allegro

    アーティスト(演奏・出演)

    井川明彦(トランペット) … 1-3、7-15
    栃本浩規(トランペット) … 1-9、13-15
    下田望(ピアノ) … 4-15
    大倉里美(パーカッション) … 4-6
    小林雅文(パーカッション) … 4-6
    小林奏人(パーカッション) … 4-6
    柳原正人(パーカッション) … 6

    栃本浩規(プロデューサー)
    長江和哉(レコーディング・エンジニア)

    栃本浩規(トランペット)
    岐阜県高山市出身。斐太高等学校卒業。名古屋芸術大学音楽学部卒業。トランペットを、(故)和久田照彦、津堅直弘 各氏に師事。卒業後、東京フィルハーモニー交響楽団に入団。1991年、NHK交響楽団に移籍。国際ロータリークラブのスカラシップを得て シュトゥットガルト演劇音楽大学に留学。H.ヴォルフ、H.ロイビン両氏に師事。1989年、2005年、I・T・G《国際トランペット会議》にゲストアーティストとして参加。2004年、2010年、リサイタルを開催。ソロCDを2枚リリース。2020年12月、N-craftsより【Brass Chronicle】をリリース。
    22年間勤めたN響を辞め、2012年より東京藝術大学音楽学部准教授に就任。2019年より東京藝術大学音楽学部教授に就任。現在に至る。国立音楽大学、聖徳大学、各非常勤講師。埼玉県草加市文化協会 評議員。日本トランペット協会 常任理事。飛騨高山ヴィルトーゾオーケストラ顧問。Tokyo G Brass、N-crafts、各メンバー。

    井川明彦(トランペット)
    トランペットを永田粋睦氏、元 NHK 交響楽団トランペット奏者故祖堅方正氏に師事。1985年国立音楽大学卒業と同時に神奈川フィルハーモニー管弦楽団に入団。89年東京フィルハーモニー交響楽団に移籍。91年東京都交響楽団に移籍、92年より首席奏者となる。94年NHK交響楽団に移籍以来定期公演、地方公演、海外公演など演奏活動を行なう。2020年退団。現在、国立音楽大学教授、昭和音楽大学客員教授、聖徳大学兼任講師、高松第一高等学校音楽科中央講師、金管五重奏団N-crafts、トウキョウブラスシンフォニーメンバー。

    下田望(ピアノ)
    広島県呉市生まれ。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部卒業。第13回教育連盟ピアノオーディション全国大会入賞。入賞者演奏会に出演。第21回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会F級にて、ベスト10賞受賞。
    在学中より、NHK・FMリサイタル出演など、各地で伴奏活動を始める。広島では、室内楽シリーズとし、トランペット、ヴァイオリン、フルート、チェロなどと定期的にデュオリサイタルを開催。現在、ソロ、室内楽をはじめとして、オホーツク紋別音楽セミナーなどの公式伴奏者、コンクールでの伴奏、後進の指導など多方面で活躍している。ピアノを小嶋素子氏に、室内楽を迫昭嘉氏に師事。東京藝術大学音楽学部管打楽科演奏研究員(伴奏助手)。

    レコーディング

    2023年5月3-4日
    飛騨芸術堂




    この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
    このショップのレビューを見る
    総合評価総合評価に有効な件数に達しておりません。

    購入者さん 

    評価5.00

    投稿日:2023年12月10日

     素晴らしいダイアローグ!

    とても、とても、良かったです! トランペットの魅力と可能性がたっぷりと詰まった アルバムです。 キラキラした音色に、聴きながら何度も かっこいい!と声に出してしまうほどでした。 演奏の端々に演奏者の生身の人間としての リアルさや、磨き上げられてきた感性を感じました。 管楽器奏者はアスリートです。 還暦を迎えられてなお、チャレンジを続けて下さる お二人の背中は、若い奏者を励まし、奏者を目指す学... …続きを読む

    使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 



    ショップへ相談