ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:MEW2204

アルフレッド・デュボワ(ヴァイオリン)
歴史的録音集 [アルフレッド・デュボワ]

Violin Recital: Dubois, Alfred - VIEUXTEMPS, H. / FRANCK, C. / YSA?E, E. / JONGEN, J.

CD 2枚組

発売日:2023年09月22日 NMLアルバム番号:MEW2204

Musique en Wallonie

グリュミオーを育てたフランコ=ベルギー派の知られざる至芸を一挙復刻!

美しい音色と洗練された音楽解釈で知られるヴァイオリン奏者が多いベルギーで、フランコ=ベルギー派の名手・作曲家イザイの後を受け、20世紀前半に活躍した名手アルフレッド・デュボワ(1898-1949)の稀少な録音を丁寧に復刻した2枚組アルバム。

フォーレやダンディと同世代の名手でユベール・レオナールの門弟だったアレクサンドル・コルネリスに師事、イザイ門下ではなかったものの彼の作品を積極的に演奏するなど近代音楽の紹介にも積極的で、同時に古典的名曲の解釈でも高く評価されました。ブリュッセル音楽院で多くの名手を育てたことでも知られ、特にステレオ時代の名盤で有名なベルギー随一の名手アルテュール・グリュミオーが門下から出ていることは見逃せません。

デュボワのレコードはBiddulphで復刻されたドビュッシーやベートーヴェンのソナタが知られていましたが、今回はColumbiaで1930年前後に収録された78回転盤向け小品録音の数々を聴けるのが貴重。Biddulph復刻音源とは違い、ピアノはマルセル・マースよりも作曲家でもあったフェルナン・フイエンスが弾いている音源が多く、さらに1930年、同国の名指揮者デジレ・デファウ(ドフォー)との共演で収録されたヴュータンの協奏曲まで復刻収録されているのも嬉しいところ。音楽性の充実と物理的技量が絶妙にバランスした時期の演奏ばかりである点が何より素晴らしく、適切な節度をもって香気豊かに織り込まれるヴィブラートやポルタメントが各作品の旋律美をこの上なく美しく引き立ててやみません。

世紀初頭の気品漂うフイエンスのピアノも伴奏以上の存在感で作品解釈に寄与しており、ティボーやクライスラーと同じ時代にベルギー特有の芸術性を世界に伝えた名演の数々の味わい深さに驚かされます。



2023年09月22日発売
アルフレッド・デュボワ 歴史的録音集 [2CD]
商品番号: MEW2204
お気に入りに追加
お気に入りに追加

曲目・内容

Disc 1

1-3.アンリ・ヴュータン(1820-1881):
ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ短調 Op.37 「ル・グレトリ」

録音: 1930年/音源: Columbia LFX14 16-52.031/6

4.ヴュータン: ヴァイオリンとピアノのためのロマンス Op.40-1

録音: 1929年12月19日/Columbia LX700-D15144

5-8.セザール・フランク(1822-1890):
ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 CFF 123
9.ウジェーヌ・イザイ(1858-1931):
子供の夢 〜ヴァイオリンとピアノのための Op.14 YH 11

録音: 1929年3月19日/Columbia LX927-D15175

10.イザイ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 Op.27-3

録音: 1947年10月27日/Columbia LCX104-CLBX162-163

Disc 2

1.ピエトロ・ナルディーニ(1722-1793)/イザイ編:
アリア(ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ニ長調〔ピアノ伴奏版〕より)

録音: 1928-31年/Columbia LF42-33029

2.ジョゼフ・ジョンゲン(1873-1953):
ヴァイオリンとピアノのためのセレナータ

録音: 1929-31年/Columbia LF68-WLB125

3.ウジェーヌ・ヴォス(1883-1952):
ヴァイオリンとピアノのためのセレナーデ

録音: 1928年12月19日/Columbia DFX199-CLBX159

4.フェルナン・フイエンス(1892-1965):
悲痛な風景 〜ヴァイオリンとピアノのための

録音: 1928年1月7日/Columbia D19042-L847

5.フイエンス: フモレスケ(『ヴァイオリンとピアノのための組曲』より)

録音: 1930年/Columbia D13090-L1368

6.フイエンス: ピアノとヴァイオリンのためのハバネラ

録音: 1930年/Columbia LF 47-WLB 77

7.アレックス・ド・ターイ(1898-1952):
ヴァイオリンとピアノのためのユーモレスク

録音: 1930年/Columbia LF47-WLB 78

8.ド・ターイ: アリエットの歌 〜ヴァイオリンとピアノのための朝の歌

録音: 1928-31年/Columbia LF67-WLB126

9.クレティアン・ロジステル(1884-1941):
リゼットに捧ぐセレナーデ 〜ヴァイオリンとピアノのための

録音: 1928-31年/Columbia LF67-WLB195

アーティスト(演奏・出演)

アルフレッド・デュボワ (ヴァイオリン)

ベルギー王立ブリュッセル音楽院演奏会協会管弦楽団
デジレ・デファウ指揮 [DISC 1 … 1-3]
フェルナン・フイエンス(ピアノ) [DISC 1 … 4,9-10/DISC 2]
マルセル・マース(ピアノ) [DISC 1 … 5-8]

その他の仕様など

収録時間: 94分





ショップへ相談