ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:MBN4-2018

ヴァンデルロースト [鈴木竜哉(音楽監督&指揮)/マスターズ・ブラス・ナゴヤ]

VAN DER ROOST, J.: Wind Band Music - Credentium / Sinfonia Hungarica / Minerva (Masters Brass Nagoya, Tatsuya Suzuki)

CD

発売日:2019年02月22日 NMLアルバム番号:MBN4-2018

masters brass nagoya

ヤン・ヴァンデルロースト作品の決定盤!
あの日、だれもが興奮し涙した、奇蹟のライブ録音!!

“音楽を楽しむ”をコンセプトに『伝統と革新』を追求するマスターズ・ブラス・ナゴヤ。

マスターズ・ブラス・ナゴヤは音楽監督・指揮者に鈴木竜哉を迎え、2016年に結成された東海地区のオーケストラ奏者・音楽大学教師・フリーランス奏者によって構成される吹奏楽団です。華々しくデビューし、吹奏楽ファンのみならず、クラシックファンからも吹奏楽を超えた吹奏楽! と好評を博しています。

このCDは2018年4月30日刈谷市総合文化センター大ホールにて行われた第4回定期演奏会ライブ録音。日本でも人気の高いヤン・ヴァンデルローストの作品3曲を収録しました。ヴァンデルロースト作品の魅力は西洋音楽の歴史に根ざした構成と持続です。指揮者鈴木竜哉が音楽の持続と楽団のポテンシャルを最大に引き上げた名演ぞろい。このCDの演奏・作品から吹奏楽表現の可能性の幅広さが実感されることでしょう。



ヴァンデルロースト


2019年2月22日発売
ヴァンデルロースト

商品番号:  MBN4-2018
当店通常価格2,700円 (税込)
価格
2,700円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
在庫有り、3営業日以内に発送します。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

1.クレデンティウム CREDENTIUM [14:12]
2-4.シンフォニア フンガリカ - SINFONIA HUNGARICA
  1. 第1楽章 アッティラ! [14:05]
  2. 第2楽章 アールバード [12:34]
  3. 第3楽章 イシュトヴァーン [17:24]
5.ミネルヴァ - MINERVA [5:09]

【楽曲解説】
鈴木英史(作曲家)
ヤン・ヴァンデルローストより寄せられたメッセージ

アーティスト(演奏・出演)

鈴木竜哉(音楽監督&指揮)
マスターズ・ブラス・ナゴヤ

鈴木竜哉 Tatsuya Suzuki (音楽監督&指揮)
横浜生まれ。東京音楽大学付属高等学校トランペット専攻を経て、東京藝術大学音楽学部指揮科を首席で卒業。在学中に安宅賞受賞。卒業後、大学主催の新卒業生紹介演奏会に出演。藝大フィルハーモニアを指揮し、好評を博す。これまでに指揮を佐藤功太郎、汐澤安彦の両氏に、トランペットを林昭世氏に、ピアノを北川暁子、井田康子、渡辺真知子、西澤はな子の各氏に師事。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団を指揮するほか、ピアニストの小川典子氏、オルガニストの三浦はつみ氏をはじめとする多くの演奏家と共演し、いずれも高い評価を得る。オペラの分野においてもこれまでに新国立劇場「魔笛」、二期会「魔笛」、びわ湖ホール・神奈川県民ホール共同制作「ばらの騎士」、日生劇場「魔笛」、日本オペラ団体連盟人材育成公演「魔笛」、調布市民オペラ「ラ・ボエーム」、大田区民オペラ「ノルマ」、「シモン・ボッカネグラ」、松本市民オペラ「ラ・トラヴィアータ」、「魔笛」、川崎市民オペラ「フィガロの結婚」、「こうもり」などの副指揮者、合唱指揮者を務める。
また、アマチュア団体に対しても積極的に活動し、これまでに数多くのアマチュアオーケストラ、吹奏楽団、合唱団を指揮する。さらにドラマ「のだめカンタービレ新春スペシャル in ヨーロッパ」、映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編・後編」の指揮指導を行うなど、各方面において積極的に活躍。今後の活躍が大いに期待される指揮者の一人である。
現在、マスターズ・ブラス・ナゴヤ音楽監督。

マスターズ・ブラス・ナゴヤ Masters Brass Nagoya
2016年結成。
東海地区のオーケストラ奏者、音楽大学の講師、フリーランス奏者によって構成される。
吹奏楽が持つ魅力の一つである"音楽を楽しむ"をコンセプトとし、「伝統と革新」を追求し、さらなるクラシックファンの裾野を広げることを目的としている。

レコーディング

2018年4月30日
刈谷市総合文化センター大ホール[ライブレコーディング]

レコーディング・エンジニア/エディット: 長江和哉

その他の仕様など

国内盤

Total time 63: 25