ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:KCD-2096

J.S.バッハ(1685-1750)
インヴェンションとシンフォニア BWV 772-801 [福田ひかり(ピアノ)]

BACH, J.S.: 2 and 3-Part Inventions (Hikari Fukuda)

CD国内盤

発売日:2023年02月24日 NMLアルバム番号:KCD-2096

OMF

音楽雑誌への連載を行うなど研究者・執筆者としても積極的な活動を繰り広げる福田ひかり。前作『ゴルトベルク変奏曲』(KCD-2074)に続き取り組むのは『インヴェンションとシンフォニア』。

本録音でも「C. Bechstein Model D-282」を使用し、調律は「不等分平均律」を採用。カバー・アートは、松尾采奈が福田の演奏からインスピレーションを得て描き下ろした『鉱石』をモチーフとした作品。



2023年02月24日発売
J. S. バッハ:インヴェンションとシンフォニア BWV 772-801
商品番号: KCD-2096
お気に入りに追加
お気に入りに追加

曲目・内容

J.S.バッハ(1685-1750)

インヴェンションとシンフォニア BWV 772-801
1-15.インヴェンション 第1番 - 第15番
16-30.シンフォニア 第1番 - 第15番

アーティスト(演奏・出演)

福田ひかり(ピアノ)

Instrument: C. BECHSTEIN Model D-282 (S/N: 209034)
Musical Temperament: Bach's seal 1.0 by Y. Okamoto, A=442Hz

【福田ひかり】
1967年岡山県津山市生まれ。国立音楽大学器楽学科(ピアノ)卒業。東京学芸大学大学院、東京藝術大学大学院(音楽学)修了。ピアノを寺坂栄子、弘中馨子、小阪文産子、賀集裕子、音楽学を足立美比古、東川清一、角倉一朗の各氏に師事。1992年パリで開催されたダリウス・ミヨー生誕100年記念公演に出演。1998年の初リサイタル以来、一貫してJ. S. バッハの鍵盤作品を中心にプログラムを組んでいる。2005-2009年には「バッハ・ツィクルス」(全5回)、2010-2014年には「続バッハ・ツィクルス」(全4回)を開催、好評を博した。2011年第8回津山国際総合音楽祭に出演。その他、オーケストラとの共演やデュオ、ジョイントコンサート等に多数出演。2021年11月にOMFレーベルよりリリースした『J. S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲』は各種メディアで好評を得ており、『レコード芸術』では準特選盤に選ばれた。
後進の指導にも力を入れており、ピティナ・ピアノセミナーやムジカノーヴァ オンラインスクールなど、「“難しい”というイメージが先行しがちなバロック音楽に親しみを感じ楽しく弾こう」というコンセプトで行っている指導者向けのバッハセミナーが好評である。近年は音律や古楽器の研究にも取り組み、2014年に開始した「古典調律シリーズ」やモダンピアノと古楽器の接点を探るレクチャーコンサートやワークショップなど、古楽器の啓蒙活動も積極的に行っている。『ムジカノーヴァ』で「バッハ《インヴェンション》が楽しくなるレッスン」を好評連載中。
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。

レコーディング

2022年3月15日-17日
神奈川県立相模湖交流センター

録音フォーマット:DXD
仕様:ジュエルケース仕様 曲目解説付き
カバーアート:松尾采奈





ショップへ相談