ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

-★『レコード芸術』特選盤(2020年2月号)★-

商品番号:KCD-2068

富川勝智(クラシックギター)
組曲 プラテーロとわたし [富川 勝智(クラシックギター)]

CD日本語帯付き

発売日:2019年12月18日

OMF

「プラテーロとわたし」はノーベル文学賞の同タイトルの散文詩をベースメントにしたものであるが、デ・ラ・マーサの作曲作品ではテキストとの明確な参照がとられています。テデスコ版は散文詩そのものを朗読で担当するという手法をとっておりますが、デ・ラ・マーサ版ではギターの音だけで詩的な世界観を表すのに成功しています。スペインのカスティーリャ地方の乾いた空気を感じさせるトローバの「特性的小品集」や、セゴビアの心象風景を描いた「光のない練習曲」などにも、ギターだけでしか表現できない音世界があります。

間奏曲的に挿入されているタレガの小品群には、ロマン派から近代にかけてのクラシックギターの書法の変化がはっきりと感じとれるでしょう。このアルバム中ではデ・ラ・マーサやトローバの作品の橋渡しとして強い意味を持っています。

ギターの音でどのような風景を描きだせるのか…近現代に活躍した名匠達の軌跡が感じとれるアルバム内容となっています。



組曲プラテーロとわたし


2019年12月18日発売
組曲 プラテーロとわたし

商品番号:  KCD-2068
当店通常価格2,800円 (税込)
価格
2,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
在庫有り、3営業日以内に発送します。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

1.E.S.デ・ラ・マーサ:ロートレック讃歌
2.E.S.デ・ラ・マーサ:ハバネラ
3.F.タレガ:マリエッタ
4.F.タレガ:アデリータ
5.F.タレガ:ラグリマ
6-13.E. S. デ・ラ・マーサ:
組曲「プラテーロとわたし」
  1. I. プラテーロ
  2. II. 狂人
  3. III. 屋上
  4. IV. ダルボン
  5. V. 散歩
  6. VI. 泥亀
  7. VII. 死
  8. VIII. 故郷に眠るプラテーロ
14.F.タレガ:夢 〜 マズルカ
15.F.タレガ:ワルツ ニ長調
16.F.タレガ:ロシータ
17.ドノスティア神父/R.サインス・デ・ラ・マーサ:ドロール
18.A. セゴビア:光のない練習曲
19-24.F.モレーノ・トローバ:
特性的小品集
  • プレアンブロ
  • オリーブ畑にて
  • ブルガレサ
  • 五月祭
  • 夜明けの唄
  • パノラマ

アーティスト(演奏・出演)

富川 勝智(クラシックギター)
使用楽器: Arcangel Fernández(1997)

〈プロフィール〉
1972年、北海道札幌生まれ。ギターを佐藤佳樹、手塚健旨に師事。来日中の巨匠ホセ・ルイス・ゴンサレス氏にその才能を認められ、留学を勧められる。大学卒業後、スペインに渡り、彼のもとで1996年より2年間研鑽を積む。同時にアルコイ市立アポロ音楽院にて井上幸治氏にもギターを師事。その後1998年よりバルセロナ・ルティエール音楽院にてアレックス・ガロベーに師事。その他、デヴィッド・ラッセル、マリア・エステル・グスマン、マルコ・ソシアス、エリオット・フィスク、ロバート・ブライトモアなどのマスタークラスを受講。その後1998年よりバルセロナ・ルティエール音楽院にてアレックス・ガロベーに師事。その他、デヴィッド・ラッセル、マリア・エステル・グスマン、マルコ・ソシアス、エリオット・フィスク、ロバート・ブライトモアなどのマスタークラスを受講。洗足学園音楽大学クラシックギター科講師。(公社)日本ギター連
盟理事。ギターリーダーズクラブ正会員。
2000年より日本にて演奏活動を開始し、ソロコンサートはもちろん、フルート奏者山下兼司氏とのデュオなどの室内楽、仙台フィルとアランフェス協奏曲を共演するなど精力的に活動している。現在、渋谷にて「富川ギター教室」を主宰、現代ギター学院の講師としても後進の指導にあたっている。近年は自身の生徒たちとともに結成しているギターアンサンブルグループ「リオリコ・ギターアンサンブル」の指導者として、海外に招聘されることも増えてきている。
音楽史への造詣も深く、「現代ギター」誌上にて「ギタリスト辞典」「アルベニスの生涯」「ファリャの生涯」などを連載。また同誌において多数の楽曲解説や奏法解説を多数執筆。「ガルシア・ロルカと同時代のギタリストたち」などの本格的な研究論文なども発表し、ギター史研究家としても精力的に執筆活動をしている。洗足学園音楽大学クラシックギター科講師。(公社)日本ギター連盟理事。ギターリーダーズクラブ正会員。

〈CD〉「Circulation」「Guitar Travelogue」「わたしたちのスペイン」
〈執筆〉「クラシックギターの教科書」(ヤマハミュージックメディア)「大人のためのソロギター入門」(ヤマハミュージックメディア)「美しく奏でるクラシックギター」(ヤマハミュージックメディア)「ギターソロで奏でるMr.Children」(シンコーミュージック)他

レコーディング

2018年7月2日-2018年7月5日
2019年2月17日-2019年2月19日
2019年2月22日
庄内町文化創造館 響ホール
富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ
神奈川県立相模湖交流センター

録音フォーマット: 24bit/192kHz





買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談