ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:CDS-7856

《ペレグリーナ》の幕間劇
フィレンツェ 1589年
[ロザンナ・ベルティーニ(ソプラノ I)/エレナ・ベルトゥッツィ(ソプラノ II)/カンディーダ・グィダ(アルト) 他 フェデリコ・マリア・サルデッリ(指揮)/モード・アンティコ(アンサンブル)]

MALVEZZI, C. / MARENZIO, L. / CACCINI, G. / BARDI, G. de' / PERI, J.: Pellegrina (La) (Coro Ricercare Ensemble, Modo Antiquo, Sardelli)

CD

発売日:2020年01月24日 NMLアルバム番号:CDS7856

DYNAMIC

1589年5月2日のフィレンツェ。この日はメディチ家当主フェルディナンド1世とクリスティーナの結婚式のための盛大な祝賀会が開催されました。この日は16世紀における偉大なパトロンとしての当主の慶事を祝し、当時の最も重要な詩人や音楽家たちが集まり、この良き日のために特別な劇を上演、それが喜劇芝居《ペレグリーナ》でした。

16世紀の時代にはまだオペラは誕生していませんでしたが、この《ペレグリーナ》という物語を6曲の間奏曲でつなぐという形式は後のオペラ誕生の萌芽にあたるものでもあり、実際に作曲家の一人ヤコボ・ペーリは“史上初のオペラ”を書いた人として歴史に残っています。

幕間に奏される「間奏曲=インテルメディオ」はそれぞれ3〜6曲の小品で構成されており、中にはさまざまな編成の器楽曲、声楽曲が含まれています。それぞれマルヴェッツィを中心に様々な作曲家が曲を寄せ合い、魅力的な組曲として表出されているのが特徴です。サルデッリが指揮する古楽器オーケストラ、モード・アンティコのエネルギッシュな演奏が作品に華を添えています。



【ナクソス・ミュージックストア】
《ペレグリーナ》の幕間劇 フィレンツェ 1589年
商品番号: CDS-7856
お気に入りに追加
お気に入りに追加

曲目・内容

【各々の曲の作曲家】

インテルメディオ I:天体の調和

1-6.クリストファノ・マルヴェッツィ(1547-1597)

インテルメディオ II:ミューズとピエリデスの歌試合

7-11.ルカ・マレンツィオ(1553-1599)

インテルメディオ III:アポロとピュートーンの戦い

12-14.ルカ・マレンツィオ

インテルメディオ IV:天の悪魔は幸せな時代の到来を予言する

15.ジュリオ・カッチーニ(1550頃-1618)
16-17.マルヴェッツィ
18.ジョヴァンニ・デ・バルディ(1534-1612)

インテルメディオ V:アリオーネとイルカ

19-21.マルヴェッツィ
22.ヤコボ・ペーリ(1561-1633)
23.マルヴェッツィ

インテルメディオ VI:ユピテルと神々の会議

24-25.マルヴェッツィ
26.エミリオ・デ・カヴァリエーリ(1550-1602)
27.マルヴェッツィ
28.デ・カヴァリエーリ

台本
ジョヴァンニ・デ・バルディ
オッターヴィオ・リヌッチーニ
ジョヴァンニ・バッティスタ・ストロッツィ
ラウラ・ルッケジーニ

アーティスト(演奏・出演)

ロザンナ・ベルティーニ(ソプラノ I)
エレナ・ベルトゥッツィ(ソプラノ II)
カディーダ・グィダ(アルト)
パオロ・ファンチュラッチ (テノール)
マルコ・スカヴァッツァ(バリトン)
マウロ・ボルジオーニ(バス)

フェデリコ・マリア・サルデッリ指揮
モード・アンティコ(アンサンブル)

リチェルカーレ・アンサンブル(合唱)
コンパーニャ・ドラマトディア(合唱)
アルベルト・アレグレッツァ(合唱指揮)

レコーディング

2019年6月16-18日
2019年 第82回フィレンツェ五月音楽祭





ショップへ相談