ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:ALPHA852

VIVA!
フランスの合唱芸術 〜 今日まで30年の歩み

CD

発売日:2022年02月25日

Alpha Classics

世界に羽ばたく合唱界の精鋭団体の名演続々。
これがフランス楽壇の底力!

日々活躍するソリストたちはもとより、オーケストラやオペラでもトップクラスの重要団体を続々輩出しているフランス。合唱団だけを見ても注目すべきグループは少なくありません。近年の例だけで考えても、近現代作品で驚くべき実績をあげてきたアクサンチュスや古楽方面で活躍するピグマリオン、ディアボルス・イン・ムジカなど、明らかに頭一つ飛び出た存在感を誇るアンサンブルの名が次々と思い浮かぶことでしょう。

そうしたフランスの合唱世界を陰に陽に支えてきたベタンクール=シュレール財団の創設30周年を機に、同国の音楽活動を録音面で盛り上げてきたレーベルAlphaが、近年の重要グループによる注目音源をよりすぐったユニークなアンソロジーを制作。バロック・オペラ復権に大きく寄与したクリスティやニケらの合唱団、フランス語圏の古楽レパートリーでは主演・客演問わず活躍範囲の多いベルギーのナミュール室内合唱団、彼らに新境地をもたらしたアルゼンチン出身のアラルコン、作曲家オアナと深いつながりを持つエラベディアン、パリの日常を高水準の合唱で彩ってきたノートルダム大聖堂の聖歌隊、さまざまな合唱団との名演で知られる女性合唱指揮者ニコール・コルティ…と、この1枚に登場する合唱団を追うことで音楽鑑賞の喜びが幾倍にも増幅されるであろうことも間違いありません。

音楽鑑賞の注目からは外れやすい合唱という分野に、いかに単体で追うに足る世界が広がっていたかを追認できる好企画。ブックレットに掲載されている、ベタンクール=シュレール財団から賞を授かってきた合唱団のリストも実に見応えがあります。

アナログ盤(ALPHA853)も同時発売。



【ナクソス・ミュージックストア】
VIVA! フランスの合唱芸術〜今日まで30年の歩み
商品番号: ALPHA852
お気に入りに追加
お気に入りに追加

曲目・内容

1.ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764):
水面は騒がしく揺れ 〜グラン・モテ『神は我らが避難所』より

ウィリアム・クリスティ指揮 レザール・フロリサン
録音: 1994年6月 原盤: ERATO

2.マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ(1643-1704):
主よ、あなたはわたしに5タラントンを H. 33 〜『聖ルイの晩課』より

オリヴィエ・シュネーベリ指揮
レ・パージュ・エ・レ・シャントル(ヴェルサイユ・バロック音楽センター合唱団)
録音: 2003年 原盤: ALPHA

3.ジョヴァンニ・ジョルジ(1690-1762):
アヴェ・マリア

レオナルド・ガルシア・アラルコン指揮 ナミュール室内合唱団
録音: 2010年 原盤: RICERCAR

4.オラツィオ・ベネヴォリ(1605-1672):
主ヨ、憐レミ給ヘII(キリエ後編)〜16声のミサ曲(ミサ・シ・デウス・プロ・ノビス)より

エルヴェ・ニケ指揮 ル・コンセール・スピリチュエル
録音: 2018年2月、ノートルダム・デュ・リバン教会、パリ 原盤: ALPHA

5-6.フランソワ・プーランク(1699-1963):
サンクトゥス/ベネディクトゥス 〜ミサ曲 ト長調 F 89より

ロランス・エキルベイ指揮 アクサンチュス
録音: 1996年12月27-30日、サント・マリー財団礼拝堂、アントニー(パリ近郊)
原盤: DECCA(ACCORD)

7.ギィ・ロパルツ(1864-1955):
サルヴェ・レジーナ

ミシェル・ピクマル指揮 ピクマル声楽アンサンブル
録音: 1996年9月、サンタントワーヌ・デ・カンズヴァン教会、パリ 原盤: NAXOS

8.ルカ・マレンツィオ(1553-1599):
8声のための「おお千たびも」 〜『巡礼の女(ラ・ペッレグリーナ)』のための音楽より

ラファエル・ピション指揮 アンサンブル・ピグマリオン
録音: 2016年10-11月、ヴェルサイユ宮殿王室礼拝堂 原盤: HMF

9.ジョン・ウィルビー(1574-1638):
来たれ、甘き夜よ

ジョフロワ・ジュルダン指揮 レ・クリ・ド・パリ
録音: 2017年、シルヴァネス修道院、フランス 原盤: HMF

10.レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ(1872-1958):
ここから5ファソム潜ったところに 〜『三つのシェイクスピア歌曲』IRV 72より

ジョエル・シュユビエット指揮 レゼレマン
録音: 2003年 原盤: HORTUS

11.ゾルターン・コダーイ(1882-1967):
ロマびとがチーズを食べている K 51

マーク・オプスタッド指揮 トゥールーズ音楽院少年合唱団
録音: 2017年5月5-7日、サラン・プロテスタント教会、トゥールーズ、フランス
原盤: Regent Records

12.クロード・ドビュッシー(1862-1918):
神はなんと彼女を美しくお創りになったか 〜『シャルル・ドルレアンの三つの歌』L 92より

マチュー・ロマノ指揮 アンサンブル・エデス
録音: 2018年5月27-28日、
リトル・トライベッカ・スタジオ、ブーローニュ=ビヤンクール(パリ郊外) 原盤: Aparté

13-14.ティエリー・マシュエル(1962-):
ダーク・ライク・ミー Op.18

ロランス・エキルベイ指揮 パリ青年合唱団&レ・クリ・ド・パリ
録音: 2003年5月、パリ 原盤: Naïve

15.モーリス・オアナ (1913-1992):
サッフォーの鏡 〜『マドリガルの百合』より

ロラン・エラベディアン指揮 ミュジカトレーズ
録音: 1994年、コロンヌ劇場、ミラマス、フランス 原盤: Opus 111

16.ヨハンネス・オケゲム(1420頃-1497):
ジル・バンショワの死に捧ぐ嘆き

カトリーヌ・シモンピエトリ指揮 セクエンツァ9.3
アンリ・ドマルケット(チェロ)
録音: 2016年 原盤: Ensemble vocal Sequenza 9.3

17.ピエール・ド・ラ・リュー(1460頃-1518):
入祭唱「永遠の安らぎを」〜『死者のためのミサ曲(レクイエム)』より

アントワーヌ・ゲルべ指揮 ディアボルス・イン・ムジカ
録音: 2017年11月5-8日、フォントヴロー修道院跡、フランス
原盤: Bayard Musique

18.ベンジャミン・ブリテン(1913-1976):
この小さな嬰児が 〜『キャロルの祭典』Op.28より

カリーヌ・ロカテッリ指揮 リヨン国立歌劇場少年少女 合唱団
録音: 不明 原盤: Maîtrise de l’opéra de Lyon

19.ジョナサン・ハーヴェイ(1939-2012):
思い起してください、おお主よ

レオ・ヴァリンスキ指揮 レ・メタボール
録音: 2019年11月7日、ロワイヨーモン修道院跡 原盤: NoMadMusic

20.エディト・カナ・ド・シジ(1950-):
主ヨ、憐レミ給ヘ(キリエ) 〜『聖母被昇天の小ミサ曲』より

ニコール・コルティ指揮 スピリト
録音: 2007年 原盤: HORTUS

21.イヴ・カスタニェ(1964-):
聖なるかな(サンクトゥス) 〜『サルヴェ・レジーナのミサ曲』より

リオネル・ソウ指揮 パリ・ノートルダム大聖堂聖歌隊
録音: 2007年 原盤: HORTUS

アーティスト(演奏・出演)

さまざまな演奏家





ショップへ相談