ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:8.574436

トポス
20世紀ギリシャの管弦楽作品集
ミカエリデス/カロミリス/コンスタンティニディス/スカルコッタス [ノエ・乾(ヴァイオリン)/ゾイ・チョカン(指揮)/テッサローニキ州立交響楽団]

Orchestral Music (20th Century Greek) - CONSTANTINIDIS, Y. / KALOMIRIS, M. / SKALKOTTAS, N. (Topos) (Thessaloniki State Symphony, Tsokanou)

CD

発売日:2023年08月25日 NMLアルバム番号:8.574436

NAXOS[8.574...]

20世紀ギリシャの作曲家による管弦楽作品集。アルバムは、フランス印象派からの影響が感じられるミカエリデスの「パルテノン神殿の夜明け」で幕を開け、リムスキー=コルサコフを思わせる官能的な響きが特徴のカロミリスの「島の絵」が続きます。地中海の夜明けを思わせる伸びやかな第1曲から祝祭的な雰囲気の民族舞踏を描いた第3楽章まで、卓越したヴァイオリンを披露するのはギリシャ人の母を持つノエ・乾です。

コンスタンティニディスの2つの組曲は独特な音階とリズムが特徴。スカルコッタスの「5つのギリシャ舞曲」は、様々な楽器編成のための「36のギリシャ舞曲」から作曲家が5曲を選んで弦楽四重奏にしたものを、ドイツ生まれの指揮者・作曲家ワルター・ゲールがコントラバス・パートを加えて弦楽合奏にしたもの。バルトークの「ルーマニア民俗舞曲」のギリシャ版といった感じの楽しく躍動感ある音楽で、本物の民謡に加えてスカルコッタスが民謡に似せて創った素材を使っていて遊び心が感じられます。



2023年08月25日発売
トポス20世紀ギリシャの管弦楽作品集/ノエ・乾(ヴァイオリン)ほか
商品番号: 8.574436
お気に入りに追加
お気に入りに追加

曲目・内容

1.ソロン・ミカエリデス(1905-1979):
パルテノン神殿の夜明け(1934/36)
2-4.マノリス・カロミリス(1883-1962):
Nissiotikes zografies - 島の絵(1928/1939改訂)
  1. I. Tis Avgis(To the Dawn): Andantino semplice e calmo - 暁に向かって
  2. II. Nanourisma(Lullaby): Andantino - ララバイ
  3. III. Sousta: Vivo - ソウスタ
5-10.ヤニス・コンスタンティニディス(1903-1984):
ドデカネス組曲 第1番(1948)
  1. I. Andante sostenuto - Allegretto
  2. II. Con moto
  3. III. Allegro piacevole - Vivo e giocoso
  4. IV. Andante mesto
  5. V. Andantino quasi parlando - Allegretto semplice
  6. VI. Andante lento - Allegro vivo ma non troppo
11-16.コンスタンティニディス:
ドデカネス組曲 第2番(1949)
  1. I. Lento e solenne - Allegretto scherzando - Tema con variazioni: Con moto
  2. II. Scherzino: Vivo e leggiero
  3. III. Andante con moto - Andantino mosso
  4. IV. Lento e mesto - Allegro moderato
  5. V. Lamento: Lento funebre
  6. VI. Finale: Moderato quasi narrativo - Allegretto scherzando - - Allegro feroce ma non tanto
17-21.ニコス・スカルコッタス(1904-1949):
5つのギリシャ舞曲 AK 11b(1933/36)
(N. スカルコッタス、W. ゲールによる弦楽オーケストラ編 1938/1940-47)
  1. No.1. Epirotikos: Moderato - エピロティコス(モデラート)
  2. No.2. Kretikos: Allegretto moderato - クレティコス(アレグレット・モデラート)
  3. No.3. Tsamikos: Allegro moderato - ツァミコス(アレグロモデラート)
  4. No.4. Arkadikos: Moderato - アルカディコス(モデラート)
  5. No.5. Kleftikos: Allegro vivo - クレフティコス(アレグロ・ヴィーヴォ)

ギリシャがオスマン帝国からの独立を宣言したのは1821年。当時からウィーンやベルリンに出て音楽を勉強した人たちがいました。20世紀の初めには、彼らの弟子たちや、新たにドイツやオーストリアに留学した人たちが盛んに作品を書いていて、ギリシャ政府も伝統を採り入れた教育活動に力を入れていました。このCDの収録曲は、そのようにして生まれた作品です。テッサロニキ国立交響楽団が持っている楽譜から選ばれていて、未出版の曲もあります。
録音はコロナで演奏会がキャンセルになっている時期だったので、特別な感慨がありました。ヨーロッパとアジアの境目にあるギリシャでは、ヨーロッパの影響もアジアの影響も強く感じられます。このアルバムではギリシャの民族音楽特有のポリリズム的な要素を持った曲が多く、ギリシャ独特の色が出ていると思います。みなさんもお楽しみ下さい。
―ノエ・乾

アーティスト(演奏・出演)

ノエ・乾(ヴァイオリン) … 2-4
テッサロニキ州立交響楽団
ゾイ・ツォカン指揮

レコーディング

2021年3月19、22-24、26日、5月24-28日
Thessaloniki Concert Hall(ギリシャ)

その他の仕様など

総収録時間: 66分





ショップへ相談