ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

消費税増税に関する重要なお知らせ

ショップからの発送が10/1以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。 詳細はこちら


IMG

商品番号:8.572648

ロドリーゴ(1901-1999)
〈ヴァイオリンを伴う室内楽作品集〉
ソナタ・ピンパンテ/7つのバレンシアの歌
カプリッチョ/暁へのセレナード [レオン/ヴィノクール/ルーケ]

RODRIGO, J.: Chamber Music with Violin - Sonata pimpante / 7 Cançons valencianes / Capriccio / Serenata al alba del día (León, Vinokur, Luque)

CD

発売日:2016年11月23日 NMLアルバム番号:8.572648

NAXOS

名作「アランフェス協奏曲」で知られるロドリーゴ(1901-1999)。ギター作品の作曲家と思われがちですが、実は彼は優れたピアニストでもあったため、ピアノ曲や室内楽作品も数多く作曲しています。200曲以上もあるその作品の中では、ヴァイオリン曲はあまり多くありませんが、どの曲にも強い叙情性と独創性が満ち溢れています。

「おしゃれな」といった意味を持つ「ピンパンテ」と名付けられたソナタは、作曲家の義理の息子であるセルクル・ゴロワーズに捧げられた曲で、第2楽章のアダージョは熱烈なラテンのリズムを持つ中間部が印象的。民俗風のメロディが美しい「バレンシアの7つの歌」は多彩なメロディが次々と現れる楽しい曲。

無伴奏で奏される「カプリッチョ」はサラサーテの生誕100年を祝して作曲された躍動的な小品。ギターとの二重奏「暁へのセレナード」はギターの妙技もたっぷり楽しめます。ロドリーゴ初期の作品「2つのスケッチ」の第1曲は、噴水の水の煌きがそのまま反映された前奏に導かれ、少女の恋心が切々と歌われます。第2曲目は活発なダンス。スペインのヴァイオリニスト、サルバトール・ジョセフィーナに捧げられた「ルーマニアーナ」も同じく情熱的なダンスです。

トゥリーナ(8.570402)、モンサルバーチェ(8.572621)でその演奏が絶賛されたスペイン、カナリー諸島出身のヴァイオリニスト、エバ・レオンの演奏です。



ロドリーゴ:ヴァイオリンを伴う室内楽作品集


2016年11月23日発売
ロドリーゴ:ヴァイオリンを伴う室内楽作品集

商品番号:  8.572648
価格
1,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
※楽天カードで決済する場合は、楽天スーパーポイントで5%分還元されます。他社カードで決済する場合は、還元の有無を各カード会社にお問い合わせください。
在庫有り、3営業日以内に発送します。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

1-3.ソナタ・ピンパンテ(1966)
  1. 第1楽章:Allegro
  2. 第2楽章:Adagio‐Allegro vivace‐Adagio
  3. 第3楽章:Allegro molto
4-10.7つのバレンシアの歌(1982)
  1. 第1番:Allegretto
  2. 第2番:Andante moderato
  3. 第3番:Allegro
  4. 第4番:Andante moderato e molto cantabile
  5. 第5番:Andantino
  6. 第6番:Andante religioso
  7. 第7番:Tempo di Bolero(Moderato)
11.カプリッチョ(サラサーテに捧げる)(1944)
12-13.暁へのセレナード(1982)
  1. 第1曲:Andante moderato
  2. 第2曲:Allegro
14-15.2つのスケッチ(1923)
  1. 第1番:小さな噴水の横にいる恋する少女
  2. 第2番:小さなロンド
16.ルーマニアーナ(1943)

アーティスト(演奏・出演)

エバ・レオン(ヴァイオリン)
オルガ・ヴィノクール(ピアノ) … 1-10.14-16
ヴァージニア・ルケ(ギター) … 12-13

レコーディング

2015年5月11-13日
USA ニューヨーク、アダム・エイベスハウス・レコーディング・スタジオ