ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:8.559777

ドヴォルザークとアメリカ [ディーズ/パステルナック/ポスト・クラシカル・アンサンブル/ギル=オルドニェス]

DVOŘÁK AND AMERICA (Deas, Pasternack, PostClassical Ensemble, Gil-Ordóñez)

CD

発売日:2014年07月23日 NMLアルバム番号:8.559777

NAXOS

1891年の春、ニューヨーク・ナショナル音楽院の創立者・理事長ジャネット・サーバーから音楽院院長職への就任依頼が届き、逡巡しながらもアメリカに旅立ったドヴォルザーク(1841-1904)。しかしアメリカの人々は彼の渡米を心から喜び、すぐさま彼自身もこの土地に馴染んだのでした。1893年には交響曲第9番「新世界から」を完成させていて、この曲には黒人霊歌の旋律などが使われていることは良く知られていますが、実はそれよりも、彼自身が長年構想を温めていたという歌劇「ハイアワサ」に使うための素材が数多く用いられていたのです。

「ハイアワサ」というのはネイティヴ・アメリカ(昔でいえばインディアン)の英雄の名前であり、彼を主人公にした「ハイアワサの歌」という長編の詩をH.W.ロングフェローが書き、それに目をつけたドヴォルザークが歌劇の題材にしようと目論んだのでした。結局、音楽院の委員会の反対によって、歌劇「ハイアワサ」の構想は実現することなく、ドヴォルザークはいくつかの曲をそのまま「新世界より」に流用。有名な第2楽章が哀しさを帯びているのは、実はハイアワサの花嫁ミンネハハの死を描写した音楽だったのです。

この史実を考えると、これまで言われていたような“「新世界より」はドヴォルザークが故郷を思って書いた作品である”と簡単に言ってしまうのは早計であるのかもしれません。このアルバムは、そんなドヴォルザークの構想を「メロドラマ(音楽と朗読の融合)」として再現したもの。良く知っているメロディが次から次へと現れる興味深い物語となっています。歌詞をつけて歌われる「ラルゴ」にも思わず涙するはずです。



ドヴォルザークとアメリカ


2014年7月23日発売
ドヴォルザークとアメリカ

商品番号:  8.559777
価格
1,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
※楽天カードで決済する場合は、楽天スーパーポイントで5%分還元されます。他社カードで決済する場合は、還元の有無を各カード会社にお問い合わせください。
お取り寄せ(1〜2か月かかる場合もあります)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

メロドラマ「ハイアワサ」

1-6.ドヴォルザークの作品からA.ギル=オルドニェスによる物語
  • プロローグ
  • ハイアワサの求愛
  • ハイアワサの結婚式の饗宴
  • ミンネハハの死
  • パウ=プク=キーウィスの狩り
  • エピローグ:ハイアワサの出発

ウィリアム・アルムス・フィッシャー(1861-1948)

7.ゴーイン・ホーム 〜 ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 「新世界より」 - 第2楽章 ラルゴによる

ドヴォルザーク

8.ヴァイオリン・ソナチネ ト長調 Op.100-第2楽章
9.ユモレスク Op.101 第4番 ヘ長調
10.ユモレスク Op.101 第7番 変ト長調
11-15.組曲 イ長調「アメリカ」Op.98
  1. I. Moderato
  2. II. Molto vivace
  3. III. Allegretto
  4. IV. Andante
  5. V. Allegro

アーサー・ファーウェル(1872-1952)

16.ナバホ戦争の踊り 第2番
17.メサと平原から Op.20 - 第2番 ポーニー族の馬
18.メサと平原から Op.20 - 第2番 ポーニー族の馬(合唱版)

アーティスト(演奏・出演)

ケヴィン・デアス(ナレーター…1-6、バスバリトン…7)
チェン・ジュウ(ヴァイオリン)…8
エドゥムント・バッテルスビー(ピアノ)…8
ベンジャミン・パステルナック(ピアノ)…9-17
ユニヴァーシティ・オブ・テキサス・チャンバー・シンガース…18
マイケル・ウォルフェ(メンバー・テノールソロ)…18

ポスト・クラシカル・アンサンブル…1-7
アンヘル・ジル=オルドニェス指揮…1-7

レコーディング

2013年3月2日 USA メリーランド,クラリス・スミス・パフォーミング・アーツ・センター…1-7.9-15.17
1998年9月2-3日 UK サフォーク,ポットン・ホール…8
2003年8月20日 カナダ トロント・センター・フォー・ザ・アーツ…16
2013年5月5日 USA テキサス、ベイツ・リサイタル・ホール…18