ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


IMG

商品番号:8.110930

ドヴォルザーク(1841-1904)
チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104
ブラームス(1833-1897)
二重協奏曲 イ短調 Op.102 [カザルス/チェコ・フィル/セル(1937年)、ティボー/カザルス/コルトー(1929年)]

DVORAK, A.: Cello Concerto / BRAHMS, J.: Double Concerto (Casals, Thibaud) (1929, 1937)

CD ■器楽曲(チェロ)

発売日:2001年04月01日 NMLアルバム番号:8.110930

NAXOS[ヒストリカル]

スペインのパヴロ・カザルス(1876-1973)の活動は、一チェロ奏者にとどまることなく、室内楽奏者、オーケストラ指揮者、音楽祭の主宰者など多岐にわたりました。ピアノのアルフレッド・コルトー(1877-1962)とヴァイオリンのジャック・ティボー(1880-1953)と組んだトリオは、20世紀前半のもっとも高名なピアノ三重奏団として名を残しています。このブラームスの二重協奏曲は、カザルスのオーケストラをコルトーが指揮して他の二人が独奏者となったもの。ドヴォルザークはスペイン内戦を逃れて出国したカザルスが、作曲家の故郷を訪れたさいに録音したもの。いずれも名盤の誉れ高い録音です。(山崎浩太郎)



ドヴォルザーク:チェロ協奏曲(カザルス/チェコ・フィル/セル)/ブラームス:二重協奏曲(ティボー/カザルス/コルトー)(1929,1937)


ドヴォルザーク:チェロ協奏曲(カザルス/チェコ・フィル/セル)/ブラームス:二重協奏曲(ティボー/カザルス/コルトー)(1929,1937)

商品番号:  8.110930
当店通常価格1,200円 (税込)
価格
1,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
お取り寄せ(1〜2か月かかる場合もあります)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

曲目・内容

1-3.ブラームス: ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 Op.102
[録音:1929年5月10、11日 バルセロナ、1937年4月28日]
  1. I. Allegro
  2. II. Andante
  3. III. Vivace non troppo
4-6.ドヴォルザーク: チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104 B.191
[録音:1937年4月28日 プラハ、ドイツ・ハウス 〈スロヴァンスキー・ホール〉]
  1. I. Allegro
  2. II. Adagio ma non troppo
  3. III. Allegro moderato

アーティスト(演奏・出演)

パブロ・カザルス - Pablo Casals (チェロ)

ブラームス 二重協奏曲

ジャック・ティボー - Jacques Thibaud (ヴァイオリン)

バルセロナ・パブロ・カザルス管弦楽団 - Pablo Casals Orchestra of Barcelona
アルフレッド・コルトー - Alfred Cortot (指揮者)

ドヴォルザーク チェロ協奏曲

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 - Czech Philharmonic Orchestra
ジョージ・セル - George Szell (指揮者)

レコーディング

曲目・内容欄に記載

復刻: マーク・オバート=ソーン





買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK