現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ポイントアップ
 
商品を探す


モバイルサイトはこちら
QRコード
https://m.rakuten.co.jp/natural69/

営業日カレンダー
2019年5月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2019年6月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
natural69 営業日のお知らせ



はじめに

natural69(ナチュラルロック)が扱っている陶磁器について、少しお話をしたいと思います。

私たちが扱っている波佐見焼、有田焼は、「日常使いのちょっといい器」です。
有名な作家さんの作品でもなく、工場で大量に作られる食器でもない、手造りの量産品。
そういった視点から、そういう風な表現をしました。

たくさんの工程を経て器は出来上がりますが、その工程の多くが人の手作業によって進められています。
手造りの量産品は、工場の量産品にはない一つひとつ少しづつ違うといった味わいや、温かみがあります。
しかしその一つひとつ違うという事が直接手に取ることなく、購入に踏み切るインターネット販売では、高いハー ドルとなっているのも否めません。

このページをご覧いただくことによって、少しでも不安が解消できればと思っています。




食器は、大きく分けて磁器と陶器にわけることができます。
その違いを説明したいと思います。


【磁器:特徴】
原料は岩を細かくすりつぶし粘土状にしたものです。
粘土にはランクがあり、ランクが高いものほど白く不純物が入っていません。
このランクというのは、あくまでも粘土のランクであり、器の出来の良さのランクではありません。


【陶器:特徴】
原料は土(粘土)です。
色々な種類があり、色も質感も千差万別です。

【メリット】
原料の粒子が細かく、吸水性がまったくありません。
汚れやにおいがつきにくく、衛生的です。
陶器よりも高い温度で焼くので、強度があります。
強度があるため、軽くするために薄くしたり、細工をしたりすることもできます。

【メリット】
素朴な雰囲気や温かみがあります。
陶器にしか出せない味が、なんといっても一番の魅力です。
また、磁器に比べると、熱伝導が少ないです。

【デメリット】
使用上で、特にデメリットはないのですが、
あえてあげるとしたら、温かみという点では、陶器に負けます。

【デメリット】
原料の粒子が粗いので、吸水性があり、
汚れやにおいがつきやすいです。
また、磁器に比べると、強度がないため、
ぽってりとした厚みをおび、重いものが多いです。






人の手による絵付けと、同じ絵柄を量産する転写の違いについて説明したいと思います。


手描き
一つひとつ職人さんの手で描かれているため
絵の具の色の濃さ・太さにばらつきがあったり
線が途中で途切れているなど、一つ一つ違う表情があります。
手間暇がかかるので、転写に比べ価格は高くなります。


転写
転写のやり方も様々ありますが、簡単に言うとコピーのような感じです。
元となる絵をシール状やシート状にし、器に張り付けていきます。
そうすることで全く同じように絵を写すことができます。
例えば元の絵で線が途切れていればどれでも同じ部分で線が途切れていることになります。
量産が可能なため、比較的お手頃な価格で手に入ります。






絵付けは大きくわけて、上絵付け、下絵付けにわけることが出来ます。 その違いを説明したいと思います。


上絵
釉薬の上に描いてある絵。
上絵の部分を触ると絵の具の部分が盛り上がっているのがわかります。
下絵に比べて色が濃く鮮やかなのが特徴です。
なお、当店では有鉛絵の具を使った商品は扱っていません。どうぞご安心ください。


下絵(=染付)
釉薬の下に描いてある絵。染付の器はすべて下絵です。
有田焼・波佐見焼は呉須(青い下絵の具)を使うことが多いですが
青だけでなく様々な色があります。
上絵の具に比べると淡い発色が特徴です。






様々な技法など、器の特徴について説明したいと思います。

作品の表面を削って模様にする技法です。
縦に削ってあるものは“しのぎ”
横に削ってあるものは“千段”と呼ばれています。
”千段”は、持った時に手になじみ、滑りにくくなる効果もあります。
華やかで豪華な印象が魅力的な装飾技法です。
もろい装飾のひとつですので、はがれやすいなどデメリットがあります。
また、金彩・銀彩はレンジ非対応の器が多いですが、最近は現代の食生活に合わせて、電子レンジ対応の金彩・銀 彩もあります。
詳しくは、それぞれの商品ページに記載しております。ご確認ください。
色のついた釉薬はムラになることがよくあります。
同じ色の釉薬でも窯の中での場所の違いなどから色の濃さにばらつきが出ます。
釉薬は上から下に流れますので、縁の部分は薄くなり、下の方に釉薬がたまりやすくなります。
薄い色味の釉薬ほど色ムラが出やすくなりますが、それぞれ生地との相性もあり、一概には言えません。
お届けする器は、窯元でも当店でも良品と判断された器です。
複数の釉薬をかけ分けること。
複数の釉薬が混ざる部分は、一つひとつ違う表情を持ちます。
職人が手作業にて行うものですので、混ざる位置も一つひとつ違います。
側面など器全体の釉薬と縁部分の釉薬が違って、縁を彩る装飾技法です。
縁部分に施した釉薬が焼成時に流れて、一つひとつ違った表情を見せてくれます。
焼成時に釉薬は流れますがその流れた釉薬がたまって出来たり、人の手で釉薬を施す際に釉薬がたまったり、
また、釉薬の特徴で釉だまりが出来たりと、色々な条件で釉だまりはできます。
わざと釉だまりを作る器もあります。
お届けしました器は、窯元でも当店でも良品と判断された器です。
釉薬の表情をお楽しみください。
ほとんどの場合、高台を下にして焼くため、口が当たるふち部分にも釉薬がかかりつるっとしています。
伏せ焼の場合は名前の通り伏せて焼くため、ふち部分に釉薬をかけることができず、釉薬がかかっているものと比 べると少しざらざらした感触です。
焼きあがった後に研磨して滑らかさをだしていますのでご使用には問題ありません。
焼き方の一つの方法であり、B品扱いではありません。
焼いた時の、生地の収縮率と釉薬の収縮率が異なり、窯から出した後に冷えてヒビが入ったように見えること。
貫入は使うほどに増えていき、味のある器へと成長していきます。
装飾技法のひとつで、B品扱いではありません。
焼き上げると、赤みのある斑紋が出るのが御本手です。
これは土の特徴です。
お茶の世界では、お茶の緑色を引き立てるとして喜ばれるそうです。
陶器(=土もの)は焼成の際に、色々な変化をします。
土の色合いの変化もそのひとつです。
同じ商品を複数ご注文の際は、在庫の範囲内で極力同じ色味のものをお届けできるようにしますが、追加の際は、 色味を揃えることが出来ません。
ご了承ください。
焼くときに粘土に含まれている鉄分が反応して、黒い粒状のものが器表面に現れることがあります。
陶器(=土物)の器には必ずと言っていいほど鉄粉が見られます。
そのため、陶器に関しては鉄粉はB品ではなく、味としてお楽しみください。
磁器の原料にはほとんど鉄分が入っていないため、陶器ほど鉄粉は出ることがありません。
磁器の器に鉄粉が入っているものは当店ではB品としていて、お客様には送らないようにしています。
釉薬の表面に針でつついた跡のような細かい穴があり、下地が見えている状態のことです。
陶器(=土物)の器には必ずと言っていいほどピンホールが見られます。
そのため、陶器に関してはピンホールはB品ではなく、味としてお楽しみください。
一方、磁器の器にピンホールが入ることはあまりありません。
磁器の器にピンホールが入っているものは当店ではB品としていて、お客様には送らないようにしています。



 お気に入りページに追加

COPYRIGHT (C) 2013  白山陶器の “natural69”  All Rights Reserved.