現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは










浴衣のお手入れについて
≪浴衣のお洗濯≫・≪浴衣の畳み方≫・≪保管方法について≫

せっかくご購入いただいた浴衣。
長く、ずっと、お召し頂きたいですよね。
ここでは、浴衣をもっとキレイに保てるお手入れ方法についてご説明いたします。


浴衣のお洗濯について

浴衣は、シーズンの終わりに一度洗濯を行ってください。

当店では、専門店でのクリーニングを推奨しております。
クリーリングなど、専門店に 出す際は「水洗い」をしてもらってください。





また浴衣はお家でもお洗濯は可能でございます。

お家でお洗濯される際はまず、
色落ちするかどうか、必ず確認してから行いましょう。

自宅で洗濯する場合には、「洗濯機で洗う方法」と「手洗いの方法」があります。

オススメは、「手洗い」 ですが、最近では、洗濯機でにも「手洗いモード」が付いていますので、
時間をかけずにお手入れできて便利です。

洗剤は、中性洗剤を使用してください。




●洗濯機で洗う場合

【1】
浴洗濯機で洗う場合、型くずれをしないように
襟の部分に木綿糸で荒くしつけをかけてください。



【2】
浴衣を袖だたみして洗濯ネットに入れます。モードは「手洗い」。
ない場合には、弱流で、水洗いしてください。
※お湯などを使うと色落ちをすることがあります。



【3】
軽めに「のりづけ」を行います。
このとき、「のりづけ」は液体のものがオススメです。



【4】
脱水時間は1分程度と短めに。



【5】
たたいてシワをのばし、陰干しします。
(色あせ防止の為、必ず陰干しを行ってください)

着物用ハンガーをお持ちの方は、浴衣を裏返しにして
着物ハンガーを使って干してください。

お持ちでない方は浴衣裏返しのまま、 物干し竿に袖を通して干します。



【6】
浴衣は生乾きの状態で、襟のしつけを取り、
裏から当て布をしてアイロンをかけます。



●手洗いする場合

【1】
浴衣を袖だたみして大きめのバケツ(たらい)に入れて
手で優しく押し洗いします。

大きめのバケツがない場合には、 お風呂の浴槽をお使いください。
そして、必ず水洗いしてください。
(※お湯などを使うと色落ちをすることがあります)



【2】
畳んだまま、洗剤液を捨て、数回水ですすぎ洗いします。



【3】
軽めに「のりづけ」をします。



【4】
脱水のかわりに手で絞りますが、 この時、ねじらずに
バスタオルなどの間に挟んで軽く押し、水分を吸い込ませるようにします。

大変な時には、 洗濯機を使って脱水も可能です。
その際は 洗濯ネットに入れて、1分程度と短めに脱水をかけます。



【5】
たたいてシワをのばし、陰干しします。
(色あせ防止の為、必ず陰干しを行ってください)

着物用ハンガーをお持ちの方は、浴衣を裏返しにして
着物ハンガーを使って干してください。

お持ちでない方は浴衣裏返しのまま、 物干し竿に袖を通して干します。



【6】
浴衣は生乾きの状態で、襟のしつけを取り、
裏から当て布をしてアイロンをかけます。





●お洗濯の際の注意

浴衣は、長時間水につけておくと色落ちの原因になります。
みずには長時間つけないようにしましょう。

浴衣のお手入れについては、購入時に必ず確認し、洗濯する前に、
再度取り扱い表示や注意表示を確認しましょう。

少し大変かも知れませんが、自分で選ぶと愛着がわいてくるかもしれませんね♪




浴衣の畳み方

浴衣をキレイに保つには、畳み方も重要。

浴衣の畳み方は一般的な本たたみでおこないます。



≪1≫

裾を右、頭のほうを左にして、浴衣を
きれいにのばして置きます。

そして、まず手前の脇線に沿って折ります。








≪2≫

次におくみ線で外側に折ります。

後ろの衿は内側に倒します。







≪3≫

上側の衿下を下側の衿下に重ねます。
(★マーク部分を合わせる)

下側のおくみに上側のおくみを重ねます。
(◆マーク部分を合わせる)

このとき身ごろがだぶつきますが、
気にしなくても大丈夫です!

裾のほうから衿の方へ重ねるといいです。






≪4≫

上前の脇線を持って、手前に引き寄せ、
下前の脇線に重ねる。

ここも裾から重ねるといいです。

ここで、全体的にぴったり重なるようにしわなどを伸ばし、整える。





≪5≫

上側の袖を、袖付けの位置で、
上へ折り返します。







≪6≫

裾を持ち、衿先のすぐ下を折り線にして
身ごろを半分に折り、袖の上に重ねます。

折り目がくしゃくしゃにならないように気をつけて。








≪7≫

全体がくずれないように、
着物をしっかりつかんで、
裏返し、残った袖を、かぶせます。




≪8≫

完成です♪この形でしまいます。

この畳み方は浴衣だけでなく着物などにも
使えるので覚えておいて、損はないですよ!





浴衣のおすすめ保管方法


ゆかたは保存袋や畳紙(たとうし)などで保管して、きもののゲルを入れると
湿気から守ってくれます。

きもののお手入れセットなどもありますので、
お気に入りのゆかたをきちんと保管してくださいね。

ゆかたや帯と一緒に、使った道具類(肌着やベルト、腰ひも、前板などなど…)も
一緒の箱に保管してもらうと、来年はとても便利です。

下駄やきんちゃくなど、一部塗りをほどこしてあるものに関しては、
樟脳(しょうのう:防虫剤の一種)などの薬品と相性が悪くて、
塗装がはがれ落ちたりする場合もあるので、別管理するようにしてください。




 お気に入りページに追加