現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


店頭受け取り





自然派ワイン通販【リカーMORISAWA】ナチュラルな美味しさに、もう夢中です。
夏BUKURO
2種類からどうぞ♪
オマージュ
やっと入荷!!お待たせ“オマージュ”
ル・プティ・ブラン
嬉しい値下げ!ティエリーのSB
ヴァイングート・ヴェルナー
今回も驚きのキュヴェ(@_@)!
ジェローム・ジュレ
華やか妖艶なJ・ジュレのSB♪
トマ・ブタン
とにかく旨い!!トマ・ブタン
ジャック・フレラン
新井さん太鼓判ナチュール1879円
フェルム・デ・コーダリ
驚きのコスパロワール見つけたぁ!!
モントリュー
再々々入荷一押し泡
 ジェラール・シュレール カプリアード コサール2017 J・メイエー ブノワ・クロー

 バーンワルト ブー・デュ・モンド セヴァスチャン・フルレ ババス ビネール
オレンジワイン
今注目!!! オレンジワインを召し上がりませんか!?
ボックス「ボックスワインなんて…」はもう昔のお話です☆
勝った翌日はポイント2倍
皆で応援しよう♪勝った翌日2倍!W勝利で3倍!
6月3日(金)9:59まで
初めてのお買い物で1000円分ポイントプレゼント
楽天カードポイント5倍
エントリー&楽天カードでポイント5倍!

★今すぐGET★最大200円OFFクーポン!!
マラソン
★エントリー!★全店買い回りポイント最大10倍
訳あり
★2019★も人気のワインたちが≪訳あり特価≫で登場しま〜す♪見逃さないで!
日曜日は全国どこでも送料500円



\ 円〜
あす楽
この夏も出たァ!
秘密のBIO5本がギュっ
◆夏BUKURO◆
ランキング
7月12日〜7月18日
1位 エリソン・マラン(サンスフル)[2018]ジャック・フレラン見た目も味わいもキュートなキュヴェが\1,879円/
2位 マルト ヴァイスキュートな香りが拡がるのに味わいはとってもドライ!
3位 リンクリン\絶対のおススメ/フルーティなのに…飲みごたえはしっかり飲み心地最高!!
4位 プレン・シュッド(3L)[2016]エステザルグ大人気白のBIOボックス!!!たっぷりのエキスと素晴らしく優しい口当たり
5位 2019Summer◆夏BUKURO[A]◆夏BUKURO◆暑い夏を美味しいワインで乗り切ろう!
神の雫
BOXワイン
ECOワイン
698円均一
898円均一
○○%OFF!!
セットで
オリーブオイル
星座ワイン
喜ばれる贈り物!名入れのお酒ギフト
アルマニャック
  
配送について
お客様の声
よくあるお問い合わせ
フランス
├ ボルドー
├ ブルゴーニュ
├ ローヌ
├ ラングドック・ルーション
├ プロヴァンス
├ ロワール
├ シャンパーニュ
├ アルザス
├ ジュラ・サヴォワ
├ オーベルニュ
├ フランスその他
イタリア
スペイン
カリフォルニア
オーストラリア
その他の国
住所: 〒206-0003
東京都多摩市東寺方563
TEL: 042-374-3880
営業時間: 9:00〜19:00
定休日: 毎週日曜日

お問い合わせは
こちらからどうぞ!
営業日カレンダー
2019年7月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
2019年8月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ

19周年


ビオワイン(自然派ワイン)ガイド

はじめに

 当店でBIOワインとご紹介しているワインも、確かにワインの
 裏ラベルに【酸化防止剤(亜硫酸塩)含有】と明記されます。

 それを見て、「ええっ、なんで?」とお思いの方の多いと思います。
 
 ご紹介しているBIOワインは、ブドウ本来の旨みを召し上がって頂くため、
 澱のろ過、酸化防止剤添加は最小限(極々微量)となります。  
 ブドウの発酵段階で亜硫酸塩が自然に生成されるため、意図的な添加は
 なくても〔裏ラベル〕に【酸化防止剤(亜硫酸塩)含有】と記載されます。
 記載しなければいけないことになっています。
 
 記載は必ずされますが、当店がBIOとご紹介するワインへの添加は
 ゼロ、もしくは極々微量となりますことをお伝えいたします。


 

ビオロジーとビオディナミの違い

まず、よくゴッチャにされやすい「ビオ」と「ビオディナミ」。 その原因は「ビオ」が、「ビオロジク(ビオロジー)」の短的名称で使われる場合と、 「ビオロジク(ビオロジー)とビオディナミ(バイオダイナミック)」の総称として 使われる場合と、2通りあるからです。 下記枠内の3つに統一し、一度頭の中を整理しておきましょう。
ビオロジー 「ビオロジー」のみのこと
ビオディナミ 「ビオディナミ」のみのこと
ビオワイン 「ビオ」「ビオディナミ」を含んだいわゆる「自然派」的な考え方のワイン

この中で、ビオワイン をトータル的に重要なものとして取り上げます。

「ビオロジー」とは?

ワインに関し、最大の転換期の1つが1900年代の戦後間もない頃。
産業復興として、公的機関が主導となり、農産物栽培・ワイン造りが最大限に儲かるような最新テクノロジーが導入・推進されました。
その最新テクノロジーとは、
  農業プロセスの機械化
  化学物質(殺虫剤や農薬、科学肥料など)の使用
と、主にこの2つ。この導入によって労働コストは飛躍的に削減されました。

しかし、それによりワインの味わい的な品質の低下と安全性的な品質の疑問という、2つのことが問題となってきました。
「ビオロジー」とは簡単に言うと、この時の最新テクノロジー導入以前のブドウ栽培、ワイン造りに戻ろうとすることです。 それは一言「自然であること」。可能な限り自然な農産物(ブドウ) ・その副産物(ワイン)を造る、といういうことに集約されます。

「ビオディナミ」とは?

基本的には、ビオロジーが前提条件。 その上で、さらに天体運行の利用といった独特の方法を用います。
農業と宇宙と一言で片付けてしまうと、一見そのつながりを見出せずに 戸惑ってしまいます。実際なにか魔術めいたものとして誤解されること もよくあります。
しかし、そもそも太陽の光と熱が地球の農産物になくてはならない要素が 当たり前であるとするならば、農業と宇宙という考え方はごく自然なこと だと思いませんか?
もっとも現実の「ビオディナミ」の実施では、現在の科学では実証されていな い行動が含まれているため、不明な部分も少なくないことも事実です。


このように「ビオロジー」と「ビオディナミ」に違いがあります。

しかし、ここで重要なことは両方とも「可能な限り自然な農産物(ブドウ)・その副産物(ワイン)を造る」が主眼であること。

ですから、現在では自然派ワインという言葉も一般的になりましたが、2つの違いをふまえた上で、総称としての 『 ビオ 』を今後、重要視したいと思います。






 

栽培と醸造というビオの2つのプロセス

最近、特に「ビオワイン」に詳しいワインの専門家の間では、偽物のビオワインの問題への嘆きの声がよく聞かれます。

原因の1つは金儲けのためにビオワインを言葉だけで謳う造り手がいるからです。「ビオワイン」が話題であることを利用。

しかし、そういった悪意的な原因とは少し別の要因・・・・

「ビオワイン」が、ビオのブドウ栽培オンリーであった頃から発展し、現在ではビオのブドウ栽培 〜 ビオのワイン醸造までの一貫性にまで、プロセスが発展していったことと無関係ではないような気がします。

ほんのつい最近まで「ビオ」はブドウ栽培のプロセスに関してのみしか語られませんでした。

しかし現在ワインの造り手の現状で、ブドウ栽培からワイン醸造までの全ての一貫プロセスにより初めて「ビオワイン」と呼べるという考え方に変わっています。
つまり、本当は「ビオ」ではなくて「ビオワイン」ということ。
現在言う「ビオワイン」とは「ビオのブドウで造ったワイン」だけにとどまりません。つまり、ビオのブドウ栽培・ビオのワイン醸造の両方の観点からビオワインを考えることが現在重要なのです。
「ビオワイン」がワインが最大限に自然のものとしてという理念である以上、ごくごく自然な移行です。


ビオのブドウ栽培とは?

昔の研究ですが、あるグランクリュの畑の土壌を調べてみると、サハラ砂漠よりも微生物の数が少なかった、という調査結果があります。生物が生きる事ができない土壌が、ブドウ樹にとって健全であるはずはありません。まずは、なにをおいても土壌。そして、その延長線上としてのブドウ樹。
様々なことがありますが、主眼は、畑の土壌ブドウ樹において、化学肥料、殺虫剤、農薬、化学肥料といった化学物質を使わない方向であることが、ビオのブドウ栽培です。

ビオのワイン醸造とは?

健全性という意味で、もっとも理解しやすいのが、添加物であるSO2を可能な限り添加しない方向でのワイン醸造。その他にも、精密なフィルター処理、果汁から水分だけを抜き取る故意的な濃縮ワイン等に対して、「過度の人工的処置の否定」も大きな意味ではビオワイン醸造の理念の1つかもしれません。
醸造自体の本質は、自然物を人間が加工する作業です。 しかし、過度・不自然な人工的処置を行わないのが、ビオのワイン醸造です。
ただし!・・・・ 過度・不自然な人工的処置を行わないということは、実はかえってコスト的にも技術的にも大変な作業であるということは、忘れないでください。


【代表的な認証機関】

・認証はあくまで、その原料となった「ブドウ」に対してのみ保証するもの。
・生産者によっては認証を取得していてもラベルに記載しない場合もあります。

   完全有機栽培・醸造していても取得しない造り手がほとんどです。
   認証取得には興味がありません。取得にかかる費用も馬鹿にできません。
   本物の造り手達の興味は『いかに毎年美味しいワインを造るか』だけなのです。

◆エコセール(ECOCERT)
フランスに本社をおく世界最大級のオーガニック製品認証団体。世界70ヶ国以上が加盟しています。EU諸国ではオーガニック製品に関する法律が施行されており、認証には品質や肥料だけでなく土壌検査や集荷場所、保管場所、種子管理から広告物まで、多岐にわたりチェックがされます。

◆AB(Agriculture Biologique)
フランス政府の厳しい基準をクリアした栽培から全ての工程で、添加物などを一切含まない食品にのみ使用することが許されています。添加物である酸化防止剤の使用上限についても、EUの定める使用基準上限の3分の2までと厳しくなっています。

◆デメテール(demeter)
ドイツを中心にルドルフ・シュタイナー博士の農業講座(ビオディナミ農法)の実践をしている団体で、ビオディナミ農法に則ってぶどう栽培が行われていることを証明しています。



自然派ワイン
ビネール 新井順子 フレデリック・コサール
クリスチャン・ショサール(ナナ) ティエリー エリーズ・ブリニョ
モンショヴェ ジャン・フォイヤール 大岡武彦















同梱について


 お気に入りページに追加

・お支払いは、クレジットカード・代金引換・銀行振込がご利用いただけます。もしくは直接お店でお支払いいただけます。

クレジットカードのセキュリティはSSLシステムを利用しています。カード番号は暗号化され安全に送信されますのでご安心ください。
>>>詳細はこちら
 
・商品がお手元に到着後、すぐにご注文内容とご確認下さい。

・お客様のご都合による返品は原則としてお受けいたしかねます。 ワインは「食品」ですので何卒ご了承下さい。

・商品の品質管理には細心の注意を払っておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、またご注文と異なる商品が届いた場合は商品到着後8日以内に当店までご連絡ください。当店が責任を持って速やかに対処させて頂きます。

お問い合わせはこちらからどうぞ!
(TEL)042-374-3880
 
・配送はヤマト運輸でお届けいたします。
※直接店頭にご来店の場合送料は無料です。

・当店では<全国どこでも均一料金:沖縄含む>
 通常便は850円(込)、クール便は1100円(込)
>>>詳細はこちら
 
・営業日16時までのご注文は即日当店発送。(日曜定休日)

・お届け日指定はご注文日から2週間以内でお願いします。

・お届け時間指定:
>>>詳細はこちら
・未成年者の飲酒は法律で固く禁じられております。

・未成年者への酒類の販売はいたしておりません。
 
Copyright (C) 2010 有限会社森沢商店 All Right Reserved.