ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


営業日カレンダー
2018年9月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
2018年10月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
実店舗は土・日・祝日も営業いたしております。
カテゴリトップ > 雛人形・ひな人形特集 > 雛人形(ひな人形)七段飾・15人飾り
カテゴリトップ > 雛人形・ひな人形特集 > 名匠・作家の雛人形 大橋弌峰
カテゴリトップ > 雛人形・ひな人形特集 > サイズで選ぶ雛人形 間口100cm以上(超豪華ボリュームサイズ)
カテゴリトップ > 雛人形・ひな人形特集 > 価格で選ぶ雛人形 100万円〜

大橋弌峰作 大極殿

朱雀大路 大極殿 束帯雛 黄櫨染 七段飾

150 5,100,000
日本文化の神髄 大極殿 雛人形・大極殿とは1 雛人形・大極殿とは2 束帯雛

お顔

京人形の頭師の最高峰、川瀬猪山の作品、凛とした表情のお顔です。姫の冠の根元には絵櫛という細やかな絵が描かれた木製の飾櫛をあしらいました。

男雛・女雛

有職の伝統と美しさを継承する京都の名匠伝統工芸士大橋弌峰作の有職雛人形。着せつけやお人形のシルエット、技やこだわりにおいても雛人形界の最高峰といっても過言ではない雛人形となっております。 久宝堂での雛人形制作の実演の際にも、伝統に培われた技術、そのこだわりを見る事ができます。大橋弌峰氏より作り出される雛人形の中でも最高峰であるこの作品をぜひその目でその手で感じていただきたいと思います。

有職雛とは

公家の装束を正しく考証して作られた雛人形。男雛の衣装は儀式の際に天皇陛下だけがお召になる黄櫨染(こうろぜん)で、女雛は十二単、「おおすべらかし」の髪型です。

三人官女

大橋弌峰作の官女。女性らしいしなやかな動きを表現しています。向かって右から長柄銚子、嶋台、加銚子をもつ宮中の女性です。白い着物に緋の長袴、真中の女性は年増で袂は短く眉を剃り鉄漿(おはぐろ)をしています。

五人囃子

大橋弌峰作の格調高いたたずまいの五人囃子。能楽を奏でる五人の少年です。右から謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓。能舞台の囃子方の並び順に準えます。

随身

大橋弌峰作の随身。りりしいたたずまいの武官姿の男性です。靴を履いています。左大臣・右大臣などとよばれていますが俗称です。右側が上位で年齢も上です。

仕丁

大橋弌峰作の仕丁。いきいきとした表情の下働きの従者三人組です。右から笑い上戸、怒り上戸、泣き上戸。めでたい酒宴の最中です。

サイズ

幅150cm×奥行190cm×高さ190cm。
現代の名匠、伝統工芸士たちの芸技の粋を集めた、文化的価値のある有職雛人形となっております。

作品について

有職京人形司 大橋弌峰作の雛人形。
三人官女、五人囃子、随身、仕丁、15人のお人形すべてが最高級の大橋弌峰作の雛人形。
そして内閣総理大臣賞受賞の9品揃え「黄金の宴」の御道具。贅の限り、技術の粋を極めた文化的価値もある至高の逸品です。
姫の衣裳も有職文様を用いた格式と伝統を重んじた衣裳となっております。
季節感や風情、日本人の愛する情感が描かれています。 ※有職とは平安時代に日本で独自に発展した織物で、貴族、特に有識者の間で 親しまれたことから、この呼び名が付いたと言われます。

大橋弌峰

大橋弌峰の受賞歴

造形
一枚一枚丹念にこてをあて丁寧に仕立てあげることにより、気品ある姿の姫、威厳と風格を持った殿が生み出されます。
裁断・縫製・着せ付け・腕折(かいなおり)などの下仕事から完成までの全工程を高い技術を持った工芸士が行うのでこの美しい姿が生み出されます。
この徹底したこだわりと妥協なき下仕事こそが真似のできない優美さやしっかりとした仕上がりを生む秘訣です。
練り手(人形の手)
桐の木を削り、針金を刺して指を作る。そこに胡粉(ごふん)を塗り乾燥させます。塗りと乾燥を何度も繰り返す100年前と同じ製法で作られています。
京の伝統工芸士『澤野正』が一本一本時間をかけ手作業で作る練り手には、人の手の持つ独特の丸み・しなやかさが表現されています。
女雛衣装
五衣唐衣裳装束といい、唐衣、裳、表着、五衣、単、長袴からなる十二単になっています。
丁寧で正確な仕立ての妙技が、完成したときの美しい姿、品のある佇まいを生み出します。
女雛の仕立て
五衣は「くれないのにほい」とよばれる色目で、紅梅が春に向けて色濃く染まって行く様を表現した美しい同系色の襲ねです。
季節感や風情、日本人の愛する情感が描かれています。
男雛衣裳
平安貴族の実際の束帯衣裳である縫腋御袍(ほうえきのごぼう)を忠実に再現した仕立ての殿衣裳
生地に強い糊をほどこし、折り目をつけた、鋭く直線的な姿が魅力(強装束)
衣裳にあえてシワをよせたり、ふくらみを持たせた状態で強い糊で固め強く大きく見せる強装束は平安時代の男性貴族のたしなみでした。
男雛の仕立て
大橋弌峰の仕立ての特徴として、蛤のように豊かなふくらみを見せている男雛の袖口があります。これには非常に高度な技術が必要とされます。
威厳、風格を表しています。

裂地

黄櫨染
京雛の代表的な装束である黄櫨染天皇が重要な儀式の際に着用する格式高いお衣装永遠の定番といえます。殿のお色味は、真昼の太陽を意味しています。桐・竹・鳳凰・麒麟の4種類の紋が、長方形の筥形紋(はこがたもん)で表されています。

台・屏風・道具・花

屏風
京都の北村松月堂の屏風を使用。伝統的な製法を貫き伝統工芸士が作る屏風。
道具
内閣総理大臣賞受賞の木製9品揃え「黄金の宴」
京都伝統工芸 京造花「雲上流御殿花」
ぼんぼり
土台部分は菊の花弁のように模られ伝統的な高級木製雪洞です。ほんのりと明りが灯り、ひな祭りを楽しく演出します。ホヤに描かれた桜の柄は、職人により手描きで絵付けされています。

京都北村松月堂の屏風を使用。伝統的な製法を貫き伝統工芸士が作る屏風は他の金屏風とは違います。緋毛氈に最も映える木製道具は、盛り上げ蒔絵で仕上げた品格ある重厚な内閣総理大臣賞受賞の木製9品揃え「黄金の宴」。桜橘は手作りの細やかさが光る京都御所にならった伝統的な右近の橘、左近の桜です。京都伝統工芸 京造花「雲上流御殿花」の桜橘です。雪洞は土台部分は菊の花弁のように模られ伝統的な高級木製雪洞です。ほんのりと明りが灯り、ひな祭りを楽しく演出します。ホヤに描かれた桜の柄は、職人により手描きで絵付けされています。

商品番号 ds5-7531-161
商品名 朱雀大路 大極殿 束帯雛 黄櫨染(こうろぜん) 七段飾
幅×奥行×高さ(cm) 150×190×190
セット内容 親王揃(親王台付)・三人官女・五人囃子・随臣・仕丁・屏風・木製雪洞・桜橘・木製お道具九品揃え・毛せん・写真立てオルゴール・お手入れセット・飾り方のしおり

特典


雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染(こうろぜん)七段飾

大きい画像を見る

雛人形朱雀大路大極殿束帯雛黄櫨染こうろぜん七段飾

大きい画像を見る

雛人形(ds5-7531-161)
雛人形 大橋弌峰作 朱雀大路 大極殿 束帯雛 黄櫨染 こうろぜん 七段飾

商品番号  ds5-7531-161
価格
5,100,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
在庫切れです

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
のし記名可
ギフト対応