現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

第2回 3日目




営業日カレンダー
2018年5月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
2018年6月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日
配送休業日
配送のみ

【3日目】

 いよいよ紅茶の産地、ヌワラエリヤへ。

 見渡す限り一面、紅茶畑が広がり始めます。










キャンディーからヌワラエリヤを目指します。途中、
プッセラワという小さな町で、紅茶休憩。
ここもずいぶんときれいになりました。
じわりじわりと標高が上がるにつれ、ピンと張りつめたような
冷たい空気に。見渡すと一面が茶畑になっていきます。
 ラブケリーティーセンターにて、紅茶休憩。
 いろは坂も真っ青の、くねくね道の途中にあり、
 ちょうど一休みしたくなる頃です。
私たちが休憩しているあいだ、ティーセンターの女性も
紅茶休憩中♪
彼女は10年前からずっといます!
   
すごく寒くなってきました。バス停で待っている男性は、
マグカップで紅茶を楽しんでました。
まず訪れたのは「ヌワラエリヤ茶園」。ここでは、ヌワラエリヤ
では珍しく「ロウグロウン」製法で紅茶を作っています。
揉んで製茶する作り方を学びました。
1年も前からこの日のアポ取りをしていたにもかかわらず、
現場は「聞いてないよー」と。
こちらも「聞いてないよー。知らないなんて…」
…これが、スリランカリズムです…。
昼食は、ヌワラエリヤの街中にある「ヒルクラブ」へ。
昔はイギリス人総督たちの集まる由緒正しい場所でした。
女性は正門から入れず、裏口にある小さな門から
出入りするだけでした…。
   
ランチの後は、ヒルクラブ内の暖炉のある部屋へ。
寒くて寒くて…、あたたかい紅茶を待ってました!
そのあと訪れたのは、ヌワラエリヤの名門「ペドロ茶園」。
ミツ店長ここに3カ月いた、懐かしい想い出がたくさんある
茶園。
   
ちょうど、摘んだばかりの生き生きとした葉っぱが、
トラックで回収されて工場に運ばれてきていました。
製茶工場の入口。。
工場でできたばかりの新茶のテイスティングを、
学びます。
泊まるホテルは…ココ?! 製茶工場?! …いえいえ製茶工場を改築した、ティーファクトリーホテルです!今日はサリーパーティーだ!
   
   
 嬉しいウェルカムドリンク。ここは、紅茶とハーブのブレンドが出てきました。外は、びっくりするくらい寒くなってきたヌワラエリヤ。少し甘いこの紅茶で、カラダが温まります。 ホテルのロビーには、こんな演出も。茶園のど真ん中にあるこのホテルならでは。積み立ての葉っぱが、計量されています〜。 

                                                ▼4日目へ。。。 



 お気に入りページに追加