ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

甲和土青釉 カップ&ソーサー(甲和焼き/陶器甲和土青釉 カップ&ソーサー)



営業日カレンダー
2018年1月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
2018年2月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
休業日
配送休業日
配送のみ

カテゴリトップ > 種類別 > 日用品雑貨 > 食器 > グラス・カップ
カテゴリトップ > 工芸者別 > 林 信弘
カテゴリトップ > 食器・日用品 > 食器・陶器・茶器

【甲和焼き】 甲和土青釉 カップ&ソーサー

甲和土青釉 カップ&ソーサー

 

「甲和焼き」とは…

小岩の土を使った焼き物で、仕上がりは備前焼のような茶色になります。
陶芸家の林さん(工房名:芝窯(れいしょう))が長い年月をかけて生み出した独自の技法による焼き物です。
甲和焼きという名前は、小岩のかつての名称“甲和里”に由来します。
 
↓精製する前の小岩の土。

 

焼き物に適さない小岩の土!?

小岩の土、東京の土は、富士山の噴火によって積もった火山灰によってできた”関東ローム層”という地質です。鉄分やアルカリ分が多く火力に弱い性質があり、焼き物には適していません。また、燃焼による縮みが大きい為、歪みやすいのも特徴です。その為、東京を江戸と称した以前よりも焼き物の伝統は皆無でした。

扱いが非常に難しい小岩の土を陶芸家の林さんが長い年月をかけて焼成温度や粘土の精製方法など様々な工夫を凝らし、小岩の土だけで焼き物を作ることに成功しました。
 
現在は、独自の調合による釉薬や他の土を使用した、小岩の土を基本とする様々な表情を見せる陶器作りにも励んでいます。
 


甲和焼きは、

買えば世界中の材料が手に入る時代
だからこそ、自分が生まれ育った
土地の土で焼きたい。

という林さんの強い思いから生まれました。


 
.
陶芸 陶器

林 信弘

はやし のぶひろ

● 昭和56年 日本陶芸展入選。
● 「甲和焼き」の元祖。

江戸川区小岩で生まれ育ち、小岩の土を使った地元密着型の焼き物を
手掛ける陶芸家。都内では珍しい灯油窯を使用。
焼き物の土としては大変扱いが難しい小岩の土を長年の研究により、
100%小岩の土を使った焼き物を作りあげることに成功した。
現在までに江戸川伝統工芸展区長賞、技能賞など多数の賞を受賞。
江戸川区内の土や泥、植物の灰などを使用した天目釉(天目茶碗)の
開発にも日々取り組んでいる。

.


甲和土青釉_カップ&ソーサー


甲和土青釉_カップ&ソーサー


甲和土青釉_カップ&ソーサー


甲和土青釉_カップ&ソーサー


甲和焼き/陶器
甲和土青釉 カップ&ソーサー

江戸川区小岩の土100%で作り、カップの取っ手を銀杏のデザインに仕上げました。
地元小岩の欅(けやき)の灰を加えた釉(うわぐすり)を掛け、土に含まれる鉄分と作用して綺麗に青く発色したカップ&ソーサーです。

※1つ1つ手作りの為、サイズや色合いに若干の個体差がございます。
  • [ サイズ ]
    カップ:直径約9cm×高さ6.4cm
    ソーサー:直径約11.3cm×高さ約2.3cm
  • [ 素材 ] 陶器
  • 日本製
ご注文日より1〜3日以内に弊社より発送。
(※弊社休業日は発送業務もお休みです)
配送方法: 宅配便のみ


商品番号  19h003
価格
8,000円 (税込 8,640 円) 送料別
一週間以内に発送
売切れの為、ご注文を締め切っております

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送