現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(金)9:59まで このショップに投票する






トコちゃんベルト2

トコちゃんベルト2
トコちゃんベルト2の単独巻き
トコちゃんベルト2の単独巻き

妊婦さんの基本ベルト です。

腰や尾骨が痛む方はもちろん、痛みのない方も、妊娠がわかった時から、トコちゃんベルト2 を巻きましょう。

妊娠中は、ホルモンの影響で、関節をつなぐ靱帯が緩むため、骨盤が緩み、子宮や胃腸などの内臓が下垂しがち。 産後の大尻、下腹ポッコリ体型のルーツがここにあります。妊娠は、女性の一生にわたる健康維持のキーポイントです。

逆に言えば、もともと骨盤に歪みや緩みを持つ方は、妊娠中は骨盤を支え、整えて、いい形にもっていくチャンス!

トコちゃんベルト2は、産後何年経っても、また、男性や年配の方にもお使い頂ける便利なベルトです。



ダブル巻き2−1
ダブル巻き2−1
出産直後はもっとも恥骨結合が緩んでいます。歩くときは、出産後すぐに巻く直後ケアベルトの上にトコちゃんベルトを重ねて巻く、ダブル巻き2-1をしましょう。シャワーのときは、濡れても平気なゴムチューブが便利です。

そのほかの時は、健美ベルト(または、トコちゃんアンダーベルト または さらし ※S字フックが気にならなければ、直後ケアベルトでも可)+トコちゃんベルト2 の「ダブル巻き2-1」をしていただくのが快適です。

妊娠後期や、産後、恥骨の真ん中をぐっと押したときに痛みや違和感、引っかかる感じを持つ方が、たくさんいらっしゃいます。そのようなときは必ず、トコちゃんベルト2のみを巻くのではなく、ダブル巻き2-1にしましょう。

とりわけ、妊娠後期になってからケアを始めた方場合は、骨盤の緩みが進んでしまっている方がほとんどです。そのような方にも、ダブル巻き2-1がおすすめ。骨盤を前方向と後ろ方向に同時に支えるダブル巻きをしましょう。

また、お腹が前にせり出して姿勢が崩れたり、おへその下の腹直筋が縦に割れてしまう「腹直筋離開」になりかかったりしていることも少なくありません。そのような方は、トコちゃんベルトにマジックテープでとめられる、トコちゃん妊婦帯1を着けて、お腹を支えることをお勧めします。

同時に、ゴムチューブ体操や、操体法で骨盤を整えるとなお効果があがります。

トコちゃんベルト 2 のみでも、大丈夫な人もいます。ご自分が気持ちよいと感じられるケアをするとよいです。



ダブル巻き2−2
ダブル巻き2−2
なかには、下に巻く健美ベルト等を、トコちゃんベルト2と同じ方向に巻く、ダブル巻き2-2が快適な方もいます。

ダブル巻き2-1と、ダブル巻き2-2を両方試して、快適な方法で着けましょう。どちらが快適かは、各人の骨格によっても、その日の体調によっても変わることがあります。

ただし、出産後1〜2週間は、かならず、ダブル巻き2-1 をして、恥骨結合の回復を図るとともに、後ろ方向にも骨盤を支えましょう。







トコちゃんベルト1
トコちゃんベルト1
トコちゃんベルト1の単独巻き
トコちゃんベルト1の単独巻き

トコちゃんベルト1は、骨盤を後ろから前に支えるベルトで、恥骨結合が開いているときや、緩んでいるときに即効性があります。恥骨の真ん中をぐっと押したときに、痛み、ひっかかる感じ、違和感などをもった方は、恥骨結合に緩みやズレがあります。トコちゃんベルト1を使ったケアをお勧めします。

緩んだ恥骨結合を回復させるために、トコちゃんベルト1 を左右から引っ張って固定した上に、さらに外ベルトをマジックテープでダブル止め。サポート力がバッチリです。

ただ、トコちゃんベルト1 はトコちゃんベルト2に比べて、上手に着用することが難しいですし、ベルトを2種購入することが困難な場合は、まずは、健美ベルト(または、トコちゃんアンダーベルト または さらし ※S字フックが気にならなければ、直後ケアベルトでも可)+トコちゃんベルト2 の「ダブル巻き2-1」で対応していただいていいと思います。症状が重く、ダブル巻き2-1では対応できない場合は、トコちゃんベルト1を使って、ダブル巻き1-2をしましょう。

出産直後は、血液で汚す心配がありますので、トコちゃんベルト1のかわりに、使い捨てタイプの直後ケアベルトを使用するのがおすすめです。直後ケアベルト(又は 健美ベルト 又はさらし)は、出産準備品として用意しておいて間違いありません。

骨盤高位の姿勢で骨盤を支えると、分娩時出血の量が減ったと報告されています。子宮が下がると、子宮から心臓へ血液を運ぶ静脈の流れが悪くなり、心臓に戻れなくなった静脈血が、出血すると考えられています。

そこで、出産直後は骨盤高位の姿勢で、直後ケアベルト(又は健美ベルト 又はさらし)を着用し、子宮を正常な位置に戻してあげましょう。



ダブル巻き1−2
ダブル巻き1−2
恥骨の真ん中をぐっと押したときに、痛み、ひっかかる感じ、違和感などをもった方は、恥骨結合に緩みやズレがあります。トコちゃんベルト 1 を使ったケアをお勧めします。

トコちゃんベルト1 は、後ろから前の方向に締めますが、その下にトコちゃんベルト 2を巻いて前から後ろ方向に締める通常のケアも必要です。ただ、ベルト2本を同時に巻くとかさばりますので、トコちゃんベルト2の代わりに健美ベルト(または トコちゃんアンダーベルト または さらし)を用いたダブル巻き1-2 が快適です。

ただ、トコちゃんベルト1 はトコちゃんベルト2に比べて、上手に着用することが難しいですし、ベルトを2種購入することが困難な場合は、まずは、健美ベルト(または、トコちゃんアンダーベルト または さらし ※S字フックが気にならなければ、直後ケアベルトでも可)+トコちゃんベルト2 の「ダブル巻き2-1」で対応していただいていいと思います。症状が重く、ダブル巻き2-1では対応できない場合は、トコちゃんベルト1を使って、ダブル巻き1-2をしましょう。

ダブル巻き1-2によるケアを続けて、恥骨に違和感がなくなれば、ダブル巻き2-1 に戻してください。トコちゃんベルト 2 だけでなく、同時に後ろから前方向にも巻くことが必要です。そしてなお落ち着けば、トコちゃんベルト2のみのケアに移行します。



ダブル巻き1−1
ダブル巻き1−1
なかには、下に巻く健美ベルト等を、トコちゃんベルト1と同じ方向に巻く、ダブル巻き1-1が快適な方もあります。

ダブル巻き1-2と、ダブル巻き1-1を両方試して、快適な方法で着けましょう。どちらが快適かは、各人の骨格によっても、その日の体調によっても変わることがあります。












 お気に入りページに追加