現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

PERCEVAL(ペルスヴァル)



おすすめデイリー ミシェル・クーヴルー la Sorga ラ・ソルガ
ビッグボトル Perceval ペルスヴァルのテーブルナイフ Strohmeierシュトロマイヤー
送料無料 希少なオールド・ヴィンテージ古酒 モディカチョコレート・サバディ
新入荷ワイン! ギフトラッピングについて 純胡椒


PERCEVAL  ペルスヴァル

PERCEVAL ペルスヴァル

Paradoxes maîtrisés (これまでの常識を覆す、職人技)
Opiniâtreté insouciante (向こう見ずで、粘り強い)
Superflu indispensable (必要不可欠な贅沢品)
Non conformisme encadré (枠にとらわれない、自由な発想)
アトランスやアラン・デュカスなどの三ツ星レストランをはじめ、世界中の実力派シェフが愛用する、6世紀に渡り刃物の街として栄えるオーヴェルニュ地方、ティエールにアトリエを構えるナイフ工房。

パリ14区の一ツ星レストラン「ラ・メゾン・クルティーヌ」のオーナーシェフ、イヴ・シャルルは、レストランのオーナー・シェフ時代、切れ味の良いテーブルナイフを探していました。ペルスヴァルの折り畳みナイフの切れ味を気に入り、工房を訪問。テーブルナイフをオーダーしたが、難易度が高いと断られたことから、工房自体を買い取り、究極の切れ味のナイフ作りを目指すことで意気投合し、職人たちと研究に着手。三ツ星シェフたちの意見も取り入れながら、持てるノウハウを注ぎ込み、素晴らしく切れ味の良い刃身と洗練されたデザインを持つフラッグシップモデル「9.47」を完成させました。

独自のステンレス鋼を開発し、組み立て、研磨、仕上げは全て手作業で行っているほか、柄の素材としてオリーブ、黒檀、柘植、更にはアリゾナの砂漠で3000年経過し化石化した最も硬度の高い木であるデザート・アイアン・ウッドや、象牙、隕石、翡翠などの希少素材を用いた美しさにより、フランスの職人的手工業製品で最も輝かしい成功を収めた工房へ贈られる賞「スター&メティエ」2012年度グランプリを受賞。

Un couteau : Le 9.47/ナイフ:9.47

9.47という名前の由来をご存知ですか? これは食卓、そしてワインにまつわるお話です。2004年の終わり、イヴ・シャルルのパリのレストランでのこと。イヴの友人達は和気あいあいと食卓を囲み、素晴らしいマグレ・ド・カナール(鴨の胸肉)を今まさに賞味しようとしていました。何人かがポケットから取り出したのは、ペルスヴァルの折りたたみナイフ。鴨肉はそのナイフを使うと素晴らしくきれいに切れるのに、レストランのテーブルナイフだと、お皿の上をむなしく転がるばかり。イヴは叫びました。

「このル・フランセという名の折りたたみナイフと同じくらいよく切れるテーブルナイフはこの世の中にないのか?」

そのとき、ナイフが持つべき本来の機能・切れ味というものに考えが至ったのでした。テーブルナイフの切れ味もこの折りたたみナイフと同じでなくてはならない。この計画をめぐって、その晩、あれやこれやの話し合いの末に出た結論は、作られるべきテーブルナイフは、そのインスピレーションの源となったナイフと同じシルエットを持つべきだというもの。そして、クリエイティヴなこの長い話し合いを活気づけたのは、醸造家である友人、ステファン・マジョーヌがこの食事会のために持参した自作のワインだということは、皆の認めるところでした。そのワインとは、ドメーヌ・ド・ペイラ、アルコール度9.47のプリムール。こうして、このナイフは9.47と名付けられたのでした。

Un personnage : Yves Charles/イヴ・シャルルの人となりと挑戦

「十分にしてほしければ、自分でせよ」という言葉があります。2005年、パリの星付きレストランのシェフだったイヴ・シャルルは、ペルスヴァルの名高い折りたたみナイフ、ル・フランセをポケットに入れて、かねてからの不満を解消するべくティエールを訪れます。最高の鋼鉄でできたそのナイフと同じくらいよく切れるテーブルナイフを、自分のレストランのために作ってもらえないかと願って。しかし、最高の評判を持つそのナイフ工房にとっては、テーブルナイフは興味をそそらない存在でした。当時ペルスヴァルで作られていたテーブルナイフは、個性のないデザインで、6本セットで売られていました。焼き入れの処理も折りたたみナイフほど正確ではありませんでした。イヴ・シャルルは自分のレストランのために最高のテーブルナイフを望んでおり、そのためには伝統をも覆す覚悟でした。ナイフ工房への2回めの訪問で、イヴ・シャルルはその思いをさらに強いものにします。そしてとうとう3回めの訪問で、中途半端なことをするのを好まない彼は、1996年にエリック・ペルスヴァルによって創設されたこの企業を買い取って、自らテーブルナイフを作ることを決めたのでした。

こうして、折りたたみナイフの素材と同じスウェーデン鋼で作られたテーブルナイフの最高峰、9.47が誕生しました。イヴ・シャルルは出来上がったばかりのナイフを自分のレストランで使いはじめ、それはすぐに評判を呼びました。 一般家庭の主婦からミシュランの星付きレストランのシェフに至るまで、今や「9.47でなければ意味がない」と言われています。

この投資が実を結び始めると、伝統的な技術に最新のテクノロジーを適用するという新たな可能性が開けました。ナイフの知名度が上がるにつれて、レストランを続けるかペルスヴァルの経営をとるかの選択を迫られていたイヴ・シャルルは、新しいことに挑戦しようと後者を選択します。2008年以来、彼はすべてのエネルギーをペルスヴァルに注いでいます。

地域に根ざす伝統的なナイフ産業に、新世紀の分野横断的なアプローチを結びつけたところにイヴ・シャルルの才能があると言えるでしょう。それまでほとんど顧みられることのなかった商品へのニーズを作り出すこと、そしてティエールを世界に向けてのショーケースにすること、この2つにイヴ・シャルルは成功したのです。今日ペルスヴァルのテーブルナイフは、最も贅沢な折りたたみナイフとともに、"MUST HAVE"(必須アイテム)となっています。その後、イヴ・シャルルは、まるでファッションデザイナーのように、パリでたいへん人気のある肉屋(ユーゴ・デノワイエ)のためのモデルを発表しました。

ナイフの歴史に刻まれるペルスヴァルの成功は、献身的なプロフェッショナル達のチームワークの賜物です。ナイフ職人達はイヴ・シャルルとともに、さらに美しく信頼性の高い製品を作るために努力を続けています。そして彼らは、仕事への愛情を若い職人達に日々伝えています。時が来れば、そのまた次の世代へと技術が引き継がれていくように。


並び替え

 1件 〜 8件 (全 8件) 







テーブルナイフ「9.47」2本セット(赤)ペルスヴァルPerceval 9.47-2 Table Knives (Rosso)
21,600円  税込、送料別

テーブルナイフ「9.47」6本セット(赤)ペルスヴァルPerceval 9.47-6 Table Knives (Rosso)
54,000円  税込、送料別

テーブルナイフ「9.47」2本セット(アイボリー)ペルスヴァルPerceval 9.47-2 Table Knives (Ivory)
21,600円  税込、送料別







テーブルナイフ「9.47」6本セット(アイボリー)ペルスヴァルPerceval 9.47-6 Table Knives (Ivory)
54,000円  税込、送料別

ペティナイフ(1本)ペルスヴァルPerceval Petit Knives
2,160円  税込、送料別

テーブルナイフ「9.47」2本セット(ブラック)ペルスヴァルPerceval 9.47-2 Table Knives(Black)
21,600円  税込、送料別





 
テーブルナイフ「9.47」6本セット(ブラック)ペルスヴァルPerceval 9.47-2 Table Knives(Black)
54,000円  税込、送料別

テーブルナイフ「9.47」6本セット(トリコロール)ペルスヴァルPerceval 9.47-2 Table Knives(Tricolore)
59,400円  税込、送料別

 

1件 〜 8件 (全 8件)

※商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございます。ご注意ください。
通常商品  予約商品  定期購入商品  頒布会商品



 お気に入りページに追加