現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

レ・カプリアド(パスカル・ポテール)



おすすめデイリー ミシェル・クーヴルー la Sorga ラ・ソルガ
ビッグボトル Perceval ペルスヴァルのテーブルナイフ Strohmeierシュトロマイヤー
送料無料 希少なオールド・ヴィンテージ古酒 梶田商店の天然醸造醤油
新入荷ワイン! ギフトラッピングについて 純胡椒



Les Capriade/Pascal Potaire レ・カプリアド/パスカル・ポテール

現オーナー、パスカル・ポテールがワイン造りをする以前は、ル・マンにある大型惣菜雑貨屋のワイン売り担当とし 働いていました。以前からワインづくりに興味を抱いていたパスカルは、1995年に惣菜雑貨屋を辞め、ジャニエールで当時ヴィニュロンで旧友でもあったニコラ・ルナールと一緒に畑を借りてドメーヌを立ち上げます。1997年の終りに畑所有者と折り 合いがつかなくなった彼らは、翌年の1998年にヴヴレーに移り、当時ポニアトウスキー公爵が所有していたクロ・ボード・アンの畑の醸造栽培責任者として迎え入れられます。

2001年にニコラ・ルナールがクロ・ボードアンを辞めルメール・フル ニエに移った翌年、パスカル・ポテールもドメーヌを去り、2002年から新井順子氏のドメーヌ・ボワルカで醸造栽培責任者として働き、それと平行して彼自らも2003年から1.5haの畑と醸造所を手に入れワインをつくり始める。2005 年にボワルカを退職後、正式にドメーヌ・レ・カプリアードを立ち上げます。

2005 年から季節労働者として毎年収穫等に参加したモーズ・ガドゥッシュが2010年から本格的にドメーヌのメンバーに入り、2011年9月、モーズ・ガドゥッシュと共 に共同経営として、ドメーヌとネゴシアンも兼ね備えた新生レ・カプリアードを立ち上げ現在に至ります。 所有面積2.5ha、育てている品種は樹齢8〜50年の、シャルドネ、シュナン・ブラン、ムニュピノ、ソーヴィヨン・ブラン、ガメイ、コー、カベルネ・フラン。


パスカル・ポテール…私のワイン人生に一番大きな影響を与えた、私にとっては恩師のような存在…。

彼と初めて出会ったのは 2004 年の初春、私がまだ自然派ワインのことをほとんど知らないまま、ただボワルカの白の不思議な味わいとビオディナミに惹かれて、新井順子氏を訪ねた時だった。彼は当時ボワルキャの栽培醸造責任者をしていた。当時の私は、まだ南のペッシュロリエの研修生で、そこでも一部ビオロジックは実践していたが、作業効率の悪さや厳しい肉体労働ゆえ、個人的にはビオ対してはむしろ否定的に物事を見ていた面があった…。

今では全く考えられないが、「ビオは非効率で無意味!除草剤や機械収穫はワインの品質に全く影響がない!」と当時は本気で思っていたくらいだ!そんな初対面で半分斜に構えていた私でもパスカルは偏見なく素直に受け入れてくれた。

1週間くらいボワルカの剪定作業を手伝い、短い滞在期間の中で彼は私に彼の持つワイン観を分かりやすく手ほどきしてくれた。以来私は、パスカルの魅力に取り憑かれ、彼に会いたいがためにわざわざ南からボワルカまで何度か足を運び、遂には彼の下で一から学んでみたいと思うようになっていった。そして、2005年の初春、ペッシュロリエからロワールに移る決心をし、ボワルキャで 1 年間研修させてもらうことになった。その時すでに彼は、自身のドメーヌに専念するためボワルキャの責任者を退職していたが、それでも、新しい仕事の引継ぎ等で彼と一緒に仕事をする機会が頻繁にあり、そこで多くのことを学ぶことができた。私自身はパスカルをきっかけに、急速に自然派ワインの世界に入り込むことになる。パスカルは当時の私を振り返ってこう言う。「最初は誰だって分からなければ、偏見があってもおかしくはない。私だってカーヴィストの時は自然派ワインのことをほとんど知らなかったし、他のワインを勧めていたのだから、立場的にはお前と同じだ!大切なのは、それが心から好きかどう かだ!」と。

彼はワイン生産者になる前はルマンにある惣菜雑貨屋のワイン売り場を担当していた。その当時から彼はビオロジックに興味があり、同時にいつか自分のワインをつくってみたいと思っていたようだ。「ビオロジックは、キノコ狩りや自然の中を歩くことが好きな私にとって必然のことであって、そもそも畑に除草剤や農薬を撒くことなど一度も考えたことがない!」彼はその後転機が訪れる。旧友のニコラ・ルナールの誘いで 1995 年、彼と共同でジャニエールにドメーヌを構え、念願であったワインづくりの世界に入る。当時ニコラはすでに自然派ワインに精通していて、この彼とのコラボレーションがきっかけで、次第にパスカルも自然派ワインの世界に入り込むようになる。「今はニコラと方向性が異なるが、当時は彼の仕事から学ぶことがたくさんあった」というパスカル。ワイン学校を出ず独学で学ぶ彼にとって、すでにビニョロンであった彼の影響はとても大きかったようだ。また、ニコラを介して、彼はグラムノンやマルセル・ラピエール、ティエリ・ピュズラ、ミッシェル・オジェ、ジャンピエール・ロビノ等たくさんの自然派ビニョロンと出会うことができた。彼は言う、「今でも忘れられない。1995 年のあるビニョロン同士の飲み会で、ジャンピエール・ロビノが 1989 年のグラムノンのメメをマグナムで持ってきた。このワインを飲んで初めて雷に打たれたような衝撃を受けた!」と。また、彼は言う「あと、影響を受けたといえば、一人絶対に忘れてはいけない人物がいる。それはクリスチャン・ショサールだ!」と。1995 年に彼と出会わなけれ ば、「今自分のつくるペティアン・ナチュレルは存在しなかった!」と言うパスカル。以降、彼が目指すワインの方向性は決まったようだ!

『ブドウ作りにしっかり手をかけ、反対に醸造は限りなくナチュラルに!』 現在、パスカルを知る人間の間では、パスカル=ペティアン・ナチュレルというイメージが定着している。特にビニョロン同士の間ではとても定評がある。パスカルが師と仰ぐクリスチャン・ショサールでさえ、彼のペティアンには一目置いている。それだけ完成度が高い、玄人に受けの良いペティアンを生産する。2011 年からネゴシアンを立ち上げ、さらにペティアンの生産量を増やし、現在、総生産量におけるペティアンの割合が 7 割に上る。彼曰く、「私自身、当時クリスチャンのペティアンを初めて飲んで、スパークリングワインのイメージが 180 度変わった。今までにない味わいに衝撃を受けた!これと同じような経験を私のペティアンを通じて消費者に伝えたい!」と。2011年、ヴァンクゥールの取引開始とちょうど時期を同じくして、モーズ・ガドゥッシュを共同経営者に迎え新生レ・カプリアードが立ち上がる!私や池谷の恩師であるパスカル・ポテールがこれからどんな素晴らしいワインをリリースしてくるのか!?今後の活躍が本当に楽しみだ!
(輸入元案内より)


 お気に入りページに追加