現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


株式会社リーバン

2,000円以上お買い上げで送料無料!

シールブックってなに?

リーバンのご案内

メールマガジン登録

よくある質問

営業日カレンダー
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
2019年10月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ

店長の部屋



ツイッター

フェイスブック

インスタグラム


株式会社リーバンはシールブックをつくり続けています

当時は洋書でしか見かけなかったものを、いち早く日本に紹介した当社のシールブック。
長い年月をかけてこどもたちに親しまれ、現在にたどり着きました。

リーバンでは、楽しみながら考え、創造力をやしなうことにポイントをおきながら、
仕掛けが盛り込まれた絵本やシールブックの制作に一から取り組んでいます。

遊びの中で指先を使い、知恵を伸ばし、集中力・発想力・推理力を育てたいと、
知育に役立つ本づくりを目指しています。

そして、常にこどもたちの健やかな心の発育を応援し、時代とともにこれからも進化してまいります。

株式会社リーバン

知的好奇心を刺激し、こどもの創造力を豊かに

外遊びが五感を豊かにするように、様々な感覚を刺激することによって、こども達の心身の発達を育むことができます。
シールブックや知育本に幼い頃から親しむことで、視覚、聴覚、触覚、認識力などの感覚が磨かれ、言葉の獲得、理解、表現力、身辺自立能力が身につくでしょう。

シールブックでのシールをはる一連の行動は、目で確認し、手でコントロールする「目と手の協応作業」であり、指先の微細運動をくり返し実施することで、ボタンはめ、チャックの開閉、ひも通しなど、身辺の自立
に向けて必要な作業能力の基本を身につけることができます。

また、カラフルな色彩で身近な物を題材としているので、大人と一緒に名前や色を確認しながら学ぶと、言語の獲得や理解につながります。シールをはりながら親子でストーリーを展開させたり、やりとり遊びをすることが、こどもの創造力を豊かにし、コミュニケーション能力を伸ばすことにつながるでしょう。

物語になぞらえて視覚的に理解を促す知育本は、読み聞かせと同じように情緒を育み、時計などの様々なことが理解できるよう工夫されています。また、音の出る絵本は、手遊びへの発展や音に注目することで、集中してお話を聞く態度が身につくことでしょう。そのどれもが、こどもの知的好奇心を刺激する楽しい仕掛けや色合いになっており、自ら楽しんで学べることでしょう。

プロフィール
臨床心理士 梅田 文乃

臨床心理士 梅田 文乃(うめだ あやの)

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科 発達臨床心理学コース 修士課程卒業。
こどもの心理判定員として、児童相談所や保健福祉センターで1歳半健診や3歳児健診での発達相談、幼児から児童、保護者への心理面接、心理判定などを担当。中学校や高等学校でのスクールカウンセラーや教育相談員、子育て講座の講師などを歴任し、赤ちゃんからティーンエイジャーまで、こどもの発達心理に造詣が深い。現在は主に自閉症児への療育相談活動に取り組んでいる。

会社名 株式会社リーバン
住所 〒167-0033 東京都杉並区清水3-16-13
電話 03-3390-5151
FAX 03-3390-5154
店舗運営責任者 営業部
店舗セキュリティ責任者 営業部
店舗連絡先 liebam@shop.rakuten.co.jp

シールブックってなに?




 お気に入りページに追加