ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


内容量が180gでお徳用になっています。

桑茶を粉砕したもので、急須が必要なく冷水でも飲めるタイプ。 青臭さや渋みがなく飲みやすい、糖分・脂分の気になる方にお勧めしたい健康茶。 豊富なミネラルも摂れます。
八戸桑茶パウダータイプ (180g) 桑茶 桑ちゃ 桑の葉茶 粉末 無農薬 桑の葉 お茶 粉茶 有機 くわ茶 桑の茶 粉末茶 国産 くわのは 粉茶 お茶 粉 パウダー 健康茶 ノンカフェインティー ノンカフェイン カリウム カルシウム 日本茶 高級 贈り物 ギフト お徳用 おいしい 美味しい
商品番号: ns-205
お気に入りに追加
お気に入りに追加
【特徴】
・ 農薬不使用
 南部桑研株式会社のある青森県は、桑茶を作っている北限にあたり、北の方ほど虫がつきにくく、農薬を使わなくてもきれいな葉が収穫できるという利点があります。 念のため、残留農薬検査も行っておりますが、420項目すべて不検出という結果ですので、安心して飲み続けられます。 南の方では、桑にアメリカシロヒトリとかカメムシが付くと聞いております。
・ 化学肥料不使用
 八戸港には飼料コンビナートがあるため、会社周辺には養豚業や養鶏業が多く有機肥料が盛んに作られていますが、だぶついているためか有機肥料が安価で手に入ります。 そのため、創業以来農薬・化学肥料不使用を無理なく継続できています。
・ 製造方法のこだわり
 桑の葉茶は桑の葉青汁と異なり、葉を蒸してから乾燥しています。 そのため、青汁よりは青臭さが感じられません。 これは、緑茶を作ってきた先人の知恵ですが、桑茶の場合深蒸しにすると桑の葉の有効成分が流される恐れがあるので、弊社ではできるだけ浅蒸しにしています。 また、緑茶では欠かせない揉捻(ジュウネンと言って葉をもむ作業)工程は省いて、代わりに茎を押しつぶす工程を加えるなど、桑茶製造に特化した製造方法を取り入れています。 この製造方法を採用しているのは弊社だけです。

【利用方法】
・ 飲む方等
 パウダータイプは、上記の方法で作られた桑茶を粉砕して粉末にしたものです。 煎茶タイプの桑茶と同じようにお湯に溶かしてもおいしいですが、冷たい水に溶かしてもおいしいお茶なので、ペットボトルの水に溶かして冷蔵庫で冷やしておき、食事時に取り出して振って飲んだり、スリムな魔法瓶に入れて持ち歩いている方もいらっしゃいます。また、パウダーは癖がないので、お好み焼き、シチュー、カレー等の料理に加えたり、パンケーキ、クッキー、和菓子等に加えるのもお勧めです。
・ 飲むタイミングや適量
 できれば、毎食事時に飲むことをお勧めします。 食事の直前から食後1時間ぐらいまでの間に、何回かに分けて飲むのが理想的ですが、1回でも構いません。 食中に飲む量としては、付属のスプーンで山盛り1杯から1.5杯ぐらいが適量です。
・ 桑の成分等
 全量口に入るパウダーなので、桑特有な糖類と桑に豊富な食物繊維や、ミネラル(特にカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分は食べ物の中でもダントツに多い)が摂れるという利点があり、糖分・脂分の気になる方にお勧めできます。 また、カフェインがないので、夜に飲むこともできますし、妊婦さんにもお勧めできます。



ショップへ相談