ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


煎茶 ノンカフェイン
桑茶 ノンカフェイン
国産 桑の葉茶
桑の葉茶
お茶っぱ


桑茶 ノンカフェイン 桑の葉を煎茶と同じく蒸してから乾燥したもので,急須に入れて熱湯を注いで飲むタイプ。青臭さや渋みがなく飲みやすい,糖分・脂分の気になる方にお勧めしたい健康茶。
南部八戸桑茶 (100g) 桑茶 ノンカフェイン 煎茶 国産 桑の葉茶 桑ちゃ 桑の葉 お茶 くわ茶 桑の茶 くわの葉 お茶っ葉 お茶葉 茶葉 せんちゃ ノンカフェインティー 無農薬 有機 茶 ダイエット 高級茶 農薬不使用 有機栽培 高級 おいしい 美味しい 健康茶 食前茶 贈り物 ギフト
商品番号: NS-101
お気に入りに追加
お気に入りに追加
【特徴】
・ 農薬不使用
 南部桑研株式会社のある青森県は、桑茶を作っている北限にあたり、北の方ほど虫がつきにくく、農薬を使わなくてもきれいな葉が収穫できるという利点があります。 念のため、残留農薬検査も行っておりますが、420項目すべて不検出という結果ですので、安心して飲み続けられます。 南の方では、桑にアメリカシロヒトリとかカメムシが付くと聞いております。
・ 化学肥料不使用
 八戸港には飼料コンビナートがあるため、会社周辺には養豚業や養鶏業が多く有機肥料が盛んに作られていますが、だぶついているためか有機肥料が安価で手に入ります。 そのため、創業以来農薬・化学肥料不使用を無理なく継続できています。
・ 製造方法のこだわり
 桑の葉茶は桑の葉青汁と異なり、葉を蒸してから乾燥しています。 そのため、青汁よりは青臭さが感じられません。 これは、緑茶を作ってきた先人の知恵ですが、桑茶の場合深蒸しにすると桑の葉の有効成分が流される恐れがあるので、弊社ではできるだけ浅蒸しにしています。 また、緑茶では欠かせない揉捻(ジュウネンと言って葉をもむ作業)工程は省いて、代わりに茎を押しつぶす工程を加えるなど、桑茶製造に特化した製造方法を取り入れています。 この製造方法を採用しているのは弊社だけです。このようにこだわりを持って作られた桑茶は、他社製品よりお湯を注いだ時に有効成分がお湯に溶けだしやすいという特徴があります。

【利用方法】
・ 飲む方等
 煎茶タイプの桑茶は急須でお湯を入れて飲むタイプです。お食事の時に飲む煎茶代わりに飲んで頂くと、習慣づけやすいと思います。 特に、最近はミルを持っているユーザーが煎茶タイプをお買い求めになり、自分で粉砕する方が多くなっています。 他メーカーの桑茶なら茎茶状態になっているため粉砕に時間がかかりますが、南部八戸桑茶の場合は茎がほぐれているため、粉砕も容易にできるのが特徴です。
・ 飲むタイミングや適量
 できれば、毎食事時に飲むことをお勧めします。 食事の直前から食後1時間ぐらいまでの間に、何回かに分けて飲むのが理想的ですが、1回でも構いません。 食中に飲む量としては、普通のスプーンで山盛り1杯ぐらいが適量です。
・ 桑の成分等
 お茶代わりに飲んで頂きますと、桑特有な成分と、桑に豊富な水溶性食物繊維の効果で、糖分・脂分の吸収を抑えてくれる効果が期待できます。 また、カフェインがないので、夜に飲むこともできますし、妊婦さんにもお勧めできます。



ショップへ相談