ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

オオカミのお札(一) カヨが聞いた声 ―江戸時代―(オオカミのお札(一) カヨが聞いた声…

営業日カレンダー

営業日カレンダー
2017年12月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
2018年1月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
休業日
配送休業日
カテゴリトップ > 年齢でさがす > 小学4〜6年生 > 児童書
カテゴリトップ > 価格で探す > 〜2,000円
カテゴリトップ > 児童書 > 読み物(物語) > オオカミのお札

 

オオカミのお札(一)カヨが聞いた声—江戸時代—


オオカミのお札(一) カヨが聞いた声 ―江戸時代―

商品番号  34581
価格
1,000円 (税込 1,080 円) 送料別
通常2〜3日以内に発送(土日祝除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送
小学校高学年から

「大神さま、お願いします。ナツを治してください。それから、ナツの顔に…」

オオカミは、人智を超えた存在として、祠(ほこら)にまつられた。

悪しきものをかみくだく神として。

ところが人の世には、彼ら以上におそろしいものがある。

オオカミを神としてあがめ、力を借りたいと思うほどのおそろしいものが。(序文より)

裏山の「大神さま」の祠を、代々守りついできた家系に生まれ、疫病の流行に苦しめられる江戸時代のカヨ、身近な人を戦争に送り出す第二次世界大戦時の正次、東日本大震災に大切な人を奪われる現代の美咲。

それぞれの時代の困難にのみこまれ、悩み、苦しみ、傷つきながらも、「大神さま」への祈りとともに懸命に生きる子どもたちの姿を描きます。

■著:おおぎやなぎちか 絵:中川学
■112ページ