現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは




CSR活動 Corporate Social Responsibility
私たちは少しでも世の中が良くなるように利他(善)を実践していきたいと思っています。

お客様とともに森林保全の取り組みへ

カインドオルはザ・パックフォレストと業務提携を行い、
森林保全への取り組みや持続可能な社会へ貢献してまいります。


「FOREST」とは森林保護及び植林活動を主とした事業です。
カインドオルは森林保護基金として売上の一部をNPO「地球と未来の環境基金」に提供しています。

フォレストマークは三本の木と木が手をつないで森を作る意味の漢字がシンボルになっています。
和を追加することで、自然との関わりと調和を目指すシンボルとして、オリジナルマークが作成されました。




フォレスト環境基金のしくみ

”お客様がKindalでお買い物をする事で環境保全や社会貢献につながります”




ザ・パックフォレストとは?

ザ・パックは、1993年バガスペーパーから始まり1995年からはケナフペーパー、そして1999年にはスイアルペーパー、2002年3月よりは、「アシ」ペーパーを開発し、次々と環境に配慮した素材を商品化いたしております。
又、それらの素材をパッケージにご使用いただいた当社出荷額の一部を環境保全活動基金として拠出して、独自の森林保全及び植林活動を主とした「ザ・パックフォレスト」を設立しています。
運営はNPO法人地球と未来の環境基金(EFF)に委託し、当社社員もボランティアで参加するほか、お客様にもボランティアや一般参加者の募集活動にご協力頂いています。
2001年より岩手県西和賀町、2002年3月より奈良県吉野町、2003年10月より沖縄県恩納村、2004年11月より広島県竹原市、2009年2月より千葉県君津市、2009年11月より大阪府高槻市、2012年3月より埼玉県日高市にて植林活動を続けております。
また、お客様にも積極的にご参加いただける新たなプログラムも設けております。
今後も、お客様、NPO、地元の方々、当社との協働で、地域に合った森林保全活動を続けてまいります。尚一層のご理解とご賛同をよろしくお願いいたします。





その他のCSR活動



 お気に入りページに追加