ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


 

昆布酸の使い方や効果をわかりやすくご紹介します。


昆布酸がフード・アクション・ニッポン アワード2010 研究開発・新技術部門入賞を受賞しました。





 ■パン用  ■米粉用  ■飲料用
    
 
 ■麺用  ■ドレッシング用  ■タレ用
    
 
 ■ゼリー用  ■餃子用  ■創作料理・実験教材用  ■天然ジェル素材
    
 
 ■サプリメント  ■新製品
   

アルギン酸ゲル体験セット

アルギン酸がゲル化する様子を観察できる

アルギン酸のゲル化を簡単に体験出来るセットです。

滴下してイクラ状のゲルを作る直接溶液法と、水に溶かしてプリン状のゲルを作るイオン化コントロール法の2タイプがセットになってお手頃です。

 ご使用方法解説書付き

アルギンゼリーの使用例

(A)滴下型 (直接溶液法)

容器内容
点眼容器(1)アルギン酸Na 1%水溶液
食用色素(パプリカオレンジ CW-3)
透明ポリ瓶(2)塩化カルシウム 1%水溶液

使用方法

透明ポリ瓶に入ったCa液の中に、点眼容器からアルギン水溶液を滴下して下さい。
・ゆっくり1滴ずつ落とすと、小さな球状のゲルビーズ(人工イクラ風)になります。
・一気に強く押し出してやると、ヒモ状のゲルができます。

注意 使用しないときは、なるべく冷蔵庫に保管して下さい。
防腐剤を添加していませんので、ある程度時間が経つと品質劣化(腐敗)します。
アルギンが劣化すると、ゲルが球状にならなくなります。


(B)溶解型 (イオン化コントロール法)


容器内容
アルミ袋昆布酸407 10g×3袋

使用方法

付属のカップ1杯の水に半包程度を投入し(1)
5〜10秒ほど軽く攪拌して溶解して下さい。(2)
そのまま静置すると、約10分ほどでゲル化します。(3)

  • 水の量は正確でなくて構いません。50〜200mlくらいまで上下しても、溶解・ゲル化させられます。
  • 水の量が少ないときは、ある程度目分量で投入量を減らして下さい。
  • 昆布酸407は、水中でもママコになりにくくなっています。非常に弱い攪拌で簡単に溶解できます。
  • 冷水以外に、日本茶やコーヒーなどもゲル化できます。水温が高いと、反応速度が早まります。
    (熱いお茶を使った場合、3〜5分でゲル化します)
  • 飲料水で調製したゲルは可食性です。やや甘味を帯びた、美味しいゲルになります
  • 150mlの水に1包溶解した場合、アルギン濃度は約0.5%です。

【商品構成】

(A)直接溶液法(滴下してイクラ状のゲルを作ります。)
容器(1):アルギン酸ナトリウム1%水溶液、食用色素 容器(2):塩化カルシウム1%水溶液

(B)イオン化コントロール法(水に溶かしてプリン状のゲルを作ります。)
アルミ袋:昆布酸407 10g×3袋






アルギン酸がゲル化する様子を観察できる
アルギン酸ゲル体験セット

価格1,540円 (税込) 送料別
1〜3日以内に発送予定(土日祝除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便


 お気に入りページに追加

 昆布酸・アルギン酸って何?

昆布酸とは、海藻に含まれる天然の食物せんい「アルギン酸」をベースにした、食品の物性改良材です。アルギン酸はコンブやワカメのヌルヌル成分のひとつ。小麦粉や米粉に働きかけて組織を補強したり、熱に強いゼリーを作ったりする、優れモノの素材です。
アルギン酸の優れた機能を、お客様の使いやすい形でご提供すべく、配合や物性に工夫をこらして商品化したのが、キミカの昆布酸シリーズです。

 安全なの?

昆布酸の主成分である「アルギン酸」は、海藻のからだを支える食物せんい。国連の専門機関(JECFA)でも、その安全性は高く評価されています。天然の海藻から抽出されるアルギン酸は、遺伝子組み換えや狂牛病の心配がなく、残留農薬やアレルギー物質も含まれていませんので、どなたでも安心してお使いいただけます。

 どんな働きをするの?

・麺やパンなどの食感・外観を向上させ、商品価値を高めます。
・食品になめらかな粘性を与え、舌触りやのどごしを良くします。
・食品の保水性を高め、しっとりした食感を与えるとともに、水分の移行を防ぎます。
・水中に懸濁したタンパク質や油分の分離・沈殿を抑え、長時間安定させます。
・カルシウムを組み合わせると、加熱しても溶けないゼリーを作ることができます。
・昆布酸(ゲル化タイプ)は水に溶かすだけで、加熱や冷却をしなくてもゼリーになります。

 どこで使われているの?

・麺…即席麺、チルド麺の食感改良、ほぐれ性向上に
・パン…ボリュームアップ、弾力性向上、ケービング防止、ちぎれ防止に
・皮類…食感改良、保水性向上、やぶれ防止に
・米粉パン…食感や形状の改良に
・米粉麺…製麺性向上、茹でのび防止、茹で湯の汚れ防止に
・フィリング…パン、菓子等の詰め物に対する耐熱性付与、離水防止に
・飲料…増粘、沈殿防止に
・ビール…泡の安定性向上に
・ドレッシング…乳化安定、分離防止に
・玩具菓子…お子様が安心して遊べるゼリー菓子に

※その他、様々な食品に応用され、高い評価をいただいています。

※昆布酸の主成分であるアルギン酸は、食品の他にも医薬品、化粧品をはじめ、繊維染色、鉄鋼業、製紙業、農業、水産業、建設業など、私たちの暮らしに関わる、あらゆる分野で活躍しています。

株式会社キミカ
本  社 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル8F  TEL:03-3548-1941 / FAX:03-3548-1942
製造所 〒293-0001 千葉県富津市大堀1029  TEL:0439-87-1131 / FAX:0439-87-6313
e-mail:kimicashop@kimica.jp 営業時間:月〜金10:00〜17:00