現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


営業日カレンダー
2020年10月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
≪各店舗のご案内≫
◆本店…10時30分〜17時(木曜定休)
 ※土・日・祝日は10時〜17時
◆奈良店…11時〜18時(水・木定休)
◆通販部…10時〜17時(土・日定休)

 
 上座と下座
 
お客様を部屋にお通しする時、上座と呼ばれる席に案内します。
上座とは、入り口から遠い席のことです。
出入り口に近い下座へ案内すると、人の出入りがあるため、お客様は落ち着くことができません。
床の間の位置に関係なく、入り口から遠い席を上座とします。
ただし、入り口が左右どちらともつかない時は、床の間のある方を上座とします。
 
 
 実際の席次
 

それでは、実際結納では誰がどの位置に座れば良いでしょうか。
仲人が男性側、女性側の所を行き来する伝統的な結納では、仲人は上座に着席します。

結納飾りは床の間の前に飾りましょう。


次に、挨拶や目録、受書の取り交わしを、両家の父親同士でおこなう場合です。

本人同士の取り交わしであれば、本人が一番上座の位置に着席します。

 



 お気に入りページに追加