ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは




当店オススメ!  スイレンと睡蓮鉢のセットです。お好きな睡蓮(裸苗)を選んでいただけます。



店舗からのお知らせ


【ご来園をお考えのお客様へ】
急にご来店いただいても植物の管理や出荷作業をしながらのため、丁寧な対応ができない可能性がございます。ご一報いただいてからのご来園をお待ちしております。
ご連絡はこちら


発送遅延14日以上

余白
39ライン ご来園をお考えの お問い合わせは

お役立ち情報

育て方ナビ 園主の日記

園主いちおし商品

植木鉢特集 火鉢 金彩シリーズ
選べる植木鉢セット メダカハウス
田土 水鉢水草セット 水あふれ防止穴
アジアンテイスト南蛮焼 花ハス肥料

園芸用品一覧


55円OFFクーポン 睡蓮鉢10%OFF クリスマスローズの土 多肉植物の土

カテゴリトップ >  > スギゴケ科 > ウマスギゴケ



虫の混入について


【京の苔】庭園に貼るスギゴケ大トレー(角切り2枚入り)【造園・庭園用】【好日性の苔】【湿生植物】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ)大トレー(長方形2枚入り)【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】


粘土質の土で育てられた庭園用スギゴケ・杉苔(ウマスギゴケ) 大トレー(長方形2枚入り) 【造園・庭園用】【夏半日陰の苔】【水を好む苔・コケ】

商品番号  KZ-215
価格
3,300円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
北海道・沖縄へは別途送料が発生いたします。

お送りするウマスギゴケの四季、季節毎の移り変わり
5月
 
粘質壌土、わかりやすくいえば田んぼの土に近い重粘な土で育てられています。余りフサフサしたものでは無い状態のものを依頼。

6月

 
約10日間程にてよく育ってきています。
本来、ウマスギゴケの仮根はかなり深く、そのことが後大事なことになります。重粘な土おそらくは花こう岩に由来する土質であり、重く、保水力もかなりあると考えられ、少し薄いのですが管理で補えるのではと思います。
7月
 

昨年、2018年2月に入荷。その後培養しまして7月に育った状態です。

11月








【解説:庭園に張る苔の基礎知識】
基本的な考え方
(1).環境設定が第一
弊園は京都市の西山といわれる地域にて営業しております。そして1000年の都であったことにより社寺仏閣が数多く見られ、その庭には苔が美しく育ち、建物とのハーモニーが協調されてきました。それは環境が良かったことが第一であったと思われます。
具体的には、山のすそ野にあって空中湿度、地下水位等、苔の好む環境であったことが考えられます。ですから京都市の中心部にあるお寺等には、その環境が保たれずに苔が育たない現象が見られます。つまり乾燥しているのです。それが大きな原因かと思われます。

(2).乾燥が枯れる原因です
お客様より「よく枯れる」というお話を伺うのですが、基本的には水分不足により苔が休眠状態になっているのです。
ですから、適当な水分補給をされますと復活します。
但し、水分だけかというと採光の程度もありますのでなんともいえないのですが、スギゴケはかなり水分を必要とする苔かと思われます。水分補給が充分確保できる条件の場合、夏でも青々と成長していると考えられ、水分補給が充分でないと日照りが強い時に葉焼けを起こすという原因になっていると考えられます。つまり、ウマスギゴケは「日陰の山地に生育する」というのは、自然では水分補給とそのウマスギゴケの蒸散作用の微妙なバランスの上に育っていると考えられます。それは、日陰であり、山の伏流水に依存しているウマスギゴケの生育する姿が見られるのです。

(3).弊園では"庭に苔を張りたい方"への参考になればと思い、「苔の育て方」を解説しています。
とりわけ苔の育て方 解説7「苔は土が無くても育ちます」を御参照いただけると参考になるかと思います。





【育て方】 1、湿生の苔
自然では本来「日陰を好む」「湿地を好む」という2つの条件がうまくかみ合うことによって自然に育っているかと考えられます。
2、伏流水限定(庭園の場合)
京都のお寺は苔の庭園が美しいと言われ人気スポットでもありますが、その立地条件は「山の裾野」つまり山に降った雨水が自然に滲み出すところ、伏流水が常にあるという立地条件が必ずといってよい程「美しい苔庭園」となっていると考えられます。
3、好日性の苔(栽培上)
そしてウマスギゴケは耐暑性も持ち合わせる性質だったのでしょうか。水の補給さえあれば育つ条件になったとみえ、その美しい苔庭園には日光が散々と当たっている場合も少なからずみられたのでは?
4、ウマスギゴケを生産している苔生産業者も伏流水が充分あって太陽がよく当たっているところで生産されているようでした。
或いはスプリンクラーを使用した自動散水による生産と考えられます。
5、その好日性だけの姿を見て、ウマスギゴケは「日光を好む」と解説され、基本の条件は無視された内容がこのウマスギゴケの悲劇でもあったように思えるのです。
6、ウマスギゴケを育てるポイントは「水を好む」性質です。
自然では、自然の雨だけが頼りであったため、ウマスギゴケは常に湿った条件、つまり伏流水がある、しかも乾燥が少ない山の日陰に生育地を見つけたものと思われます。
同じ性質にはミズゴケがあるかと考えられます。
よく相談を受けるのですが、大体枯れる原因はこの水切れが大きいかと思います。
弊園で吸水トレーを利用して実験しました。

但し単なる水道水を冠水しておりましたので育ちは今一歩ですが、この実験を見ておりましても水が必要ということがわかります。
7、ではよく育てるには苔といえども植物です。
一般の草花を育てるには水と肥料、そして日に当てるというのが基本かと思います。
この杉苔も同じ管理かと思います。

 ア、日照条件を考える。
 イ、水を切らさない。(周りに建物、或いは樹木が全くなく、乾燥ばかりしているところは無理かと思います。
やはりジメジメしているところが良いのではと思います。
或いは成長期、或いは夏でも毎日朝夕水をやることに心掛けて下さい。
要は乾燥させないことです。
 ウ、肥料は
やはり水を切らさないというのが鉄則ですから水遣りする時に液肥を使うというのが最も便利かと思います。
但し市販の家庭用の液肥では高くつきますので要注意です。
安価に上げるにはネットで安価な液肥を探してはいかがでしょうか。(探せない人は尋ねてください。)

8、枯れた場合は(よく相談を受けますが)
実は苔は蘇るのです。
この生命力は生科学者が研究しているはずです。
例えばビロード苔といって道路の脇によく見られる苔があります。
この苔は梅雨の頃は青々としていますが、夏の乾燥時にはどこにあるのかわからないぐらい乾燥しきっています。
でも秋雨の頃になると青々とした苔が復元しているのです。
つもりこの杉苔も一旦茶色くなっておりましても水さえやれば必ず青々とした苔に戻ります。
その時に肥料を補助的に使えばより早く青々とした苔になります。
そのようなことで諦めずに管理してやって下さい。
9、御注文時の注意点
実はハイゴケ、ヤマゴケでもそうなのですが、夏の高温時、しかも渇水時には苔も焼けて受注できない状態になります。
それと同じくスギゴケも雨の降らない水不足の時が時折あります。
その時はスギゴケ生産地も苔が焼けて茶色く変色している場合があります。
注意はしておりますが、このような苔しかない場合はお許し願います。











「苔の育て方」の解説ページも合せて御覧ください。
苔・コケにつきましての最新ニュースは
弊園ホームページ「園主の日記」苔販売を御覧ください。


■石田清華園の紹介

■苔探訪
■苔の種類
■苔玉紹介 苔玉を楽しむ
■その他の苔の販売
■テラリウムにおすすめのガラス容器


■(有)日本山草 山草展
■(有)日本山草 山野草交換会
■日本盆栽組合他 盆栽展







■弊園は山野草、水生植物等の日本の自然の宿根草を主体として生産販売するナーセリーショップです。
生花店・園芸店と異なり、基本的に生産し、その苗を一年を通じて販売しております。
開花期以外でも、例えば冬の休眠期には地上部の枯れた苗として販売しておりますのでご注意下さい。


■弊園では、生産管理している全ての植物を年間通じて無農薬で栽培しております。
アブラムシ等の発生には注意しておりますが、稀に気づかずお届けする場合がありますがお許し願いたく存じます。

【お送りする苗の状態について】

1.植物は四季を通じて変化いたします。

2.開花期以外は「咲き終わった株」「休眠中の株」「株分けの上、植え替えた株」「子株を植え、養生中の株」等、お送りする株
は季節によって変化いたします。

3.日本の多肉植物を含む極東アジアの多肉植物は、冬期地上部は枯れ、休眠いたします。
山野草と呼ばれる由縁ですが、御注文時には御注意願います。

4.上記の理由により、画像にあります「お送りする見本株」「開花期」はあくまでも撮影した日月です。 一年を通じて同等の株が
お送りできるとは限りませんので、御注意願います。

5.山野草を育てる。或いは趣味の園芸を楽しむという「育てること」を趣味とされる方に対しまして通信販売を行っております。
それ以外の目的、例えば
 例1.茶道で使用される「茶花を生ける」
 例2.商業用の撮影に花の利用
等育てる以外の目的としてご購入される場合はあらかじめお問い合わせいただきたく存じます。
思わぬミスマッチが生じ、御迷惑をおかけすることになるかもしれません。


※育て方・作り方はこちらで解説いたしております。より詳しい解説は石田精華園自社サイトをご覧下さい。

【休眠期について】

・2月〜3月の植替え準備期間と考えますと冬期(12月〜3月)の苗の御購入をおすすめいたします。
・何といっても地上部は枯れております。たくさん御購入いただきましても送料は安価にお送りできます。
・到着後、翌日までには開封し戸外へ出して下さい。室内に長時間置かれますとカビの発生等考えられます。


 

【発送のダンボール使用につきまして】

発送には使用済ダンボールを使用いたします。
送料、商品をより安く提供するためにも御理解をお願い申し上げます。

【草丈の高い山野草の場合】

植物は夏から秋に大きく成長するため、縦型の段ボールにお入れいたし
まして発送いたします。


苔の土・テラリウムの土2L
ピートモス・腐葉土混入の無い 天然鉱物質100% 苔の土・テラリウムの土  2L(約1.2kg) 【用土・肥料】
価格440円
ピートモス・腐葉土混入の無い天然鉱物質100%苔の土・テラリウムの土6L【用土・肥料】
ピートモス・腐葉土混入の無い 天然鉱物質100% 苔の土・テラリウムの土  6L【用土・肥料】
価格1,210円
苔の土・テラリウムの土2L
ピートモス・腐葉土混入の無い 天然鉱物質100% 苔の土・テラリウムの土  10L【用土・肥料】
価格1,760円
苔の土・テラリウムの土2L
ピートモス・腐葉土混入の無い 天然鉱物質100% 苔の土・テラリウムの土  18L【用土・肥料】
価格2,772円
苔の土・テラリウムの土2L
ピートモス・腐葉土混入の無い 天然鉱物質100% 苔の土・テラリウムの土  18L×2袋【用土・肥料】
価格5,148円
ガラスボトルM(幅14.5cm高さ21cm)【ボトルテラリウム】【ボトルアクアリウム】【苔ボトル】
ガラスボトル M(幅14.5cm 高さ21cm) 【ボトルテラリウム】【ボトルアクアリウム】【苔ボトル】【苔テラリウム】
価格1,320円
BBGガラス(BBG-154)【テラリウム/苔/コケ】【多肉植物鉢・ラン科植物鉢】
BBGガラス (BBG-154) 【テラリウム/苔/コケ】【多肉植物鉢・ラン科植物鉢】
価格1,320円
BBGガラス(BBG-40)【テラリウム/苔/コケ】【多肉植物鉢・ラン科植物鉢】【メダカ】
BBGガラス (BBG-40) 【テラリウム/苔/コケ】【多肉植物鉢・ラン科植物鉢】【メダカ】
価格1,320円
特選けと土800g
そのまま使える 苔玉培養土「苔玉の土」(けと土) 2L 【用土・肥料】
価格770円
 

買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談