ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

【取り寄せ商品】【SAILOR/セーラー】プロフィット 加賀蒔絵 万年筆「藤」 手作りの温もりと…

海外販売対応(Global shipping) English | 中文(簡体字) | 中文(繁体字) | 한국어

 

 ★名入れ★


                

                                                                                     

         

               

消耗品・インク・替芯



 

手帳・ダイアリー












セーラー プロフィット 加賀蒔絵万年筆 藤

※メーカー取り寄せ商品につき、納品期日に約1週間程度かかります。





手作りの温もりと優雅な伝統工芸・蒔絵が織りなす高級万年筆、
加賀蒔絵プロフィット 藤 をご紹介いたします。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

藤は、日本古来より花の鑑賞や籠などの道具の材料などに用いられてきた、
日本の伝統ある花です。



4月から5月に淡紫色の花を房状に垂れ下げて咲かせ、
古来よりその艶やかな美しさで見る人の心を魅了してきました。

日本各地に存在する藤の名所の中でも、
なかでも、牛島のフジ(埼玉県春日部市 藤花園)、藤島の藤(岩手県二戸郡一戸町 仁昌寺)、
熊野(ゆや)の長藤(静岡県磐田市 行興寺境内)、
黒木の大藤(福岡県八女市黒木町 素盞嗚神社境内)、
宮崎神宮のオオシラフジ(宮崎県宮崎市 宮崎神宮境内)は国の天然記念物に指定されており、
毎年藤が花をつける4・5月には多くの人々が藤の花を見に日本全国から訪れます。


藤というと、思い出すのはやはり『源氏物語』における「藤の宴」です。
この「花宴」では、二つの花の宴が描かれています。
最初は「桜の宴」。その折に光源氏と朧月夜との逢瀬があります。
ふつう、その出逢いが有名なので、
「花宴」といえば桜・・・みたいに思われる方が多いといますが、
最後にもっと重要なシチュエーションとして「藤の宴」があるのです。
藤が房状に垂れ下げて花を咲かせる季節、
右大臣(弘徽殿の女御の父)家の藤の花の宴に招かれた源氏は、
前夜の女君が、間もなく東宮妃に上がる右大臣の姫君だと知るのです。

また、日本で多く使用されている家紋のひとつに、藤紋というものが存在します。
藤は長寿で、繁殖力の強い縁起の良い植物で、この藤をデザイン化したものが「藤紋」。
藤紋は日本でもっとも栄えた藤原氏が用いた家紋。
藤原氏はもと中臣氏で、中臣(藤原)鎌足が大和に藤原の里を下賜されてからおこり、
のとのちまで栄えた氏です。
人々はこの藤原氏にあやかってという理由と、
その見た目の美しさから藤紋を使用するようになったと言われており、
江戸時代には武士における使用家が170家におよび、五大紋の一つに数えられています。
このように藤は日本人にとって、非常に古くから馴染み深い伝統ある花なのです。


今回ご紹介します プロフィット蒔絵万年筆「藤」にも、
淡紫色の妖艶で美しい藤の花の蒔絵が施されております。
日本古来より伝わる芸術の風流を感じさせてれます。



日本の歴史をこのように表現する感覚は、真に日本文化の良さを理解
しなければできないと思います。この万年筆を見ていると、私自身日本人
であることへの「誇り」と、私にも日本文化を美しいと感じれる感覚が
存在したことに、大きな喜びを感じます。


用いられた蒔絵技術は石川の伝統産業・加賀蒔絵
加賀蒔絵の歴史は、室町時代から京都で蒔絵を生業としていた五十嵐道甫を、
加賀三代藩主の前田利常が金沢に呼び寄せたところからはじまりました。


蒔絵は日本独自の工芸技術として、1500年も昔から日本にある技法です。
漆(うるし)を接着剤代わりにして純金箔、純金粉、銀粉又は
螺鈿(貝殻の裏の綺麗に光る部分)等を蒔(ま)きつけて、
模様(絵)として完成させていくので蒔絵と呼ばれます。
蒔絵の「蒔」とは粉末を散らして落とすことを意味しています。
加賀蒔絵は、金銀粉や螺鈿(貝の裏のきらきら光る部分)、卵殻(ウズラの卵の殻)
を漆が乾かないうちに蒔き、文様を表していく技法です。


漆と顔料を混ぜた塗料で、漆地の上に文様を描く。
漆が乾かないうちに金銀の粉をまきつける。 再び漆を塗ってから研ぐ。
このようにして、絵を浮かびあがらせていくのが加賀蒔絵の主な製作工程です。
加賀蒔絵の特徴は、描かれた文様に厚みがあり、
はっきりとした盛りあがりを見てとれるということ。
立体感に満ちた、芸術性豊かな作品が出来あがるのです。

漆を重ねてゆき、ていねいに磨きをかけた蒔絵はたいへん丈夫なものに仕上がります。
年月を経るごとにその輝きを増します。
手間暇をかけた蒔絵の価値は10年、20年と使い続けた後に、必ずわかるものです。
よい万年筆も長く使うほどに手に馴染み、書き心地がよくなるもの。
よく似た魅力を持つ両者が融合して、
一つの作品として誕生したのは必然の流れだったのかもしれません。




ベースとなっている万年筆は、
言わずと知れたセーラー プロフィット
この万年筆は、どの海外ブランドの万年筆と比べましても、
精度の高さ・本体の美しいライン・なめらかさを感じていただける、
素晴らしいモデルです。

最も手に馴染む柔和なフォルムで、万年筆の原点ともいえます。
そしてなんといってもその使い心地。
ラージサイズなので手でしっかりと万年筆をキープでき、
極太感を存分に味わうことができるのです。
ボディは、流線形で、手になじみやすい絶妙なバランス軸です。



そして時代を超越したしなやかな書き味・インクフローにも、
プロフィットの誇りが生きています。
セーラーのペン芯は精密な機械で作り出されているため、
どの万年筆を取ってみても、安定したインクフローと
書き味
を楽しむことができます。もちろん最終的なペン先の仕上げは、
セーラーの万年筆職人によって1本1本厳しく検査されますので、
どの万年筆も素晴らしい製品として送り出されるのです!


専用の化粧箱入りなので、贈り物としても喜ばれると思います。
海外の知り合いや友達などのプレゼントとして、
日本文化をふんだんに取り込んだ
この蒔絵万年筆を贈られるのも良いのではないでしょうか?
幅広い層に人気のプロフィット蒔絵シリーズ。手にする喜び、
使う楽しさを味わってみてください。


小林 正俊(こばやし まさとし)1971年加賀市生まれ。
1992年石川県立輪島漆芸技術研修所専修科卒業、伝統工芸士 角出俊平氏に師事。
1995年小林漆芸工房入社、日本工芸会研究員。



【予約受付中】【SAILOR/セーラー】プロフィット加賀蒔絵万年筆「藤」手作りの温もりと優雅な伝統工芸・蒔絵が織りなす高級万年筆安定したインクフローと書き味を楽しむことができます


【予約受付中】【SAILOR/セーラー】プロフィット加賀蒔絵万年筆「藤」手作りの温もりと優雅な伝統工芸・蒔絵が織りなす高級万年筆安定したインクフローと書き味を楽しむことができます


【予約受付中】【SAILOR/セーラー】プロフィット加賀蒔絵万年筆「藤」手作りの温もりと優雅な伝統工芸・蒔絵が織りなす高級万年筆安定したインクフローと書き味を楽しむことができます


プレゼント ギフト お祝い 贈り物 ラッピング 誕生日 卒業 入学 就職 世界の筆記具 PenLife ペンライフ
【取り寄せ商品】【SAILOR/セーラー】プロフィット 加賀蒔絵 万年筆「藤」 手作りの温もりと優雅な伝統工芸・蒔絵が織りなす高級万年筆 安定したインクフローと書き味を楽しむことができます(11-3009-420)【送料無料】

商品番号  Sailor_Prof_11-3009-420_Fuji
価格
22,500円 (税込 24,300 円) 送料無料
納期は当店営業日に別途ご連絡
売り切れ。再入荷の連絡をご希望の方はコチラ↓

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • コンビニ受取

<詳細>

セーラー プロフィット蒔絵「藤」万年筆 


ペン先 :14金 24金メッキ仕上げ
サイズ :M(中字) 中型
長さ  :135mm
太さ  :17.5mm
重さ  :16.5g
機構  :回転式コンバーター/カートリッジ式
材質  :PMMA樹脂/蒔絵 藤模様
付属品 :特製桐箱(75×180×33mm)・説明書
      インクカートリッジ2本・クロス

定価  :31,500円
新品未使用


※メーカー取り寄せ商品につき
納品期日に約1週間程度かかります。

またメーカー都合により入荷が遅れる場合がございます、
あらかじめご了承くださいますよう、お願い申しあげます。

※他の商品と合わせてご購入の場合は、
この商品の入荷後、同梱発送とさせていただきます。
ご注文後確認させていただきますが、
お急ぎの場合はそれぞれ個別でのご注文をおすすめいたします。