ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

消費税増税に関する重要なお知らせ

ショップからの発送が10/1以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。 詳細はこちら






カテゴリトップ > 音楽 > クラシック

Beethovenベートーヴェン/劇音楽『エグモント』アーポ・ハッキネン&ヘルシンキ・バロック管弦楽団、エリザベス・ブロイアー輸入盤【CD】



Beethoven ベートーヴェン / 劇音楽『エグモント』 アーポ・ハッキネン&ヘルシンキ・バロック管弦楽団、エリザベス・ブロイアー 輸入盤 【CD】

基本情報
ジャンルクラシックフォーマットCD
レーベルOndine発売日2019年09月19日
商品番号ODE-1331発売国Europe
組み枚数1

関連キーワード
ベートーヴェン 4589538744106 style701


出荷目安の詳細はこちら

>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について


商品番号  ODE-1331
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
2,474円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
現在購入いただけません

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
商品説明

ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』

アーポ・ハッキネンとヘルシンキ・バロックオーケストラが演奏するベートーヴェン『エグモント』の全曲盤が登場。
 1809年、ウィーン宮廷劇場の支配人であるヨゼフ・ハルトルの依頼によって作曲された『エグモント』は、ベートーヴェンが崇拝するゲーテの戯曲が基になっており、主人公エフモント(エグモント)伯ラモラールの圧政に対する抵抗と英雄的行為に、町娘クレールヒェンの恋心と、ベートーヴェン自らの政治的関心を絡めた意欲的な作品です。序曲のみがよく知られていますが、ベートーヴェンはソプラノ独唱を含む全10曲を劇のために作曲。今回の録音はドイツ語でのナレーションも付いた完全版であるとともに、ピリオド楽器での演奏でもあり、ベートーヴェンが当初意図した作品像を忠実に再現しているといえるでしょう。素朴な響きのオーケストラ、清楚なソプラノ独唱、ストーリーを語るナレーションが一体となって、若きベートーヴェンが描いた世界を見事に表出しています。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』 Op.84


1. 序曲
2. リート『太鼓は響く』
3. 間奏曲 第1番
4. 間奏曲 第2番
5. リート『喜びに満ち、悲しみに満ち』
6. 間奏曲 第3番
7. 間奏曲 第4番
8. クレールヒェンの死
9. メロドラマ『甘い眠り』
10. 勝利のシンフォニア

 エリザベス・ブロイアー(ソプラノ)
 ロベルト・フンガー=ビューラー(ナレーター/ドイツ語)
 ヘルシンキ・バロック管弦楽団
 アーポ・ハッキネン(指揮)

 録音時期:2018年12月31日〜2019年1月2日
 録音場所:ヘルシンキ、Musiikkitalo
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)