現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは





正しい足のサイズの測り方

ご自身の足のサイズを知ることで、より足に合った長靴選びが可能となります。 正しい足のサイズの測り⽅を参考にして測ってみてください。
● 足長を測る(かかとからつま先までの長さ)
かかとから1番長い指のつま先までの長さを測ります。この長さが、サイズの基準となります。
実⼨プラス1.0〜1.5cmが理想とされています。
今、履いておられる靴と⽐較すればより正しいサイズが選べます。
● ふくらはぎを測る
ふくらはぎの最も太い部分をメジャー(巻尺)でぐるっと1周まわし太さを測ります。
この長さが、“履き口周り”を選ぶ際の⽬安となります。
丈の短い商品は、その靴丈の高さの辺りを測ってください。
● 足囲を測る(足幅の周りの長さ)
親指の付け根の骨から⼩指の付け根の骨(最も出っ張った部分)をメジャー(巻尺)でぐるっと1周まわし、厚みを測ります。


 お気に入りページに追加