ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


商品を探す



カテゴリトップ > 健康百貨 > 健康用品

非接触型1秒体温計
原沢製薬工業 ファミドックプラス FDIR-V22
管理医療機器






原沢製薬工業ファミドックプラスFDIR-V221秒測定皮膚赤外線体温計非接触型耳、おでこ


原沢製薬工業ファミドックプラスFDIR-V221秒測定皮膚赤外線体温計非接触型耳、おでこ


原沢製薬工業ファミドックプラスFDIR-V221秒測定皮膚赤外線体温計非接触型耳、おでこ


原沢製薬工業ファミドックプラスFDIR-V221秒測定皮膚赤外線体温計非接触型耳、おでこ


1秒で測定。非接触型だから安心!皮膚赤外線体温計「ファミドックプラス」管理医療機器クラス2非接触型 体温計 ファミドックプラス FDIR-V22 原沢製薬工業 1秒測定 皮膚赤外線体温計 耳 おでこ

商品番号hara80
価格
5,370円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

皮膚赤外線体温計のFAMIDOC(ファミドックプラス)
おでこで肌に触れず1秒で体温を測定します。

● 介護や家庭での毎日の検温に
● 赤ちゃんや小さいお子さまに
● 肌に触れずに測定、衛生的

簡単、約1秒測定。メモリー機能、32件可能。測定時にバックライト点灯。30秒後に自動OFF機能付で省エネです。連続測定可能(約1分間の間隔をあけること)。体温が37.6℃以上ではバックライトが赤く点灯し、ビービーと警告音が鳴ります。音ボタンで消音(サイレントモード)にできます。

測定方法:赤外線放射量を換算、体温測定部位:額、体温測定範囲:32.0〜42.9℃、表示最小単位:0.1℃、使用環境温度:10.0〜40.0℃、体温測定精度:35.0〜42.0℃;±0.2℃、使用電池:市販の単4電池2本

使用方法
1)電源/測定スイッチを押して、顔マークと℃マークがディスプレイに表示されていることを確認する。
2)プローブを額から1〜6cmの距離をあけてかざし、電源/測定スイッチを押してすぐ離す。
3)「ピッ」と約1秒後に鳴るまで、本品と額の距離を保つ。(測定終了)
4)ディスプレイに表示された体温を確認する。

販売名 ファミドックプラス
機能 メモリー機能32件、自動OFF(30秒後)、バックライトあり、測定音ON,OFF機能、体温モードと表面温度モード切替機能、37.6℃以上で、赤色のバックライト点灯、警告音、℃(摂氏)と°F(華氏)の切替機能
材質 ABS樹脂
サイズ 幅140×奥行55×高さ190mm
重量 205g
原産国 中国
仕様 おでこで測定、水洗い不可、電池交換可能
測定時間 約1秒
測定方式 実測
使用電池 単4電池×2本
目量(最小表示単位) 0.1℃
注意事項

・ファミドックプラスで測った推測温度は、一般的な体温計でわきの下を測った体温と完全に一致するものではありません。・ 正確に測定するために、測定する環境(部屋等)に事前に少なくとも30分程度本品を置いておいてください。

使用方法に伴う使用上の注意

・定期的に正常な作動を確認すること。 ・額の体温は測定部位により異なる可能性があるので、体温測定 する場所はいつも同じ部位で測定すること(複数回測定の場合も 同様)。 ・体温は時間帯、気温(室温)、睡眠時などの条件や状態により 常に変動しています。また、個人差、性別、年齢によってもことな ります。日常的に体温を測定し、自分の正常時の検温値を知るこ とが大切です。 ・室外から戻ったばかりの人を測定する場合、本品を異なった温 度環境下に移した場合、又は温度の高いものを測定した後は、 30分以上経過した後に測定すること。 ・体温計と測定部位(皮膚(額等))の間に髪の毛等異物がないよ うに測定すること。

JANコード 4987340300389
メーカー・製造販売元 原沢製薬工業株式会社
薬事分類 管理医療機器
認証番号 302AIBZX00029000
機能 メモリー機能32件、自動OFF(30秒後)、バックライトあり、測定音ON,OFF機能、体温モードと表面温度モード切替機能、37.6℃以上で、赤色のバックライト点灯、警告音、℃(摂氏)と°F(華氏)の切替機能
広告文責 グローイング株式会社 03-5726-8607



買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談