ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


あす楽対応

【必ずご確認ください】

ヤマト不可商品と通常商品同梱の際の
お届け及び送料について

商品名末尾に「ヤマト不可」と記載されている商品については、サイズが大きいため、ヤマト配送可能商品 (高さ1m以内の商品)との混在の場合、当店でご注文を受付させていただく際に、ご注文を「分割」してお届けさせていただきます。ヤマト不可商品 (大サイズ)のご配送は、西濃運輸、または佐川急便でのお届けになります。 (宅配業者はお選びできません)

分割配送となりますので、それぞれ商品発送の際に「伝票番号」があり、受付確認メール、発送連絡は2通お送りさせていただくこととなります。

分割配送とさせていただくことにより、同梱できないため、送料は2梱包分発生することになりますが、ご了承いただけるお客様は、これまで同様、お好きな商品をお買い求めいただけます。誠に恐れ入りますが、ご理解、協力のほどよろしくお願いいたします。

花ひろばオンライン 全商品リスト (カタログ)

カテゴリトップ > 果樹苗 > 花の美しい果樹 > スモモ/プラム/プルーン
カテゴリトップ > 果樹苗 > 果樹全種一覧 > スモモ・プラム・プルーン > 1年生接木苗 > 受粉樹向き



プルーン スタンレイ

プラムは桃よりも耐寒性があり、高温乾燥にも強いので育てやすく、初心者向けです。
プラムやプルーンは健康食品の原料にも使われますよね。



果肉は黄色

1本で結実する定番プルーン。受粉樹におすすめ。

スタンレイはとっても甘くて、多汁なのがうれしいみんなに愛されている中玉品種です。日持ちが比較的良く、その点でも人気が高いです。ジューシーで甘さと酸味のバランスが良い健康果実です。
果皮は鮮やかな濃い紫色で、樹勢もおう盛で自家結実性が強いため、栽培しやすいので初心者の方にもおすすめです。

プラムは毛のない桃の小さい果実。李(スモモ)とも言います。完熟果はすさまじく甘いけど日持ちが悪いので、本当にうまい果実を味わうには家庭果樹でしか味わえません。
全国どこでも栽培できます。開花が早いので開花期に霜が降りない地域が適してます。梅やアンズと交配します。苗はすべて接木で李台に接木します。

プルーンはすももの仲間で、西洋すもも (セイヨウスモモ)などの総称です。ドライフルーツとしても流通することが多い果樹ですが、生で食べても美味しく、またジャムやソースに加工しても美味しくいただけます。果実にはビタミン、鉄分、カルシウムをはじめ、多くの栄養素を含み、「命の果実」とも呼ばれますペクチンなどの水溶性食物繊維が豊富に含まれています。フェノールのネオクロロゲン酸が多量に含まれています。

プラム・スモモ プルーン スタンレイの特徴


学名Prunus domestica バラ科 スモモ属
別名スタンレー
作出年・作出者(アメリカ・ニューヨーク州立大学)
開花時期4
花色・大きさ・花形白・中輪咲き(3cm位)・一重
収穫時期8月下旬〜9月上旬
果実の大きさ小中果 40〜50g
甘さ★★★★★ 平均糖度:15〜18度
果実の用途生食
結果年数3〜4年
自家結実性1本でなる
最終樹高地植え:3m 〜 4m 鉢植え:1m 〜 2m (落葉高木)
最終葉張り2m 〜 4m 半開帳性
栽培用途果樹畑、花壇、鉢植え(7号鉢以上)、庭木
植栽適地北海道〜九州
育てやすさ ★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた、土壌酸度:弱酸性
豊産性あり、耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性耐病性:ほとんどつかない 害虫:普通につく
芽吹き時期4月頃
花言葉誠実、約束


超豊産性“スタンレイ”


プルーン“スタンレイ”


1年生接木苗


プルーンスタンレイ1年生接ぎ木苗果樹苗木果樹苗


プルーンスタンレイ1年生接ぎ木苗果樹苗木果樹苗


プルーンスタンレイ1年生接ぎ木苗果樹苗木果樹苗


プルーンスタンレイ1年生接ぎ木苗果樹苗木果樹苗


スタンレイプルーン プルーンの代表品種 果樹苗

【スタンレイ】 プルーン 1年生接木苗木

商品番号  kaju_puru-n004-01
価格
1,538円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
利用可能な条件を見る
【お取り寄せ】1〜2週間以内に発送
↓↓ 再入荷のお知らせボタンから再入荷連絡の登録ができます ↓↓

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
苗木部の配送料金について
こちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。


この商品が通常梱包に収まる同梱可能数は・・・1〜17まで。


18本以上のご注文の場合、送料は通常梱包x 梱包数になります。



他の商品とまとめてご購入の場合は、商品それぞれの同梱可能数によって購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、ご注文後に当店からご連絡する「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。
送料についてはこちら


お届けする商品について


商品について商品は1年生接ぎ木苗です。根鉢の部分も含め高さ約70cmです。根鉢の大きさは直径約10cmです。1年生苗とは苗木ができて1年目の苗です。

1年目の剪定済みですので、植え付け時の剪定は不要です。花や果実は基本的についておりません。
※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。
※植え付け方法を記載した果樹の育て方の用紙を同封してお届けします。


プルーン スタンレイの育て方



植え方・用土


日当たりを好みます。水はけの良い、肥沃な土を好みます。
鉢植えでは落葉果樹専用培養土の「果樹の土」がベスト。
地植えでは庭土に花ひろば堆肥 極みを4割ほど(袋半分〜1袋くらい)混ぜた土に植えます。水はけが悪い場合はパーライトを10リットルほど土に混ぜてください。
※受粉樹と一緒に植える場合は、6〜7m離して植えてください。スモモは昆虫が花粉を運ぶため、20mぐらい離れていても問題ありません。


春の植え付け方法


芽吹きは始まる春の植え付けでは根っこを崩さずにそっと植えます。ポットや鉢から抜いた時に土がボロボロ落ちても構いません。
植え付け3年以上経過した苗木の移植や鉢増しなどの植え替えはなるべく冬に行います。どうしても移植を春に行う場合はできるだけ根を大きく掘り取り、地上部をできるだけ小さく剪定をして掘り取って、なるべく根を乾かさないように早めに定植してください。


夏の植え付け方法


なるべくなら地植えは控えますが、毎日水やりができるようであれば地植えします。
地植え後は根が浅く土に馴染んでいないので毎日から2日に1度のペースで秋に定期的に雨が降る季節が来るまで水やりを丁寧におこなってください。
鉢から鉢への植え替えでは根を崩さずに植え替えします。


秋の植え付け方法


根がまだ活動をしている秋の植えつけは、乾燥に強く育つと言われます。
秋の植え付けは春の植え付けと同様の要領で行います。
しばらくで苗木の成長が止まりますので、秋の植え付け時の肥料は与えても与えなくてもどちらでも良いです。


冬の植え付け方法


12月〜3月ごろが植え付け適期。土が凍るような寒冷地でなければ12月が最適。移植も生長が休眠する冬の季節です。
寒冷地では冬の前に終わらせるか、春植えをおすすめします。
鉢への植え付けは寒冷地でも可能です。鉢土が凍結しない場所で育ててください。
ポットや鉢から抜いたら根を少し広げるように植えても大丈夫です。根を乾燥させないように植えます。


水やり


鉢植えの場合は、春ごろから9月ごろまでは鉢土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりと与えてます。落葉時期の冬は水の与えすぎに注意です。冬は1週間以上鉢土が乾かないこともあります。9月ごろからは鉢土の表面が乾いていても土中が湿っている場合、鉢を持ち上げて重い時は水やりはしません。鉢土が乾いて鉢植えが軽く感じられるようになったら水やりします。
庭植えの場合は、水やりは必要ありません。5月に入ってから植え付けた場合は、雨が降らない日が1週間以上続く時はは毎日水を与えます。秋になり雨が降るようになったら、水やりは雨にまかせても大丈夫です。


肥料のやり方


鉢植えでは3月に有機質肥料を与えます。開花後の5月ごろと、9月に速効性化成肥料の花ひろばIB肥料元気玉を与えます。
地植えの場合は12月〜2月ごろ寒肥として有機質肥料の「ももの肥料」を与えます。
収穫後と10月頃に速効性肥料を与えますが、枝葉がよく茂っているようであれば肥料は控えてください。


花芽の付き方


夏に花芽をつけて翌春に開花します。
1つの花芽に房咲きするので無数に花が咲きますが、生理落果が多く、幼果のうちに5〜7割くらいが生理落果します。豊産ですが摘果しないと果実が小さくなります。
前年の貯蔵用分不足だと開花直後に生理落果が多いです。開花後2〜4週後に不受精落果(原因は花芽の不充実や天候不順、貯蔵用分不足)が起きます。その後10日くらい落果が続きますが原因は樹勢が強いから。
対策としては秋の遅くまで葉を青く維持して光合成をさせることと、春の開花時の人工授粉と摘果です。摘果は果実が親指くらいになったら10〜15cm間隔で1果に摘果するとよいです。


剪定方法


日当たりが悪いと実付きが悪くなるので、勢い良く真上に伸びている太い枝(立ち枝)はすべて切除し、元気の良い枝は先端1/6ほどを切り、弱々しい枝は1/4くらいまで切り詰めます。そして主枝の方向を定めるために、木の内側を向いた芽を先端に残さず、外側の自分の伸ばしたい方向の芽を先端に残して切り詰めるとよいでしょう。
アンズ同様に変則主幹形か、ナシと同様の棚仕立てが向いてます。
2年目以降は側枝から伸びた15cmくらいの枝を夏に5cm残して切り、それ以降も伸びたらまた5cm残して切ると短果枝が増えます。短果枝が増えすぎて込み合う場合は間引きます。
数年で結果母枝が弱ってくるので3年くらいしたら新しい枝を誘引して結果枝に更新してください。






その他栽培や性質の注意点


※スモモはもともと生理落下が50%〜70%と高いですが、樹勢が元気でないと更に落下率は高まったり、小果になります。葉が光合成できるように冬はしっかり剪定を行い、内部にまでよく日が当たるようにし、果実の収穫後の9月に礼肥を与えるといいでしょう。


病害虫の予防法


無農薬でも不可能ではないのですが、全滅や枯死を避けるためにも最低限の防除をしておくと安心です。まれに新芽や実を食害するシンクイムシ類の発生や、果実に黒い斑点がでる黒斑病や胴枯病のほか、幼果が奇形になるフクロミ病などがでる場合がありますので、新芽が出る前の落葉時期に薬剤の散布をすることで予防になります。


育て方のまとめ


生理落果が多いので人工授粉と摘果しよう。


増やし方


スモモの実生台木に接木します。





買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK

ショップへ相談