ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ワタナベ楽器 楽天SHOP:安心、簡単、本格派。ギターから音響機材まで!楽器店ならではの通販SHOP。

 

 


















営業日カレンダー
2019年10月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
2019年11月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ

カテゴリトップ > 楽器 > 管楽器&弦楽器 > ソプラノサックス > カーブドソプラノサックス
カテゴリトップ > 楽器 > その他の楽器 > 音階の出る楽器





YAMAHA(ヤマハ)YVS-120アルトヴェノーヴァカジュアル管楽器アルトサックスサクソフォンマウスピースプラスチック製altoVenovaセットD沖縄離島不可


YAMAHA(ヤマハ)YVS-120アルトヴェノーヴァカジュアル管楽器アルトサックスサクソフォンマウスピースプラスチック製altoVenovaセットD沖縄離島不可


YAMAHA(ヤマハ)YVS-120アルトヴェノーヴァカジュアル管楽器アルトサックスサクソフォンマウスピースプラスチック製altoVenovaセットD沖縄離島不可


YAMAHA(ヤマハ)YVS-120アルトヴェノーヴァカジュアル管楽器アルトサックスサクソフォンマウスピースプラスチック製altoVenovaセットD沖縄離島不可


YAMAHA(ヤマハ)YVS-120アルトヴェノーヴァカジュアル管楽器アルトサックスサクソフォンマウスピースプラスチック製altoVenovaセットD沖縄離島不可


YAMAHA(ヤマハ)YVS-120アルトヴェノーヴァカジュアル管楽器アルトサックスサクソフォンマウスピースプラスチック製altoVenovaセットD沖縄離島不可


ヴェノーバ F管 初心者 ABS樹脂 本体 カラー ホワイト ケース付YAMAHA ( ヤマハ ) YVS-120 アルト ヴェノーヴァ カジュアル 管楽器 アルトサックス サクソフォン マウスピース プラスチック製 alto Venova セット D 沖縄 離島不可

商品番号  121109
価格
19,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
※楽天カードで決済する場合は、楽天スーパーポイントで5%分還元されます。他社カードで決済する場合は、還元の有無を各カード会社にお問い合わせください。
在庫あり
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

2019年9月 これまでのヴァノーヴァに大きいサイズが出ました。これまでのヴェノーバYVS-100はソプラノ、新しいYVS-120はアルトヴェノーヴァです。

 

 

新しい管楽器ヴェノーヴァ(Venova)で、あなたの日常に新しい風を。Venovaは手軽に始められて、かつ本格的な演奏も楽しめる新しい管楽器です。

 

ヴェノーヴァってどんな楽器?
リコーダーともサックスとも異なる新感覚の管楽器、縦笛です。リード楽器ですので、近い構造の楽器としてはクラリネット、サックス全般です。リードというパーツを振動させて音を発生させていますので、弱音はできず、またリコーダーのように息を入れれば音が鳴る楽器ではありません。



リード楽器の楽しみ
音を出すには少しコツが要りますが、リード楽器を演奏したことのない方はまずこのリードの振動で音を出す感覚が新しいと思います。次に音色作り。柔らかい音色、太い音、またピッチ(音程)を上下させたりビブラートをかけたり、技術次第で抑揚のある多彩な演奏が楽しめます。似た楽器にNUVOのクラリネオがありますが、あちらの方が吹きやすさは少し軽め、音も落ち着いています。ヴェノーヴァの方が音が大きく張りがあり抑揚が付けやすいです。指使いはNUVOの方が管楽器的、ヴェノーヴァの方がリコーダー的です。(クラリネット3年経験のあるスタッフはクラリネオとソプラノヴェノーヴァを持っていますがクラリネオは吹きやすくヴェノーヴァは難しかったです。完全な初心者であればまた感覚は異なると思いますのでご参考まで。)

ご注意
リード楽器は消音出来ませんので音は結構大きいと思って頂くのが良いと思います。ヤマハサイトで音のサンプルなどもありますので参考にされてみて下さい。
音が出にくい、異音がする、ということは不具合ではありません。演奏技術で改善できます。マウスピースを咥えすぎて「キーッ」となったり、低音が出しにくかったりするのはリード楽器特有の悩みでもありますね...。
シンプルですが一部細かいパーツが付いています。これは音程を変える大事な部分。お取り扱いには注意しましょう。

おすすめのポイント
・比較的小さく軽いので気軽に持ちはこびしていただけます。
・結構詳しい取り扱い説明書が付属しています。
・運指表も付いており、サンプル楽譜として「聖者の行進」「アメージング・グレース」が載っています。
・通常の管楽器のように手間がかかることも少なく初心者にも扱いやすいです。水分を取るスワブ付きで安心。
・1年保証(無償修理は自然故障と認められた場合のみ。送料はご負担となります。)

 

YVS-100、YVS-120どっちがいい?

ソプラノサックスのマウスピースが付いたYVS-100、アルトサックスのマウスピースが付いたYVS-120、違いは音域、音色、吹き心地。一概には言えませんが、管楽器経験者、リード楽器経験者、全くの未経験者で購入のポイントも変わってくると思います。

スタンダードなものとしてまず最初にYVS-100が発表されましたので、分かりやすいものとしてど素人が選ぶのであれば値段も違いますのでYVS-100で良いかもしれません。

ただ、一般的なサックスとしてはアルトサックスがスタンダードなものですので、マウスピースがアルトマウスピースであるYVS-120の方が取り入れやすいとも言えます。息の入れやすさという点から吹きやすさも多少は改善されているようにも思います。

サックスにおいては管体が小さく、マウスピースの小さいソプラノサックスの方がアルトサックスに比較して音の鳴らしかたやピッチの安定感は少し難易度の高いものとされています。息の量は楽器の大きさによって小さいから息が少なくて良い、大きいから沢山の息が必要で難しいというわけではありません。肺活量が絶対ではなく息づかいあってのものなのです。

YVS-100はC調の楽器です。Cはドレミの「ド」であり基本になりますが、YVS-120はF調の楽器です。調子といってもピンと来ない方は多いと思いますので1つの例として小学校で習うリコーダーに例えてみると低学年で演奏するソプラノリコーダー。こちらはC調。小さなお子様の指での持ちやすいです。少し上の学年になりますとアルトリコーダーに変わり、少し指の感覚が広くなりソプラノに慣れた方には少々違和感を感じました。このアルトリコーダーも実はF管の楽器であり、このアルトヴェノーヴァYVS-120と同じF調となります。1人で演奏するなら何も気にすることはなく「ドレミファソラシド」と吹けたと思います。同じアルトリコーダーを持つ方と演奏しても同じく「ドレミファソラシド」で同じ音色を奏でることができました。しかしながら、他の楽器と一緒に演奏すると実は違ったんですね。ピアノのド、ソプラノヴェノーヴァYVS-100のドは同じ音階ですが、アルトである楽器の「ド」は実際にはピアノで言うと「ファ」が鳴っているのです。この違いは人と演奏する場合、音楽と一緒に演奏する場合、楽譜を見て演奏する場合に考えなくてはいけない問題として出てきます。ただ音楽に精通する方、また管楽器に触れたことのある方にはそう珍しい問題でもなく各楽器で調子が違うことは楽器の特色として一般的でもあるのです。

音色についてはソプラノヴェノーヴァは若干サックスぽさが少ないという印象でした。後で聴いたのでそう感じるのかもしれませんが、低音にあたるアルトYVS-120のほうが本来のソプラノサックスの音色に近いかなという印象を受けます。

 

■YVS-100とYVS-120の主な仕様の差異
1.本体が一回り大きくなり、アルトサクソフォンのような落ち着いた音色になりました。
2.調子が”C”から”F”になりました。
3.構造が一体式から分割式になりました。半分に分割できることでお手入れがしやすくなりました。
4.マウスピースがソプラノサクソフォン用からアルトサクソフォン用に変更になりました。マウスピースが大きくなったため、初めての音出しが以前より楽になりました。


▽音を出すための準備▽
マウスピースをボディ管の接合部にまっすぐに差し込みます。
差し込んだあと、マウスピースにリードとリガチャーをセットします。
リードはリガチャー締めネジ2箇所を締めて固定します。

▽音を出してみよう▽
背筋を伸ばし、肩の力を抜き、少しあごを引きます。
マウスピースの先端から1cm くらいの位置に上の歯をしっかり当て、下の歯はリードに直接あたらないように下唇をかぶせます。
息をしっかりと吸ってから、楽器全体に送り込むように勢いよく息を吹き込みます。

▽姿勢と口のフォーム▽
楽器を演奏する際のかまえ方、姿勢や楽器の角度が悪いと、きれいな音が出なかったり、スムーズな運指ができなかったりします。
下唇でリードを支え、口の両端から息が漏れないようマウスピースとリードを包み込むように口を閉じましょう。
吹き込む息の量音を出すにはリコーダーを吹くよりもたくさんの息の量が必要です。
たくさんの息を勢いよく楽器に吹き込みましょう。

▽口の中の状態と音色コントロール▽
息を吹き込む際は、「オ」と発音するときのように口の中を広くした状態にします。
音と音を分ける方法(タンギング)は舌の先端でリードの先に触れたり離したりして行ないます。

▽各種パーツについて▽
マウスピースはアルトサクソフォンのマウスピースAS-4C(4C)と同サイズ。
付属のリードは初心者にも割れにくいプラスチック系のものですが(若干吹きにくいとのうわさ...)、通常のアルトサックス用の葦リードもご使用いただけます。経験者は葦の方が吹きやすいかも。音色も葦の方が少し温かみのある優しい音になります。

▽チューニングについて▽
管内の温度、吹き方にピッチは大きく左右されますが、楽器の基準としてはA=442Hzになるように設計されています。また、マウスピースを抜くことで音程を下げることができます。ただ、上げる手段はありませんので、口のフォームを変えるなど技術力を磨いて対応するしかありません。


 

YAMAHA Alto Venova YVS-120 ヤマハ アルトヴェノーヴァ YVS120

■調子:F調 F管
■音域:2オクターブ
■構造:分割式
■本体 色:白 ホワイトのみ
■本体 材質:ABS樹脂
■サイズ(長さ):590mm , 幅: 96mm, 高さ: 55mm (マウスピース、マウスピースキャップ込み)
■重量:約293g (マウスピース、マウスピースキャップ込み)

※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

 

セット内容

■楽器本体
■ケース ストラップ付き ショルダータイプ
■マウスピース(アルトサクソフォン用「4C」と同等)
■マウスピースキャップ(リードを保護するキャップ)
■リガチャー(リードを固定する留め具)
■樹脂製リード(振動して音を発する重要なパーツ)
■クリーニングスワブ(演奏後に管内の水分を取るお手入れ用品)
■取扱説明書、ガイドブック『Venovaを吹いてみよう!』
■保証書
■マウスピースパッチ 2枚...マウスピースに貼るシール キズ保護 アンブシュアの安定を目的。
■ネックストラップ...本体背面リング部に付け落下防止に。
■葦リード 5枚...付属プラスチックとは異なる素材。使い捨て。割れやすいので注意。一般的な3番。
■譜面台...スティール製楽譜立て。ミュージックスタンド
■教本「はじめてのアルトヴェノーヴァ」

 




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

ひとぴん0216さん 20代/女性

評価5.00

投稿日:2019年09月28日

管楽器に興味を持ち始めた彼が欲しいと言っていた為、誕生日プレゼントとして購入したところ、とても喜んでいました。こちらで購入する前に、実際に某楽器屋さんへ足を運び試奏してみたのですが、初代venovaより吹きやすく、音もよりソプラノサックスに近い印象でした。また、教本などの付属品も沢山ついててどこよりも安く感じました。本物のサックスに比べて値段も安いので、初めての方でも手が届く価格だと思います... …続きを読む

使い道 プレゼント 使う人 男性(彼、夫)へ 購入回数 はじめて