現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ホームに戻るボタン


新築祝い: 新しいお家を建てた方へのお祝い。 人生の一大イベントである「マイホーム」。 お家を建てることは簡単なことではありません。 新築のお知らせをいただいたら、ぜひお祝いを準備しましょう
開業祝い: 開店・開業のお知らせを受けたり、 披露パーティーに呼ばれたら、これからの応援の気持ちを込めて、お祝いを贈りましょう。
引越し祝い: 引越しをしたときに贈るお祝い。 引越しの際には、人でも必要になるので、積極的にお手伝いするように心がけましょう。

熨斗(のし)の書き方

水引…蝶結び
のし上…
新築祝い→「御祝」「新築御祝」etc
引越祝い→「御祝」「引越御祝」etc
開業祝い→「御祝」「開店御祝」「開業御祝」etc
のし下…贈り手(自分)の姓
※転勤や左遷…などの場合「お祝い」は絶対NG!「餞別」として贈りましょう。

ギフトの相場

引越し祝いの場合、友人や知人なら3,000円〜5,000円、親戚や兄弟の場合はこれより高めで5,000円〜10,000円が目安と言われています。 新築祝いの場合は、友人や知人なら3,000円〜10,000円、親戚や兄弟の場合は10,000円〜30,000円が一般的のようです。 開業祝いの場合は、友人や知人なら5,000〜10,000円、親戚や兄弟、取引先の場合は10,000〜30,000円がいいといわれています。

贈る時期

新築祝いのギフトを贈る場合、新居の完成後半月以内が目安です。 新居披露に招待された場合は、持参するようにしましょう。 引越し祝いのギフトを贈る場合、引越しの荷造りが終わる前が理想的です。 遅くなった場合は、引越し当日は避け、2〜3週間程度を目安に贈るようにしましょう。 開業祝いのギフトを贈る場合、通常は開店・開業までに贈るようにします。 親しい方であれば、状況をうかがってから贈ってもよいでしょう。

おススメギフト

贈りものは相手の趣味を考慮したうえで、新居で使えるインテリアの一部などがオススメ。 良く好まれるのはお花や観葉植物ですが、趣味に合うかどうか不安…というときは、カタログギフトを贈って、先方の趣味に合ったものを選んでいただきましょう!

これだけはNG!!

新築祝い・引越し祝い・開業祝いともに、 「火」を連想させるようなものはNG!「火事」に結びつくからです。 相手が望まない限り…は、灰皿・キャンドルなどのギフトは避けましょう。 また、開店・開業祝いの場合には、 「落ちる」イメージのものはタブーです。 たとえば鳥の図柄の絵などはあまり向かないようです。



新しいお家での新生活!引越しなど大変忙しい時期かと思いますがいただいた新築のお祝いのお返しを送りましょう♪本来ならば皆様を自宅に招いてお披露目するのが正式ですが、場所が遠かったり、という事が多いと思います。内祝いを贈る際のマナーやぴったりのギフトをご紹介致します!

熨斗(のし)の書き方

水引…蝶結び
のし上…「内祝」
のし下…贈り手(自分)の姓

ギフトの相場

戴いた新築祝いの半額相当のものをお返しする半返しが基本です。招待した方々の中でも高価なお祝いをいただいた方や、遠方などで来れなかった方にも、お返しを贈りましょう。

贈る時期

新しいお家を建てたら、お世話になった方々や友人をを招待し、新築披露をします。新築後1ヶ月〜2ヶ月の、お昼の明るいうちに行うのが一般的です。家を見てもらうのが目的なので、明るいうちがいいでしょう。新築内祝いのギフトはその時に贈りましょう。 お返しを配送する際は、お披露目の期間と同じように、新築後1ヶ月〜2ヶ月の間に贈りましょう

おススメギフト

いくつもらってもうれしいタオルギフト、石鹸、洗剤などの消耗品も、どなたにも喜ばれる人気のお返しギフトです。 新築内祝いの場合、お祝いにいただく額も高額になる場合が多いので、そのお返しとなると、少し高額になる場合があります。その際には、相手の好みに合わない場合などもあることを考慮して、カタログギフトがオススメです!










 お気に入りページに追加