ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


フォーラムエイト:VR・設計・支援ソフトウェアのフォーラムエイトです。

営業日カレンダー
2019年1月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
2019年2月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
カテゴリトップ > 書籍

VRで学ぶ橋梁工学


書籍
VRで学ぶ橋梁工学


価格
3,686円 (税込 3,980 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
日本国内の橋梁数は橋長2m以上の道路橋で約70万、鉄道橋で約9万橋。そのほとんどが高度成長期に建設され老朽化しており、保全対応が今後ますます求められる。橋の魅力を知って橋ファンになってもらうため、さらに橋を見守ることのできる人が少しでも増えることを念頭に、橋の生い立ちから全体像までと橋の見守り方を、VRとコラボしてとりまとめた。

著者:稲垣竜興
一般社団法人 道路・舗装技術研究協会 理事長、
社団法人土木学会土構造物および基礎委員会舗装に関する研究小委員会幹事長、
社団法人日本道路協会舗装委員会舗装性能評価小委員会委員長、 財団法人道路保全技術センターにて情報技術部長を歴任。

目次
第I編 総論
第1章 緒論
 1 橋ってなんだろう
 2 橋の仕組み
 3 橋の寿命と延命
第2章 橋梁の支え方
 1 橋の設計
 2 橋の支え方
第II編 橋の見張り方(点検・調査)
第3章 橋のどこを見張るか
 1 橋の調べ方・計画と管理
 2 鋼橋の調べ方
 3 コンクリート橋の調べ方
 4 地震後の緊急点検
 5 目視調査の事例
第4章 橋を守るためのデータベース
 1 データの使い方




お支払いについて配送について

お支払い方法は、クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、Amex)、銀行振込、楽天バンク決済がご利用いただけます。

※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。

・配送は佐川急便でお届けいたします。

・ご注文確認後、5営業日以内に発送をこころがけておりますが、万が一出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。

営業時間帯についてプライバシーについて

ネットでのご注文は24時間受け付けております。

※土日祝祭日はお休みをいただきます。 メールの返信は翌営業日となりますのでご了承ください。

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。

当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。