現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


エコゲリラ
エコゲリラ
TOP 会社概要 お支払送料 商品一覧 買い物かご メールマガジン登録 ブログ お問い合わせ よくある質問
【重要】配送についてお知らせ
大阪「G20サミット」開催に伴う交通規制の影響により、6/27(木)〜7/2(火)頃まで、関西地方の一部地域が商品のお届けに遅れが生じる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

ベランダ・お庭で育てるお部屋で育てるお世話する自作する農業プロ用はコチラ
   
今お買得の商品 水耕栽培用エコゲリラ液肥 水耕栽培キットホームハイポニカとは グリーンファーム 水耕栽培のはじめ方 大塚ハウス 水耕栽培QFA 栽培ブログ
在庫限りで販売終了
農業プロ
メルマガ登録はコチラ

営業日カレンダー
---info---
営業時間:10:00−18:00
定休日:(土*)・日・祝祭日
※土曜日は原則お休みですが出荷作業のみ行うこともあります。お急ぎの場合はお問合せください


水耕栽培(ハイポニカ栽培)Q&A
水耕栽培について
Q.家庭菜園は初めてですが・・・
家庭菜園が初心者の方でも安心してお楽しみいただけます!ハイポニカの水耕栽培は、土栽培のような面倒な追肥、専門的な知識は不要です。液肥と水を規定の量入れて頂くだけでOKです。初心者の方、お子様でも安心して栽培から収穫までをお楽しみいただけます。まずは、栽培の簡単な ミニトマト や キュウリ から始められてはいかがでしょうか?
Q.栽培する植物によって、育て方は違いますか?
基本的に栽培方法(肥料の量、追加のタイミング)は、同じです。規定の量の液肥を、入れていただくだけで結構です。その他、吸引方法、整枝方法は、栽培植物により異なります。
Q.どんな野菜が育てられますか?
トマト・メロン・キュウリ・スイカなどは春から夏にかけて栽培可能です。最低気温が10℃を切るようになり、トマトなどが枯れてきたら、ネギ・ミツバ・チンゲンサイなどの寒さに強い作物を栽培してください。栽培ごよみで、栽培できる野菜を紹介しておりますので、ぜひご参照くださいませ。
»ハイポニカ栽培ごよみはコチラ
Q.土栽培に比べて、味は落ちませんか?
甘みがあって、収穫量も多いです。日光を多く吸収するため葉の生育がよく、果実の糖度が高くなり、モーターで水を循環させて根に酸素を届けるので、根の生育をサポートし、たっぷり収穫できるのも大きな魅力です。
Q.ハイポニカ栽培の安全性について教えて下さい。
バイオ技術、遺伝子操作などは一切使用しておりません。付属の肥料は、農水省の登録を得た製品で素人の方でも安心して、正しくお使い頂ける様になっております。土に阻害されずに、存分に栄養・水・酸素・日光を取り込むことができるので、実がたくさんつき、果実も大きいのです。
Q.ハイポニカ栽培の特徴を簡単に教えてください!
下記を参照ください。 »ハイポニカ栽培の特徴の詳細はコチラ
1.成長スピードが速い!(土栽培の約1.5〜2倍速いです)
2.たくさん収穫できます!(土栽培の約2〜4倍収穫できます)
3.健康栽培が可能です!(病気に強いので無農薬栽培ができます)
4.栄養満点!(カルシウムやミネラル・ビタミンが多く含まれます)
5.簡単に栽培できる!(専門知識不要。マンションで農業が楽しめます)
Q.装置のメンテナンスは大変ですか?
栽培種類を変える時に掃除をすればOKです。栽培が終わったら液肥を排出し、各部を水で洗い流してください。ポンプは分解して掃除し、乾燥させて保管してください。 また、ポンプに液肥の成分が結晶化するため、定期的に分解して掃除してください。
»ポンプのお手入れ方法はコチラ
設置、操作、運転について
Q.太陽が全くあたりませんが大丈夫ですか?
申し訳ございません。植物の生育には日光がかかせません。水耕栽培といえども、最低でも2〜3時間の日照時間が必要です。日当たりのよい場所に設置してください。
Q.どの程度の日光があたればいいですか?
目安は朝から6時間以上。夏場、強すぎる直射日光は葉がやけるので、遮光してください。
Q.室内でも育てられますか?
日当たりが良ければ葉野菜なら育ちます。室内でも日光のあたる場所なら、葉野菜であれば育てることができます。実のなる野菜の場合は、屋外での栽培をおすすめします。
Q.ベランダに電源がありません。設置は無理でしょうか?
1.エアコン用の穴を利用する。
エアコン用の通気穴用のカバーを取り外し、延長コードを通し入れ、エアコン穴用の粘土で穴を塞ぐ。または、エアコンカバーにコードが通る切れ目(穴)を入れ、ベランダまで延長コードを出します。※賃貸のため、エアコンカバーをキズ付けたくない場合でも、ホームセンターなどで、数百円程度で販売されていますので、安心です。
2.ウインドコンセントケーブルを利用する。
窓枠を通して室内から屋外へ、電源コードを延長できます。(壁に穴開け不要!)コードが平らになっていて、窓に挟んで使う電源コードです。※ただし、密閉性・密度の高いドアなど、一部ロックできないドアもありますのでご注意ください。
Q.電気料金はどのくらいかかりますか?
ポンプの消費電力は6Wです。(ホームハイポニカ、イエナ(ie・na)の場合)地域や時期などによって異なりますが1ヵ月連続運転した場合の電気代の目安は、約90〜120円程度です。(2011年5月現在)

Q.循環ポンプが液肥を汲み上げないのですが?
水位調節管に根が詰まっているか、チューブが外れている恐れがあります。下記項目をご確認ください。
1.プラグは電源コンセントに確実に差し込まれていますか?
2.循環ポンプと給液パイプがうまく接続されていますか?
3.循環ポンプの吸入部にゴミが詰まっていませんか?
4.揚程の範囲を超えていませんか?
5.長期にわたる連続運転で、循環ポンプのセラミックシャフトが破損していませんか?
6.長期にわたる連続運転で、軸受けが磨耗しインペラーユニットの回転がブレていませんか?
※液肥を汲み上げない時は分解掃除を行っていただくと効果があります。また、栽培終了後は、循環ポンプをそのまま保管せず、必ず、分解掃除をしてから保管することをお願いします。
»ポンプのお手入れ方法はコチラ
Q.循環ポンプの音が気になるのですが?
音の感じ方には個人差がかなりあります。ほとんどの方は「気にならない」程度の大きさです。多少なりとも電気でモーターが動いている状態なので、音は出ます。(※熱帯魚などの水槽程度)音の大きさを最小限に抑える方法としまして、下記項目をご確認ください。
1.分解清掃する。インペラのステンレスの軸も外す。
2.ポンプの位置を変えてみる。※微妙な位置で音が大きく変わります。
3.ホース(またはパイプ)の位置、ホースにあたる発砲スチロールの位置を整える。
4.ポンプと本体の接点、ホース(またはパイプ)とタンク・本体との接点にスポンジ等の吸収材をかませる。
5.本体の底面、本体の足面にゴム(吸音材)をかませる。※ホームセンターなどで購入できます。
循環ポンプの音の大きさは、新品においても多少の差があり、使用年数、使用環境においても変わってきます。ポンプ動作音の大小は、故障ではありません。新品に取り換えても、症状は変わらない可能性がありますことをご理解ください。
エコゲリラウェブショップでご購入いただいた方に限り、無料にて点検をいたしております。
Q.許容量のはずなのにタンクから水が漏れてしまいます。どうすればいいですか?
水位調節管に根が詰まっているか、チューブが外れている恐れがあります。管から根を引き抜くか、チューブをしっかり差し込んでください。
Q.旅行などで家をあけるときは、どうすればいいですか?
補助タンクを用意して、夏場なら遮光してください。液肥を入れたポリタンクを置き、水耕栽培キットと手動ポンプでつないでおけば、自然に液肥を補給させることができます。 ホームハイポニカ303には、専用補水器(自動追肥装置)があります。
»ホームハイポニカ303専用補水器(自動追肥装置)はコチラ
栽培について
Q.うまく発芽しません。どうすればいいですか?
スポンジや種が正しくセットされていないか、温度が低すぎる可能性があります。スポンジがプレートに正しくセットされていないと、水分不足で乾燥してしまいます。また、スポンジにセットした種の位置が浅すぎたり深すぎたりすると、発芽に最適な空気や水が得られず、種が腐ってしまいます。

下記項目をご確認くだい。
1.日照の不足
・日照は、土栽培同様必要です。十分光の当たる場所に設置していますか?
2.温度条件
・植物によってそれぞれの栽培最適気温があります。最適気温で栽培されていますか?
 温度が低くなると生育がゆっくりになります。
 さらに低くなると生育を止め、それよりもさらに低くなると枯れてしまいます。
 栽培環境にあった植物に替えるか、ビニール温室などに入れて温度を保ってください。
・温度が高すぎるのも植物の生育を悪くします。萎れ、枯れが発生します。
 栽培環境にあった植物に替えてください。
3.肥料の不足
・肥料の入れ忘れはありませんか?規定通り入れましたか?
・栽培が長期になると、肥料バランスが崩れる場合があります。
 成長点付近の色が抜けたり、古い葉のふちが脱色した場合は
 循環している液を捨て、新たに液肥を作り直してください。
Q.生育が遅い、悪い。葉色が薄い、悪い。
発芽には水分と温度と空気が必要です。
1.培地に水分が十分含まれていますか?
2.培地が乾燥しないよう、蓋をしていますか?
3.温度は20〜25℃を保てていますか?
※屋外で温度が保てない場合、室内での発芽方法をご利用ください。
Q.苗が枯れてしまいます。
発芽したての苗は、か弱い赤ちゃんの状態です。
強日照、高温、低温、風雨によって弱ったり枯れたりする場合があります。
1.強日照
寒冷紗などで遮光してください。
2.高温
通常、発芽後、根が液に到達するまでは、培地(スポンジ)に含まれる水を吸って生育しますが、強日照・高温期は培地(スポンジ)の水分の蒸発が激しく、液に根が到達する前に枯れてしまう場合があります。室内で発芽させ、培地(スポンジ)の下へ根が出ていることを確認後、装置に定植してください。
3.風雨
発芽したての時は、風雨にさらさないでください。
Q.栽培できるのは春夏のみですか?
一年中、栽培ができます。春夏は実のなる野菜や果物を、秋冬は葉野菜を育てることができます。ハーブなどにも挑戦してみてください。
Q.病害虫が発生したら、どうすればいいですか?
症状を見きわめ、早めに対処してください。土栽培に比べ、病害虫は発生しにくくはありますが、万が一発生した場合は症状の出ている葉を取り除いてください。早めに害虫や病気の種類をつきとめ、対処をすることで、元気を取り戻せます。
Q.花を育てることもできますか?
もちろん育てることができます。葉菜プレートを使って、色々チャレンジしてみてください。
Q.液肥は、キットに最初から付属している肥料以外のものも使えますか?
当ショップで扱っている水耕栽培用の液肥であれば使用可能です。»水耕栽培用液肥はコチラから
Q.うまく育たない場合、相談することはできますか?
もちろんできます。お問い合わせフォーム、またはお電話よりご相談ください。


 お気に入りページに追加