ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは






楽天グローバル

カテゴリトップ > 全国の地酒 > 雅山流


山形から新たな新星 九郎左衛門 雅山流

新藤酒造(有)   山形県米沢市竹井1331




新藤酒造について

明治3年創業以来伝統的手造りの技術をかたくなに守り続けて9代目、吾妻山系の伏流水と恵み豊かなこの地の選びぬかれた酒米を高精白し、杜氏と蔵人が魂をかたむけた酒造りの中に脈々と受け継がれ、今も変わらぬ本物の日本酒として、酒の心をわかる酒徒達にひっそりと呑み続けられてきました。地元では富久鶴というおめでたい長寿の酒として古くから親しまれています。

近年では「本物の地酒 人の求める酒」を目標に、蔵元自営田で原料から一貫して生産を試みている蔵元です。



雅山流について

雪深い吾妻山系の懐に抱かれた大自然の恵み豊な酒蔵より発売されました雅山流シリーズは近年忘れがちである「地酒」の意味をあらためて考え直した時、「本物の地酒・人の求める酒」を目標に自社田で原料米から一貫して生産してみようという発想から生まれ、これを雅山流と命名しました。

山は動かぬもの 川は流れるもの

新藤雅信氏との会話の中から様々な氏の思い入れを垣間見る事ができました。なぜ雅山流という名前に至ったのか・・。雅信氏は菩提寺の和尚さんと深い親交がありいろいろとお話をされているようです。その中から「山流」ということばを教えられたそうです。では「山流」とは何か・・。

ここからは少々仏教的な話になります。曹洞(そうとう)宗の根本聖典「正法眼蔵」という法語集があります。その中に有名な「青山常運歩(せいざんじょううんぽ)」というものがあります。

山は動かないものの代名詞だが、仏法の山は山のままで仏法を説き、仏道を示す。あますところなく私達を包み込むように仏法を説きつつ、我が眼前にせまって来る清浄身つまり仏様。人間の歩行のようでなくとも常に広大無辺青山より運歩して来る事なるを疑う事があってはならないと先哲は説く。
それでは山はいかに動くか。「進歩いまだやまず、退歩いまだやまず。進歩のとき退歩に乖向せず、退歩のとき進歩を乖向せず。この功徳を山流とし、流山とす」進歩も止(や)まず、退歩も止まず、しかも進歩のときは退歩にそむくということではなく、退歩のときにも進歩に背くということではない。このような運動を山流、流山というのである。

簡単に解釈すると山は、一見するだけでは動くようには思えないが「山も人のように常に動いている」という意味です。この山流にご自身のお名前「雅信」の一文字「雅」を付けたのが雅山流です。

 「山は動かぬもの 川は流れるもの」雅山流のコンセプトであったこの言葉は、すべての物事に対して固執した考えに捉われずにという思いのもとで命名したコンセプトです。ぜひお試し下さい。

雅山流商品




雅山流 彩月【しぼりたて生酒】
2020年12月入荷商品
雅山流 彩月(さいげつ) 720ml
商品番号: 2004-016
お気に入りに追加
お気に入りに追加
●雅山流 彩月 しぼりたて純米吟醸生原酒


「山は動かぬもの 川は流れるもの」雅山流のコンセプトであったこの言葉は、すべての物事に対して固執した考えに捉われずにという思いのもとで造られました。この「裏・雅山流」はさらにこの世の中の物事に捉われず、雅山流にさえも出来ぬような風のように自由な発想で醸した完全限定出荷の酒です。

この「雅山流 彩月」は、雅山流のコンセプトはそのままに様々な制約に捉われずに自由な発想で仕込んだお酒です。普段は蔵人しか口に出来ない「しぼりたて」をそのまま壜へ封入しました。厳選されたもろみからしぼられた中汲は香り華々しく鮮度の高い中にも密度の濃い味がします。
雅山流:新藤酒造


原料米
精米歩合
日本酒度
酸度
アルコール度
出羽燦々
60%
+1
1.5
17〜18%
・配送/クール便(4月〜10月頃まで)
・保存/要冷蔵
・容量/720ml

備考:
・日本酒1本ご注文の場合には宅急便箱代別途掛かります。
・日本酒2本ご注文の場合には宅急便箱代別途掛かります。
・日本酒3本以上ご注文の場合には箱代は掛かりません。
・クール便指定商品は別途掛かります。
・上記は商品代金の他に掛かります。ご了承願います。
・当店からの確認メールに正しい総額が記入されます。



[お酒は20才になってから]当店では未成年者への酒類販売はいたしません。
ショップへ相談