現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(金)9:59まで このショップに投票する

メンテナンス用品

お届けについてのご注意

サイズと修理内容について

大型家具をご検討のお客様へ

店長のご挨拶

ダブルデイでは新しいものと古いもののMIXを表す
「Retro Fusion 〜レトロフュージョン〜」をコンセプトにアンティーク家具と新しい家具や雑貨のコーディネートを提案しています。その中でも、イギリスで50年以上大切に 使われてきたミッドセンチュリーの家具たちは、今でもそのデザインや品質の良さから私たちを惹きつけてやみません。そんな素敵な家具たちのことを、もっと 多くの方に知っていただきたいと思い、オンラインショップでの販売も行っています。どことなく懐かしく、それでいてモダンでもあるアンティーク家具のある 上質でベーシックなライフスタイルをぜひお楽しみください。


>> BLOG
2018.11.1
「Denmark ANTIQUE 10%OFF」


STAFF BLOG


〜自社工房にて修理・メンテナンスを行っています〜

アンティーク家具がもともと上質な製品であるといっても、
やはり経年によるある程度の劣化は免れません。
そのため、ひとつひとつ違う家具の状態を確認し最適の方法でメンテナンスを行っています。
お客様の手元に良い状態でお届けすることで、
良いアンティーク家具をさらに長い間愛用していただけることを願っています。



■アンティーク家具のメンテナンスに関して■

当店のアンティーク家具は自社工房にて日常のご使用に差し支えない状態にメンテナンスしてお届けいたします。
基本的にはガタツキ・ぐらつきの調整を中心にメンテナンスを施します。
状態によっては一部家具で(ERCOL・チャーチ等)チェアの座面、テーブルの天板の塗装を剥離しオイル等で仕上げます。
過去の使用でついたキズはアンティーク家具の特徴です。使用上支障のないキズは修理対象外となります。
長年の使用によりほとんどのアンティーク家具に全体的な変色や色あせ、部分的な色ムラが見られますが、
テーブルの天板など特に色ムラが目立つものを除き、こういった変色等は修理対象外となります。
※だたし、色ムラや輪ジミが完全になくなるわけではございません。あらかじめご了承願います。



■アンティークチェアのサイズ表記に関して■

アンティークチェアのサイズ表記は、下記の4種類になっています。



■W/幅…背もたれの幅
■D/奥行き…座面の前から、ポケットのあるタイプは、ポケットの部分まで
        ポケットなしは、背もたれの部分まで
■H/高さ…床から背もたれまで
■SH/シートハイ…床から座面まで

※商品の特性上、同一品番の商品でも、サイズは個別に違っています。
 あらかじめご了承ください。


■アンティークチェアの修理内容に関して■


アンティークチェアの修理箇所は、主に下記になります。


■1…チャーチチェアのポケット部/ポケットと本体の接合部のゆるみがある場合、修理します。
         板の端が欠損していたりすることがありますが、これは、あえて
         修理しておりません。(新しい板を付け直したりすると、オリジナルの
         特徴が損なわれると考えているためです)。

■2…座面とフレームの結合部/ゆるみやすい箇所なので、外れかかっている場合などは、
         一度外してから付け直します。
         この箇所に、若干のすきまが空いていることがありますが、板の収縮によるもので、
         修理の際に補強し直しておりますので、ご使用には支障ありません。

■3…脚部の構造/ゆるみがあれば、いったん外してから付け直しします。

■4…床との設置面の調整(レベル合わせ)/木製のイスなので、長年の使用により、
         すり減ったり欠けたりして、脚の長さがずれてきています。それを微調整して、
         座った時にがたがたしないようにしています。




 お気に入りページに追加