現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

Chaco(チャコ)


1989年、マーク・ペイジェンによって設立されたサンダルブランドChaco(チャコ)...
1970年代後半から1980年代にかけて、北カリフォルニアのカスタム・シューズメーカーで働いていたマークは、その当時に売られていたアウトドアスポーツ向けのフットウエアに満足しておらず、靴職人だった経験と知識を生かし、自分でサンダルを作ることを決意。そして、そこからチャコサンダルがスタートしました。
彼が最初に作ったサンダルは口コミで人気を呼び、Z2のストラップ形状や張り替えができるソールなど現在のチャコサンダルの特長の多くは、設立当初から受け継がれているマークのポリシーでもあります。 現在はさらに、足を専門とする整形外科医の力も借り、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けています。
『 Fit(フィット性)/Comfort(快適性)/Support(サポート性)/Performance(性能)、日常の生活からあらゆるレジャーシーンで愛されるサンダルを。』 マークのポリシーを受け継いだチャコサンダルは、現在もなお開発に力を注ぎ、トップメーカーとして成長を続けています。





 お気に入りページに追加