現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カウチンファミリー
全品送料無料 会社概要 お支払い・送料 商品一覧 買物カゴ カウチファミリー店舗トップ 楽天市場トップ

SPRING & SUMMER【アロハタワー(アロハシャツ販売) 】春夏のハッピーアイテムは、アロハシャツ!

Autumn & Winter【カウチンファミリー(カウチンセーター販売) 】秋冬の主役は、カウチンセーター
掘り出し物はこちら
カウチンファミリー+アロハシャツ楽天市場店舗内から商品を色、柄、ブランド名などの気になるキーワードで検索出来ます♪
Kanata/カナタ
CANADIAN SWEATER COMPANY/カナディアン セーター・カンパニー
granted/グランテッド
SCHOTT/ショット
STUDIO D'ARTISAN/ステュディオ・ダ・ルチザン
ジェムス・ワールド(JAMS WORLD)
カハラのショートパンツ
メンズの大きいサイズは、見つかりましたか?
和柄ブランドのマカナレイ、ララカイのレディース対応サイズはこちら
貴方のための一着、プレミアムアロハシャツ
サイズ選びに困ったら…、こちらからご確認いただけます!
WRAPPING ラッピング
● 初めてのカウチンセーター
水洗いはできるの?
サイズ選びが不安…
毛糸の種類と品質…
温かくないは半分正解!?
逆開・Wファスナーについて…
ご返品・交換について…
ギフト・ラッピングについて…
修理(お直し)について…
カウチンセーター Q&A(質問)
Blog<店長の部屋>
facebook<いいね!>
Kanata/カナタ
ベスト
ジャケット
STUDIO D'ARTISAN/ステュディオ・ダ・ルチザン
ベスト
ジャケット
カーディガン
カテゴリー別メニュー
カウチンセーター
カーディガン
ステュディオ・ダ・ルチザン
(STUDIO D'ARTISAN)
長袖

春夏アイテム
OVERSEAS SHIPMENT
Other Languages
English Korean
Taiwanese Chinese
● 初めてのアロハシャツ
洗濯、忘れていませんか?
間違いだらけの洗濯?
サイズ選びが不安…
アロハシャツの生地…
ご返品・交換について…
ギフト・ラッピングについて…
修理(お直し)について…
Q&A<店長の部屋>
facebook<いいね!>
◇ハワイアンブランド
▼トリ・リチャード
 ├ 半袖
 ├ 長袖
 ├ スリムフィット
 ├ ヴィンテージモデル
 ├ ポロシャツ
 └ ショートパンツ

▼カハラ1936
 ├ 最新モデル
 ├ ストックモデル
 ├ KIDS(キッズ)
 ├ Tシャツ
 └ ショートパンツ

▼ゴーベアフット
 ├ 最新モデル
 └ ストックモデル

▼レインスプーナー
 ├ 最新モデル
 └ ショート&ロングパンツ

▼カメハメハ
 ├ 半袖
 └ 長袖

▼パラダイス・ファウンド
 └ 半袖

▼ハワイアン・ムーン
 ├ 最新モデル
 └ パラカ・ハワイ

▼アーバン・ハワイアン
 └ 最新モデル

▼ジェムス・ワールド
 ├ レーヨンモデル
 └ コットンモデル

◇国内向ブランド
▼マカナレイ[MAKANA LEI]
半袖
長袖
手描き
Tシャツ

▼ララカイ[LaLakai]
半袖
長袖

▼フラケイキ[HULA KEIKI]
半袖
長袖
アロハジャケット

▼ステュディオ・ダ・ルチザン
[STUDIO D'ARTISAN]
アロハシャツ
│ └ 最新モデル
ワークシャツ(長袖)
デニムパンツ
スカジャン
アクセサリー
スウェット&Tシャツ

▼パイナップルジュース
半袖

▼イオ・ラニ
半袖

▼ 宴[UTAGE JAPAN]
半袖

▼パイカジ[PAIKAJI]
MEN'S
LADY'S
KID'S

Tシャツ
パンツ(ショート&ロング)
アウター
オークション
先行予約販売
プレミアムアロハについて
お客様の声(レビュー)
メールマガジン登録
サイズ交換 往復送料0円
WRAPPING ラッピング
EMS 海外発送
メールマガジン 登録・配信中止
カウチンファミリー facebookページ
カウチンファミリー スマホページ
カウチンファミリー 携帯ページ

毛糸の種類と品質…(カウチンセーター版)

<<<カウチンセーターの毛糸の種類、品質など>>>


◎ヤーン(YARN)とは・・・
紡ぎ糸、編み糸、撚(よ)り糸のことです。本物のカウチンセーターは、良質なウール100%のヤーンを使ってハンドメイドで編み上げています。

◎ピュアバージンウールとは・・・
ウールの中には再生品(リサイクル品)があります。古いセーターを解いて編み直したり、フエルトにしたりもします。ピュアバージンウールはそのような種類のウールではなく、本当に新しいウールですよ、という意味です。ウールの品質を表したものではありません。また「未脱脂」のウールということでもありません。

◎6PLY(6プライヤーン)とは・・・
プライヤーンとは、生地を織る時に使う糸自体が何本の糸を撚って構成されているかになります。カウチンヤーンは原毛を手紡ぎした撚りのない6本の糸を引き揃えて1本の太い糸にしているのがスタンダードとなります。これが6PLYと呼ばれるものです。

毛糸


◎スーパーファインメリノウールとは・・・
メリノウール(羊毛の中でも最高級とされるウール)の中でも平均的な細さが19.5ミクロン(1ミクロン=1000分の1ミリメートル)未満の極細の羊毛繊維(高級ウール)のみを使って毛糸にしたものです。通常肌着に使われ、柔らかな肌触りで強いクリンプ(縮れ)による保温性の高い最高級のものになります。 カウチンセーターに使用する時は、他のカウチンセーターの毛糸よりも少し細めなので編んだとき少し薄手になります。カウチンセーターでありながら、軽くて伸縮性に優れたセーターに仕上がります。

◎レギュラーヤーンとは・・・
カナダ製カウチンセーターの毛糸で、店頭に並んでいるカウチンセーターは、この毛糸を使用したモデルがスタンダードとなります。太さはビンテージヤーンと同じで極太の毛糸なので、カウチンセーターにしたときはペラペラの薄い感じではなくザックリとした厚手の仕上がりになります。

◎ビンテージヤーンとは・・・
毛糸の繊維そのものは通常のカウチンヤーン(レギュラーヤーン/6プライヤーン)と同じですが、毛糸にするときの撚り(ねじり)がゆるく毛羽立っているのでボリューム感が出ます。シングルプライヤーン、2プライヤーンなどがヴィンテージヤーンの代表的なものになります。レギュラーヤーンよりも染めの工程をひとつ増やしているのでカラーに落ち着きがあり、シブい色味に仕上がるのが特徴です。この毛糸でカウチンセーターにしたときは、着古したようなユーズド感を強調したスタイルになります。

◎カナディアンヤーンとは・・・
カナディアンセーターカンパニーがカウチンセーターで採用している6プライヤーン(6PLY)のことです。この毛糸を使用したモデルがスタンダードとなります。

◎ヘリテージヤーンとは・・・
カナディアンセーターカンパニーが、カウチンセーターで採用している「手紡ぎの糸」のことです。全て職人の手によって紡ぎ糸にする昔ながらの手法で紡いでいて、撚(よ)りがゆるく、ボリューム感があります。最も太いクラシカルなシングルプライヤーンの毛糸は、ふわっとした毛羽立ちがあるのが特徴です。また、染めていないためナチュラル(自然)な色であるのも特徴のひとつで、グレー、ダークブラウン、ナチュラルの3色となります。

◎シグネチャーパターンとは・・・
カウチンセーターに用いるカウチン族の伝統的な手法や編み模様やのことです。狩猟民族であるカウチン族の身近にあった自然をモチーフを使っています。雪の結晶などを用いた幾何学的なデザインは、それぞれの部族で独自のパターンがあり、家紋的意味を持っていたと言われています。また、エルク(大角鹿)、鷲、シャチ、サンダーバードの部族の生活に密着した動物の柄もシグネチャーパターンです。カナダと言えばメイプルリーフが印象的ですが、カウチンセーターのモチーフとしては比較的新しいものになります。

◎現代のカウチンヤーンは脱脂をしてあります。
昔は、現地で羊を飼い原毛の刈り取りから糸の製作も行っていましたが、現在バンクーバー島では羊の放牧がなくなってしまいました。糸の製作を行っていた時代には、極寒から身を守るために保温性の高い未脱脂の糸を使ったウチンセーターが編まれていたとしても可笑しくはありません。現代のカウチンセーターはカラフルな糸を使用したものが多いですが、糸を染色するためにも脱脂はしなくてはなりません。

また、未脱脂の羊毛は油分(ラノリン)でベトベトしているのと臭いが非常に強いので、ファッションウエアとして使用するには適していません。未脱脂のカウチンセーターは製品としては存在しないのが本当のところです。ただし、脱脂はしてありますが、微量の油分(ラノリン)はウールのコアの部分に残っています。また、カウチンヤーン独特の風合いを生かすため一度原毛をきれいに水洗いにし、油(ラノリン)を添付しているので防水、防寒に優れています。カウチンセーターを触っていると手にウールの香りが多少なりとも付くので、気になる方はご注意ください。

◎カウチンセーターはピリング(毛玉)になりやすい特性。
カウチンセーターは、1回のご着用でもある程度、ピリング(毛玉)になりやすい特性があります。毛玉のできやすい編み糸(ヤーン)を使用しています。毛玉のできやすい毛糸を使用しているのは、着込んでいくうちに毛糸が毛玉やフェルト状になり、ニットの編み目をふさいで保温性を高くするためです。そのため、新品時は編み目がふさがっていないので、思ったよりも暖かく感じないことが多いです。

着込んでいくうちに保温性が増すのは、カウチンセーターの特性のひとつでもあります。なお、毛玉があまりにも気になるようでしたら、市販の毛玉取り器(約1,000円〜約5,000円)で毛玉を取ると綺麗になります。もちろん、ハサミで切り取っても大丈夫ですが、くれぐれも毛玉を引っ張って取り除いたり、むしり取ったりしないようにご注意ください。

◎カウチンセーターに使用するスタンダードの毛糸は6PLY(6プライヤーン)。
通常カウチンセーターは、6PLY(6プライヤーン)と呼ばれる編み糸(ヤーン)を使用しています。6PLYは、細い6本の糸を引き揃えて1本の太い糸にしていて、さらに保温・撥水性を高めるため羊毛糸にラノリンという脂を含ませているので重量感のあるセーターとなっています。本来カウチンセーターは、極寒の地の防寒着として作られているので、どうしても重量感のあるものとなってしまいます。

◎軽いカウチンセーターを探すならスーパーファインメリノウールを使用したもの。
カウチンセーターには、1PLY(シングルプライヤーン)と呼ばれる編み糸(ヤーン)を使用したタイプもあります。1PLYは糸を引き揃えていない1本の糸のため、その毛糸を使用してカウチンセーターを編み上げた際は、6PLYのものより厚みが薄く、軽いものに仕上がります。さらにスーパーファインメリノウールとよばれる毛糸を使用したタイプは、厳選した細い毛を用いた毛糸で脂分(ラノリン)も含んでいないので 1PLYのカウチンセーターよりも軽量となります。

◎カウチンセーターには独特の匂いがあります。
匂いの元は、本来羊毛がもつ油脂成分(ラノリン)の匂いです。カウチンセーターは撥水性と防寒性を高めるため、染色するために一度脱脂した毛糸を染色後に油脂成分を故意にシミ込ませたものを使用しています。羊毛の油脂成分を抜いた毛糸をそのまま使用した比較的匂いは少ないカウチンセーターもありますが、どうしても少量の油脂成分は羊毛の中に残っているので、匂いがすることもあります。

語弊が生じるかもしれませんが、カウチンセーターは多少なりともそのような匂いがするセーターだとご理解ください。平干しネットなど通気性の良い場所で保管すれば、いくらか匂いは和らいでくるとおもいますが、やはりいくらか匂いは残ると思います。どうしても匂いを取りたい場合は、ドライクリーニングで油脂成分(ラノリン)を抜いてしまうのもひとつの方法です。

ただし、油脂成分を抜いてしまうため撥水性と防寒性は低くなり、多少、クタッとした感じになることが予想されます。クリーニング屋さんによっては断られる場合がありますので、お出しいただく前に一度クリーニング屋さんでご相談ください。



 お気に入りページに追加

KANATA カナタ STUDIO D'ARTISAN ステュディオ・ダ・ルチザン granted グランテッド CANADIAN SWEATER COMPANY カナディアン・セーターカンパニー SCHOTT ショット
TORI RICHARD トリリチャード Reyn Spooner レインスプーナー KAHALA カハラ GO BAREFOOT ゴーベアフット JAMS WORLD ジャムズ・ワールド
KAMEHAMEHA カメハメハ PARADISE FOUND パラダイス・ファウンド Kai Clothing カイ・クロージング HAWAIIAN MOON ハワイアン・ムーン URBAN HAWAIIAN アーバン・ハワイアン
PINEAPPLE JUICE パイナップル・ジュース IOLANI イオラニ STUDIO D'ARTISAN ステュディオ・ダ・ルチザン MAKANALEI マカナレイ
LALAKAI ララカイ
HULA KEIKI フラケイキ PAIKAJI パイカジ UTAGE JAPAN 宴 SCHOTT ショット BACKHEAD バックヘッド