ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは








店主のこだわり
加賀金箔名人と特別契約してお作りいただいた純金茶専用の金箔本金1号を使用しています。
爽やかな香りと、コクのある甘味が特徴です。
金箔の気品ある輝きが、贅沢なくつろぎのひとときを演出します。



『純金茶』は、茶宝の契約農園で栽培された深むし濃煎茶に加賀金箔をブレンドした高級緑茶です。凛として爽やかな香り、コクのある甘みには定評があります。その美味しさを一段と引き立たせるのが金箔。茶湯の上でキラキラと光を放ちつつ踊り、贅沢なひとときを演出してくれます。(茶漉しが付いた急須でも金箔が湯のみに出るよう工夫してあります)。

匠の技で作られる金箔は、加賀初代藩主前田利家が、今から約400年前(安土桃山時代末期・16世紀後半)に石川県の金沢や能登で製造にとりかかったのがその発端とされています。以来、連綿としてその精緻な技術が伝えられ、今日では通産大臣より伝統的工芸材料の指定を受けるとともに、国内生産の99%を占める金沢箔として発展を遂げました。

その加賀前田家御用達のある料亭では、上得意様のお客様がお正月に始めて来店をした折に、何よりも先に『金箔の浮いたお茶』をお出ししたそうです。この逸話に感銘を受けた店主岡本が加賀金箔名人と特別契約し、純金茶専用の最高級本金を使用、試行錯誤の末に創り上げたのがこちらの『純金茶』です。

いわば『純金茶』は、加賀金箔400年の伝統技に、茶宝200年の伝統の技が色を添え、二つの伝統技術が組み合わさったところに生まれた珠玉の日本茶なのです。
淹れ方はページ下をご覧ください




純金茶 100g [ゴールド缶入]

商品番号  GLD-0001
価格1,620円 (税込) 送料別
送料300円
2〜3営業日以内に発送予定
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便[特定送料]
  • 追跡可能メール便[特定送料]
商品のご案内

農林水産大臣賞受賞茶師の最高級濃煎茶に、最高級加賀金箔をブレンドした珠玉の緑茶です。

最高級濃煎茶に加賀金箔名人と特別契約し製造した最高級金箔をブレンドした茶宝一贅沢な緑茶を、美しい金色の茶缶に収めました。
大切な方への贈り物・おもてなしにどうぞ。

原材料 緑茶99.9%、金箔0.1%
内容量 100g
産地 国産
成分 下表
農薬基準

抽出液は残留農薬ゼロ。
茶葉は食品衛生法、厚生労働省基準、環境省、農林水産省基準を遵守しております。

添加物 使用なし
包装仕様

商品の鮮度を保持するための脱酸素材エージレス入り。

商品サイズ 10cm×7cm×7cm
取扱期間 一年中
賞味期限 未開封のとき包装日から1年
保存方法

高温多湿を避け、冷暗所で密封保存してください。



■品質表示 ランク評価
1.茶葉の水分 水分 3.1% ★★★☆☆
2.おいしい茶葉の全成分 全窒素(T-N) 5,400mg/100g ★★★★
3.うま味の全成分 全遊離アミノ酸  2,600mg/100g ★★★★
4.テアニン(うま味の主成分) テアニン 1,300mg/100g ★★★★
5.繊維成分 繊維 19,500mg/100g ★★★★
6.健康成分 カテキン タンニン 14,300mg/100g ★★★☆☆
7.健康成分 カフェイン カフェイン 2,400mg/100g ★★★☆☆
8.健康成分 ビタミンC(TVC) ビタミンC 400mg/100g ★★★★
9.成分の組み合わせによる品質評価 - - ★★★★







ネコポス発送は4袋まで可能です
純金茶 80g [金袋入]


商品番号  GLD-0003
価格1,080円 (税込) 送料別
送料300円
2〜3営業日以内に発送予定
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便[特定送料]
  • 追跡可能メール便[特定送料]
商品のご案内

農林水産大臣賞受賞茶師の濃煎茶に加賀金箔をブレンドした名品。

良質な濃煎茶に加賀金箔名人と特別契約し製造した最高級金箔をブレンドした茶宝の看板作を、華やかな金色のパッケージに収めました。
残留農薬0の安心安全な高級茶です。

原材料 緑茶99.9%、金箔0.1%
内容量

80g
※お試し用一回分の商品こちら

産地 国産
成分 下表
農薬基準

抽出液は残留農薬ゼロ。
茶葉は食品衛生法、厚生労働省基準、環境省、農林水産省基準を遵守しております。

添加物 使用なし
包装仕様

商品の鮮度を保持するための脱酸素材エージレス入り。

商品サイズ 23cm×11cm×1cm
取扱期間 一年中
賞味期限 未開封のとき包装日から1年
保存方法

高温多湿を避け、冷暗所で密封保存してください。



■品質表示 ランク評価
1.茶葉の水分 水分 3.1% ★★★☆☆
2.おいしい茶葉の全成分 全窒素(T-N) 5,400mg/100g ★★★★
3.うま味の全成分 全遊離アミノ酸  2,600mg/100g ★★★★
4.テアニン(うま味の主成分) テアニン 1,300mg/100g ★★★★
5.繊維成分 繊維 19,500mg/100g ★★★★
6.健康成分 カテキン タンニン 14,300mg/100g ★★★☆☆
7.健康成分 カフェイン カフェイン 2,400mg/100g ★★★☆☆
8.健康成分 ビタミンC(TVC) ビタミンC 400mg/100g ★★★★
9.成分の組み合わせによる品質評価 - - ★★★★




買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK


淹れ方
こちらの『純金茶』は、鎌倉に本部がある国際茶道丹月流・丹下明月家元より、金茶道(きんさどう)のお名前と作法を頂戴しております。普通に入れていただいても十分お愉しみいただけるお茶ですが、丹月流金茶道の作法にて純金茶をお愉しみいただくこともできます。

★純金茶の淹れ方(金茶道)

準備する茶道具

(1)電壷(湯沸し)または電気ポット2台、 茶入れ(棗(なつめ))、 抹茶茶碗 数個、 茶筅(天目用の先をカットしたもの)、 茶杓、 茶巾入れ 二個、茶巾 数枚、 建水
(2)茶葉は日本、 中国の緑茶のすべてに適用される。(烏龍茶は非適用)

点前様式

(1)挨拶 お煎茶を差し上げます。
(2)帛紗(ふくさ)をたたむ。(帛紗扱いは割り稽古)
(3)たたんだ帛紗を中央の右手前に置く。
(4)茶筅を茶碗に仕組み茶杓を伏せて置く。
(5)棗を膝前に置き、茶碗を中央に寄せて、「おくつろぎくださいませ」
(6)帛紗を右手で取り、左手に棗を持たせて蓋上から底へと二回清めて右手で置く。
(7)帛紗を左手に持たせポンと払い、茶杓を清めて(茶杓扱い割り稽古)棗の上に置く。
(8)茶杓を清めた帛紗は左手に持たせて、右手で中央の茶碗を引き、次の茶碗も手前に引く帛紗を払い右手で茶碗の横に置く。
(9)茶碗の中の茶巾を右手で持ち、左手でお湯のポットを持ち茶碗に適量のお湯を入れる。
(10)茶筅とおしをする(割り稽古)。茶碗を湯がえしして建水にこぼす。茶巾を右手で入れ、茶巾で茶碗をぬぐう(茶巾扱いの割り稽古)茶巾はそのままにしておく、前に置いた茶碗に湯を入れておく。
(11)両手を握り締め、心を落ち着けて、茶杓と棗をもち茶碗に適量の茶を入れ、茶杓で量を計り茶碗の腹を一回打って両器を戻す。
(12)主(おも)茶碗(ちゃわん)に、次の茶碗に入っているお湯をゆったりと入れる。金茶の場合は(浮かんだ金の流れが動かなくなって)茶葉が膨らんできたら、茶筅を入れて動かす。(濃くも薄くも茶筅のふり方で決まるので注意)
(13)茶碗を持ち、正面を改めて客に「どうぞ」と勧める。
(14)(客の対応)客は「お点前(てまえ)頂戴致します」と一礼して、茶碗を持ち上げ感謝を現し左膝に寄せて淹(いれ)具合(ぐあい)を吟味する。正面を亭主に回して、約三分の一の一口を飲み、「お服合(ふくあい)結構でございます」と挨拶を交わす。のち茶碗をゆすりながら飲む。亭主は客がまだ飲み終わらぬところでまたお湯を差してお菓子を勧める。更にお湯を注いでもらいたいとき客は茶碗を元の位置に置く。
(15)亭主は次の茶碗を手前に引き主茶碗とし茶巾を入れておき、その次の茶碗を次の茶碗の位置に置いてその中にお湯を入れる。
(16)右手で主茶碗を左手に乗せ、茶巾を使いぬぐい元の位置に戻す。茶巾を外し、お茶を入れ、次の茶碗の湯を入れる。茶を点てて客に勧める。以下この順序で次へ次へと進める。
(17)道具を元の位置に収める。
(18)帛紗をたたみ前に置き、「お退屈様でございました」と挨拶する。

★純金茶の淹れ方(一般的な淹れ方)

1.人数分の茶碗にお湯を注ぎ湯冷ましをする
・お湯の量は1人あたり上級で60ml、並級で90ml。
・茶碗の大きさは、上級は小ぶり、並級は中ぶり。

2.お茶の葉を急須に入れる
・2,3人分の場合、1人3gを目安とする。
・1人分を入れる場合は少し多め(5g)。
・10人分くらいを入れる場合には20g程度とする。
※茶漉しの目が細かすぎると金粉が湯飲みに出にくくなります。

3.湯冷まししたお湯を急須に注ぐ
・お湯の温度は上級で70℃、並級で90℃。
・浸出時間は上級で約1分、並級では約30秒。
・深むし煎茶は茶の生葉を蒸す工程で蒸熱程度を強くして作られたお茶で、葉の粒度が細くなっているので浸出時間を普通煎茶と比べ少し短くする。

4.お茶を茶碗に注ぐ
・分量は均一に、濃淡のないように「廻しつぎ」をする。
・最後の1滴まで絞り切ることがポイント!
(注ぎきることによって急須の中にお湯を残さないことが、後の2煎目をおいしく入れる秘訣でもある)
・飲むときの温度は50〜60℃程度。

◎2煎目の入れ方
・2煎目はお湯を注いでから10秒待つ。(温度は1煎目よりもやや高い温度で浸出)
・1煎目で入れたお湯を目安としてポットから直接急須へ注いでも良いがこの場合はあまり間をおかず、茶碗に「廻しつぎ」をする。
・渋味を避けたい場合には同量入れられる湯冷まし器を用意して、少し冷ましてから入れると良い。


 お気に入りページに追加