現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは



カスピ海ヨーグルトってどんなもの?
「カスピ海ヨーグルト」は家庭で簡単に作ることができる、話題のヨーグルトです。
「カスピ海ヨーグルト」は酸味が少なく口当たりがクリーミーで、とろりとした独特の粘りがあることが特徴です。味わいにコクがあるので食べやすく、従来のヨーグルト好きの方にはもちろん、酸っぱさが苦手な男性やお子様、ご年配の方の栄養補給にも適しています。通常のヨーグルトと違って、常温(20〜30℃)で発酵するため、家庭でも比較的簡単に手作りできることや、知り合いに「株分け」できる楽しさがあり、今では日本中に広まっているのです。
カスピ海ヨーグルトの最大の特徴である「粘り」成分の秘密は、その菌にあります。カスピ海ヨーグルトは「クレモリス菌」「アセトバクター菌」という2つの菌によって作られています。「クレモリス菌」は乳酸を作る乳酸菌ですが、粘りの元になる物質、粘性多糖類も作り出します。この粘性多糖類がカスピ海ヨーグルトの粘りや口当たりの元になっています。  
⇒菌についての詳しい説明はこちら

通常のヨーグルトに含まれているのは、ブルガリア菌・サーモフィラス菌・アシドフィラス菌・ビフィズス菌などで、菌によってそれぞれ個性がありますが、これらの菌はカスピ海ヨーグルトよりも発酵温度が高く(40度前後)、粘性多糖類を作り出すことはありません。
またコーカサス地方には「ケフィア」と呼ばれる発酵乳もありますが、これはカスピ海ヨーグルトとは異なるものです。カスピ海ヨーグルトのような粘りはなく、普通のヨーグルトに近い味です。ケフィアは別名「ヨーグルトきのこ」と呼ばれるもので、含まれる菌の種類が複雑で乳酸菌だけではなく酵母なども含まれています。

・カスピ海ヨーグルトってどんなもの?
・カスピ海ヨーグルトはどこからきたの?
・これで納得!カスピ海ヨーグルトの菌?
・カスピ海ヨーグルトの秘密


 お気に入りページに追加