現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


【お知らせ】 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止策に基づき、弊社は在宅勤務を実施しております。
【ご注文・配送について】 通常通り承っております。
【お問い合わせについて】 従業員不在のため電話は繋がりません。ご不便をおかけ致しますが、各商品ページの左メニューにある「お問い合わせフォーム」、または「calwine@shop.rakuten.co.jp」宛にお願い申し上げます。



■ 【贈り物用ギフト対応とのし】についてはこちらよりどうぞ>>

フリーランダー カリフォルニアワイン ボトルド バイ ナパヴァレー Freelander Wine DISTRICT ONE California Cellared&Bottled by Napa Valley 赤白ワイン カルフォルニアワイン

※フランシスカン第二章※ (2千円台)
ターンブル、クインテッサ、モンダヴィ... ナパ・ヴァレー・ファインワインの何たるかを知るキーマンの新たなメインストリーム
《フリーランダー》 “ディストリクト・ワン”|Freelander “DISTRICT ONE”




ターンブル|クインテッサ|フランシスカン|ロバート・モンダヴィ
広く知られるこれら高名な先でワイン造りを進め、ナパ・ヴァレーを舞台に活躍を続けた人物がラリー・レヴィン-Larry Levin-。
中でも最も深い関係にあったワイナリーがフランシスカンであり、1998年の就任から10年程の間に日本市場でも急激に認知を増したフランシスカンの各種は、氏が醸造の陣頭指揮をとり手掛けられたものです。

ムートンと対等にオーパス・ワンの株式を保有する酒類資本にコンステレーション・ブランズがあり、そのファインワイン部門は「アイコン・エステーツ」-Icon Estates-と称されます。アイコン・エステーツにはグループを統括する「醸造部門代表の副社長」-Vice President of Winemaking-のポストが設けられ、その座に長く就いた人物もまたラリー・レヴィンでした。

 

わけてもフランシスカンが、“お値打ちナパ決定版”として名を響き渡らせた理由は、「価格不相応」とも言える高いクオリティに他ならぬ筈であり、それをワイン造りの最前線から支えた人物として、真っ先に挙げられる名もラリー・レヴィン(醸造長)。彼の下で研鑽を積みやがて活躍する醸造家も多いことから“Winemaker's Winemaker”と呼ばれることもあります。

「真に良質なワインとは価格とのバランスに見合うもの」
ワインアドヴォケイト209号で、ロバート・パーカー氏が直々に確定100点を捧げた2010年のターンブルも、氏が醸造コンサルタントにいた頃の作。
更にはナパ・ヴァレーはラザフォード地区随一の高級生産者、クインテッサの醸造長でもあった彼がなぜ今...

ナパ・ヴァレーのファインワインを熟知する氏が今、心血を注ぐ新たな分野が「従来品に比べ数分の一の価格で手にし得るハイクオリティワイン」
上記の言葉を基本理念に掲げ、ピノノワール専科の《ブロック・ナイン》を皮切りに、第二弾としてカベルネとシャルドネを擁する《フリーランダー》の発表に至りました。



高級ワインの生産手法を反映されせることで実現した価値ある品質。
それに対し、いち早く取り上げたワインアドヴォケイトやワインエンスージアストといった有力媒体からは、「高額でなくとも味わいの評価が高いワイン」と讃えられています。



【ラリー・レヴィン】
フランシスカン人気の最大功労者としてばかりでなく、実に輝かしい経歴を持つワインメーカー。世界有数のワインシンクタンクでもあるUCデイヴィス(カリフォルニア大学デービス校)にて醸造学位を修了後、質実剛健の造りで知られるソノマのドライクリーク・ヴィンヤードで17年、フランシスカンでは醸造長を9年間勤め上げた。
米国外でも、世界的に有名なチリのヴェラモンテでコンサルを、伊・キャンティの名門ルフィーノにおいては醸造部門の責任者として携わり、ニュージーランド、オーストラリアでも活躍。カリフォルニアでは上記モンダヴィ等の他、歴史的なマウント・ヴィーダー・ワイナリー(※)も内一つに挙げられる。
(※Mount Veeder Winery:ハイツ・セラーズの設立に立ち会いマーサズ・ヴィンヤードを設けたバーナード・ローデス博士がボルドー品種のクローンを求めたバーンスタイン・ヴィンヤード-Bernstein Vineayrd-の所有者であり、原産地呼称としての「マウント・ヴィーダーAVA」を冠した初のワイナリー)
フリーランダーとブロックナインに注力する現在も、幾つかのワイナリーに請われ、ナパのスタッグズリープ、同オークヴィル地区のプレミアム生産者でも醸造コンサルタントに就く。

【生産者概要】
ロバート・パーカーのワインアドヴォケイトから、11もの銘柄が連続して「ベストバイ-Best Buy)」を与えられたウッドマー・グループ-Woodmar Group-のワイン。その創設者兼社長であるマイク・オコーネル-Mike O'Connell-と、コンステレーションを退いたラリー・レヴィンの両氏が新たに立ち上げたワイナリー。オコーネル氏は、伝説的なインディカーレーサー、マリオ・アンドレッティのワイナリーを運営したキャリアも有す他、今ではグレイソン・セラーズ-Grayson Cellars-|ゴーストランナー-Ghostrunner-等のブランドも傘下に擁す。

生産拠点はナパ・ヴァレー>セントヘレナ地区。
州内の優れた畑と契約を交わすことから概ねは原産地呼称をカリフォルニアとしながらも、ナパヴァレーの果実を併用する例もある上、ワイン造りにはラリー・レヴィン氏が培ったナパの手法を踏襲。
フリーランダーとは「既成概念に囚われることなく自由な生き方をする人・考え方」との意。幅広いシーンで楽しんで欲しいとの願いが込められ、今ではその費用対効果が多方面より讃えられている。




近頃、カリフォルニアワインのインポーター間で競争の最も激しいカテゴリに、「2千円台のメジャー品種」が挙げられます。(カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、シャルドネ)

「安さが過ぎると質が犠牲にされる」との共通認識を持たれる為でもありますが、それはすなわち、2000円前後より上の価格帯には「掘り出し物」と言えるクオリティの比率がグッと増す為。
シャトー・スーヴェランボーグルサブスタンス(ワシントン)|シックスエイトナイン(689)“サブミッション”ジョエル・ゴットしかり... 好評販売中の数々がそれを物語ります。

郡湯割拠の当該カテゴリで候補としたい一つがフリーランダー。
奇をてらうことなく幅広く受け入れられる。そんな存在意義を持つワインでもあります。
最盛期のフランシスカンを手掛けたラリー・レヴィン氏の直作だけに。


並び替え

 1件 〜 3件 (全 3件) 




※フランシスカン第二章※ ターンブル,ロバートモンダヴィらナパバレーワイン功労者の直作。ボーグル,サブスタンス,シックスエイトナイン(689)サブミッションの好敵手《フリーランダー》 カベルネソーヴィニヨン “ディストリクト・ワン” カリフォルニア [2017] ボトルド・バイ ナパヴァレー Freelander Wine Cabernet Sauvignon DISTRICT ONE California Cellared&Bottled by Napa Valley 750ml カリフォルニアワイン専門店 赤ワイン
2,460円 

※フランシスカン第二章※ ターンブル,ロバートモンダヴィらナパバレーワイン功労者の直作。ボーグル,サブスタンス,シックスエイトナイン(689)サブミッションの好敵手《フリーランダー》 シャルドネ “ディストリクト・ワン” カリフォルニア [2016] ボトルド バイ ナパ・ヴァレー Freelander Wine Chardonnay DISTRICT ONE California Cellared&Bottled by Napa Valley 750ml カリフォルニアワイン専門店あとりえ 白ワイン
2,460円 

※フランシスカン第二章※ ターンブル,ロバートモンダヴィらナパバレーワイン功労者の直作。ボーグル,サブスタンス,シックスエイトナイン(689)サブミッションの好敵手《ブロックナイン》 ピノノワール ケイデンズ・ヴィンヤーズ, カリフォルニア [2018] (ナパヴァレー・セントヘレナ地区+α) Block Nine Wine Pinot Noir Caiden's Vineyards (Napa Valley), California 750ml 赤ワイン カリフォルニアワイン専門店あとりえ
2,780円 

1件 〜 3件 (全 3件)

※商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございます。ご注意ください。
予約商品  定期購入商品  頒布会商品



本日の楽天ランキング入賞アイテム








 お気に入りページに追加