ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カテゴリトップ > 【名前から造り手を探す】 〜ワイナリー別〜 Winery > ▼ 【五十音順】 日本語表記 (ア〜ヲ) > ▼ 【ラ行 Vol.1】 ラ〜ロ > [ルイス] Lewis ナパ・ヴァレー
カテゴリトップ > 【定評備わる専門メディア掲載】 〜高評価ワイン〜 High Score > ▼ ワイン・オブ・ザ・イヤーはここから...ワインスペクテイター > 【WS97点生産者】 97pts 最高水準 -classic-
カテゴリトップ > 【産地から選ぶカリフォルニアワイン】 原産地呼称 Appellations > ▼ ナパ・カウンティ(群)【ナパ・ヴァレーAVA】 Napa Valley > 【オークノールAVA】 Oak Knoll District
カテゴリトップ > 【産地から選ぶカリフォルニアワイン】 原産地呼称 Appellations > ▼ ソノマ・カウンティ(群) Sonoma County > ▼ 【ソノマ産ブルゴーニュ系ワイン最上級エリア】 > 【(ロス)カーネロスAVA】 Los Carneros
カテゴリトップ > 【各種タイプ】【ぶどう品種(色)】から選ぶ cepage / variations > ▼ 【セパージュから選ぶ・2】 白ワイン用ぶどう品種 White Wine > [シャルドネ] Chardonnay ブルゴーニュ系白 > 【ボリューム系】 〜樽使用・コク・濃醇〜

ルイス シャルドネ ナパヴァレー Lewis Chardonnay Napa Valley ナパバレー白ワイン カルフォルニアワイン

◆2016年ワイン・オブ・ザ・イヤー◆
PNVオークション上位落札常連

1) 年によっては僅か2樽, 生産は良年のみに限られる誉れ高き本格派,"L"
2) ワインスペクテイター誌で数える程の暫定パーフェクトを記録する"リザーヴ" カベルネ
3) 数倍価格並の高評価を得る時もあるスタンダード版は2016年ワイン・オブ・ザ・イヤー戴冠

《ルイス・セラーズ》 -Lewis Cellars- (全種正規蔵出し品)


全米で最も予約が困難なミシュラン三つ星、フレンチランドリーが定める"Highly Recomended"(最大推奨品:ハイリーレコメンデッド)の称号も得るウルトラプレミアム生産者。最高峰銘柄の“キュヴェL”については、不定期生産品につき入荷の無い年もあります。(割当スポット品)

カリフォルニアワインに精通される方々の間では、かねてより非常に高く評価される造り手がルイス。本格派と称されるに相応しい内容です。



全てが品質本位のプレミアム専科
日本へ正規輸入されるルイスは、[ボルドー系赤×3種]+[ボルドー系白×2種(ソーヴィニヨンブラン)]+[シャルドネ×3種]+シラー主体とロゼが各一種。とりわけナパ・カベルネ系の場合、エントリー版から最上級格に至るまでを、幾つかの価格帯に分ける例が一般的であり、例えばロバート・モンダヴィにおいては、年産8万6000ケース(2013年)のスタンダード版として"ナパヴァレー"銘柄が擁されます。同じナパCABでも対するルイスの場合は、仮にエントリー版であっても時として年産は1000ケース台。あちらこちらから寄せ集めた果実で造るようなことはしません。年産数樽のキュヴェLに至るまで、全ての果実が用いられぬ中、使用されない葡萄はどうするでしょう?ナパのトップ生産者においては、基準に見合わぬ果実を外部大手生産者へバルク売りする例が珍しくありません。そのような手法に並びルイスでは、使用果実を専ら自家畑産とはせぬことで過分なるメリットも享受します。ナパヴァレーきっての銘醸畑とも契約を交わしつつ、その際の取引形態は「(収量制限を伴う)面積単位」。質の保証を伴わぬ「重量単位」の契約に一線を画します。

【年によっては僅か2樽】 良年のみに手掛けられる垂涎の不定期生産カルト - Cuvee L -
仮に同一品種であっても、ルイスの各種は全てが異なるコンセプトの下で手掛けられており、カベルネ・ソーヴィニヨンの最高水準が求められるリザーヴに対して、ボルドー系品種のブレンドからなる一方のフラッグシップがキュヴェL。こちらは、厳しい選定基準を経たポジティヴセレクション(上級選抜品)であり、価格体系上の最上級版となります。これらは共に、「何時でもご利用可能」というわけでもありません。高い品質の維持を目的として例年の産出は極少ないものであり、キュヴェLに至っては良年限りの生産品です。




【2016年版TOP100第一位/ワイン・オブ・ザ・イヤー】 カベルネソーヴィニヨン “ナパ・ヴァレー”
ワインスペクテイター最上位タイトル“Classic”(95点以上)の称号を得るワインがルイスのカベルネ。
2016年には、スタンダード版にしてワイン・オブ・ザ・イヤーにも輝きました。

【2013年版TOP100第9位】 カベルネソーヴィニヨン “リザーヴ”
上位版のリザーヴは、ワインスペクテイター誌のバレルテイスティングにおいては暫定パーフェクトを記録するなど、年によってはより高額なキュヴェLをも上回る高評価を得る一作。2013年版TOP100の発表時においては、正規エージェントに人知れず擁されていましたが瞬く間に底を突きました。


《ルイス》 シャルドネ ナパ・ヴァレー

未だキス○ーに「夢」を抱き続けていますか?
それを凌ぐ上位評価常連ながらも価格はぐっと下にあるマークすべき上物


ソーヴィニヨン・ブランのコーナーにこう記します。⇒「赤のみならず、ルイスのボルドー系は白もめっぽう優れもの」元来ルイスの白ワイン代表にはシャルドネがあり続けたことから、あえて「ボルドー系」と添えました。例えばワインスペクテイターの初レイティングは設立翌年の1993ヴィンテージに遡り、デビュー作から5年連続して“Outstanding”(傑出したワインへの称号)が献上されるなど華々しい経歴を誇ります。

「1976年パリ事件」ことジャッジメント・パリからおよそ20年を経た1990年代半ば、カリフォルニア産の現代シーンを象徴するシャルドネが再び登場します。今では大勢に知られるキスラーがそれであり、ボーヌ・グランクリュの印象を表しつつカリフォルニアのアイデンティティを伴うシャルドネとしては草分け的な存在です。

キスラーが名を上げた頃の1990年代はともかく、今世紀に入るとその差はどのように表れるか。
キスラーが脚光を浴びることとなった最大の要因に「有力批評媒体の高評価」が挙げられますが、今では勝るとも劣らぬポジションにどれほどのワインが数えられるでしょう。「当時は選択肢がほとんど無かったけど、今やキスラーのスタイルは珍しくない。」・・・かねてより関係者とそのような会話を交わす時もありました。少なくとも2000年以降はそれが一層と顕著になり、ワインスペクテイターのレイティングを例に取れば、むしろルイス・シャルドネの評価が勝ります。キスラー・シャルドネの銘柄数は「12」/対するルイスは「4」に過ぎなくとも。(2016/11現在)
(ちなみに、ルイス・シャルドネとキスラーの醸造工程は極めてよく似ています。※後述参照)




2014vtgではワインスペクテイター誌で同年産USシャルドネ単独第一位高評価 (WS95)
Wine Spectator Issue Feb 29, 2016より:A bold, rich and creamy style that's remarkably elegant and graceful, with a bounty of ripe flavors built around white peach, nectarine, honeysuckle, fig and floral aromas. Finishes with a long sustained finish that keeps repeating the fruit themes. Drink now through 2021. Score: 95 -JL

一方の二大有力誌ワインアドヴォケイトと反りが合わないワイナリーもしばしば伝え聞きます。ルイスもそういった一つか、2002vtg以降はサンプル提供がされていないようで互いに接点なしの状態が続きますが、視点を変えWA誌高評価シャルドネをWS誌に置き換えてみると、ご覧のようにMr.P選「パーフェクト組」がずらりと並びます。
■ 2013vtg第一位:コングスガード “ナパ・ヴァレー”
■ 2012vtg第一位:ピーター・マイケル “ポワントルージュ”
■ 2012vtg第二位:オーベール “イーストサイド:RP99/オーベール “ローレン”:RP98+/コングスガード “ザ・ジャッジ”:RP98/他Mt.イーデン “エステイト”ボアズビュー/PM二種等。

互いに重なり合うルイスとキスラーのワイン造り
スターター(培養酵母)を用いらぬ天然酵母による発酵(全房100%)/穏やかな圧搾/新樽比率の高いフレンチオーク100%熟成/MLF100%/無清澄・無濾過と、醸造工程はいずれもキスラーに等しい内容です。キスラーが契約を交わすヴィンヤードは複数のエリアに点在するので、葡萄の出所については一概に言えないものの、長くキスラーの代表作として知られるハイドとハドソンの原産地呼称は広義のナパ・ヴァレーでありサブAVAはロス・カーネロス。一方こちらのルイス シャルドネはその名の通りナパ・ヴァレー産ですが、同じくナパ側ロス・カーネロスの果実が選ばれるなど重なるところも少なくありません。(畑名は公表されませんが、嘗て単一畑銘柄として生産されたハドソンとは相応の関係にあり) 加えてルイスにはオークノール地区の果実が組み合わされますが、この点について次のように述べられます。
「2つの異なる持ち味を融合することで理想的なシャルドネを造り出すことができる。葡萄樹で成熟を迎えた果実に特有の凝縮感が骨格を成し、しっかりとした自然の酸が縁取りにあるおかげで良好なバランスがもたらされている。熟れた洋梨や白桃に加え、アクセントをもたらすシナモン、ナツメグ、キャラメル・スパイスのアロマ。甘美なバニラ、ミネラル感、焼いたクロワッサンを彷彿させる香ばしい風味にクリーミーな口当たりを持つフルボディのシャルドネ。長く持続するフィニッシュには豊かなミネラル感が醸し出す複雑性。」

充実の味わいをお探しの方にマッチするシャルドネです。
価格はぐ〜〜っと下でもキ○ラーを凌ぐ上位評価!

【品種構成】シャルドネ100% Chardonnay【原産地呼称】カリフォルニア州>ナパ群>ナパ・ヴァレーAVA|Napa Valley, California, USA【タイプ】[白] コクのある辛口 Dry【内容量】750ml



単にレアと称するのみならず、大御所の名に恥じぬ仕立てです。ご予算が許されれば是非とも。
ルイス《一覧》はこちらより>>



ナパヴァレー・ワイン一覧はこちら



《ルイス》シャルドネ“ナパ・ヴァレー”[2018]LewisChardonnayNapaValley750mlナパバレー白ワインカリフォルニアワインワイン専門店あとりえギフトプレゼントにも高級


【キャッシュレスなら店内全品5%還元】(クレジットカード含む)●カリフォルニアワインあとりえは、経産省認定キャッシュレス消費者還元事業者です。


キスラーを凌ぐ評価ながらも価格はぐっと下。スペクテーターではコングスガード、ピーター・マイケル、オーベールらにも並ぶ高評価 [店内カルフォルニアワイン全品OFF] 《ルイス》 シャルドネ “ナパ・ヴァレー” [2018] Lewis Chardonnay Napa Valley 750ml ナパバレー白ワイン カリフォルニアワイン専門店あとりえ ギフト 贈り物 母の日 プレゼントにも 高級

cd  00124chardonnay-lewis-ng
価格
10,010円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
※楽天カードで決済する場合は、楽天スーパーポイントで5%分還元されます。他社カードで決済する場合は、還元の有無を各カード会社にお問い合わせください。
1〜4営業日内に発送■全国送料税込590円
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
ラッピング対応 ラッピング選択可 のし対応 のし記名可
■ カリフォルニアワイン商品一覧はこちらよりご覧頂けます≫≫







ギフト対応 >>
【喜ばれる御祝 御礼 内祝など祝儀の品として】 結婚式引き出物・結婚祝い・結婚内祝い・出産祝い・成人式祝い・快気祝い・引っ越し祝い・卒業式・入社祝い・お誕生日プレゼント・パーティープレゼント包装【季節の贈り物として】 母の日・父の日・お中元ギフト・敬老の日・ハロウィン・お歳暮・クリスマスプレゼント・ゆく年くる年新年のご挨拶・お年賀・新春ごあいさつまわり・成人の日・本命バレンタインデーラッピング・義理チョコ・ホワイトデー・冬ギフト・人気のセット 【手土産やお心づかいとして】 御祝・御礼・ご挨拶SALE・粗品・ご贈答品・贈答用ギフト・進物・お返し 【海外旅行のお土産にも】 アメリカ土産・海外土産・おみやげ 【イベント用として】ゴルフコンペ景品・ベスグロ・参加賞・バーディ賞・忘年会・新年会・記念品




■ 【贈り物用ギフト対応とのし】についてはこちらよりどうぞ>>

本日の楽天ランキング入賞アイテム








買い物かごに追加できませんでした

入力内容をご確認ください。

OK