ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

消費税増税に関する重要なお知らせ

ショップからの発送が10/1以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。 詳細はこちら


通常商品通常商品 ⇒全会員7倍 ポイントアップキャンペーン中
ポイントアップの商品は商品毎に倍率が異なります。

カテゴリトップ > 小説・エッセイ/ビジネス > 小説・エッセイ > 日本文学 > 歴史時代小説

史記武帝紀7


 史記 武帝紀 7/北方謙三【合計3000円以上で送料無料】

著者北方謙三(著)
出版社角川春樹事務所
発行年月2012年03月
ISBN9784758411929
ページ数336P


  bk-4758411921
価格
1,728円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
当日〜4日で発送予定
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
9784758411929
内容紹介
中国前漢の時代。
武帝・劉徹は、自らに迫る老いを自覚し、漠然とした不安を抱いていた。
宮廷内では巫蠱の噂が蔓延り、疑惑をかけられた皇太子は、謀反の末、自死を遂げる。
さらに国内の混乱を払拭せんとするかのように、匈奴との最後の戦いが迫る。
敗北を続ける李広利は、その命を賭け、匈奴の将軍の首を執拗に狙う―。
故国への想いを断ち切るかのように、最後の戦に向う李陵。
亡き父の遺志を継ぎ、『太史公書』を書き上げる司馬遷。
そして、蘇武は、極寒の地で永遠の絆を紡ぐ。
壮大なスケールで描く、北方「史記」武帝紀・感涙の完結。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。




» 領収書が必要な方はこちら